お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


東京演劇アンサンブル ホルヴァート生誕120年記念公演 ウィーンの森の物語

公演期間

2021年3月6日 (土) 〜2021年3月14日 (日)

会場

東京芸術劇場 シアターウエスト

取扱チケット

28名限定!一般 3,800円(全席自由・整理番号付・税込) → 2,500円さらに1600Pゲット!(3/11 19時15分更新)


  • 割引販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・出演者、スタッフの検温ならびに体調確認を日々行っています。
・出演者、スタッフのこまめな手洗い、手指の消毒を徹底しています。
・原則、マスクの常時着用にご協力ください。
・咳エチケット、手洗い、手指消毒の徹底にご協力ください。
・ご来館の際は、お時間に余裕を持ってお越しください。
・入退場、移動時等のソーシャル・ディスタンスの確保にご協力ください。
・ 下記の症状に該当する場合、来場をお控えいただきますよう、お願いいたします。
37.5℃以上の発熱、極端な咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、味覚・嗅覚障害、頭痛、 下痢、嘔気・嘔吐
新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方。
過去2週間以内に入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 美しく青きドナウのほとり、ウィーンの下町の商店街。人形修理店の娘マリアンネは、隣の肉屋のオスカーとの婚約から逃げ、ゴロツキのアルフレートに一目惚れして駆け落ちする。堅い商売の肉屋に嫁入りすることを願っていた父(魔王)とは断絶。

一年後、アルフレートとマリアンネの間には乳飲み子がおり、生活は困窮している。かつての情熱は消え去り、マリアンネはアルフレートの実家に息子を預けて働き口を探す。甥エーリヒの卒業祝いをしていたマリアンネの父は、キャバレーで半裸の踊り子として登場したマリアンネと再会し、激怒する。売春を拒否された腹いせに、マリアンネは客から金を盗んだと警察に突き出される。

どん底のマリアンネを不憫に思った隣のタバコ屋のヴァレリーの計らいで、マリアンネと父はなんとか和解。オスカーもマリアンネを受け入れ、皆でアルフレートの実家に息子を迎えに行く。大団円と思いきや、息子は祖母によって殺害されていた。マリアンネの悲痛な叫びの中で幕。
公演ホームページ http://www.tee.co.jp
出演 和田響き原口久美子志賀澤子三木元太洪美玉雨宮大夢大橋隆一郎小田勇輔浅井純彦真野季節仙石貴久江真野季節原口久美子中山一郎永濱渉永野愛理原口久美子篠澤寿樹
スタッフ 作: エデン・フォン・ホルヴァート / 訳・ドラマトゥルク: 大塚直 / 構成・演出: 公家義徳 / 舞台美術: 池田ともゆき / 音楽: 国広和毅 / 衣裳: 稲村朋子 / 振付: 三東瑠璃 / 照明: 真壁知恵子 / 音響: 島猛 / 舞台監督: 三木元太 / 宣伝美術: 久保貴之奥秋圭 / 制作: 小森明子太田昭辻尾隆子
公演スケジュール <期間>
2021年3月6日 (土) 〜2021年3月14日 (日)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
3/7(日)14:00
3/11(木)18:30
3/12(金)18:30
3/13(土)14:00
各4〜10名 計28名

※開場は開演の30分前

チケット 前売
 一般 3,800円、U30 3,000円
 ★Low Price Day 2,500円
当日4,500円
(全席自由・整理番号付・税込)

<理由あってなっトク価格!チケット>
28名限定!一般 3,800円(全席自由・整理番号付・税込) → 2,500円さらに1600Pゲット!(3/11 19時15分更新)

理由あってなっトク価格!チケットとは?
会場 東京芸術劇場 シアターウエスト
備考
団体概要 戦後日本の新劇活動の一翼を担った演出家・広渡常敏を中心に1954年に創設し、「演劇行為の中に人間の変化の契機をつくる」ことを根底においた創造の集団をめざしてきた。1977年、東京練馬区・武蔵関の辺境に on the corner をこころざして劇場「ブレヒトの芝居小屋」を建設。オープンスペース、ブラックボックス、客席数可変の前衛的な劇場で、約70名の劇団員が、常にアクチュアルな演劇を求めつづけ、時代と世界に向きあった活動を、年間250〜300ステージの規模で展開している。2019年にブレヒトの芝居小屋を閉館し、現在は埼玉県新座市野火止RAUMを拠点としている。
モスクワ、ロンドン、イタリア、ベトナム、韓国、ルーマニアなど海外公演実績も豊富。学校演劇への協力にも積極的。

関連情報

関連サービス


ページトップへ