お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


演劇集団円 ピローマン The PillowMan

公演期間

2021年5月2日 (日) 〜2021年5月9日 (日)

会場

俳優座劇場

取扱チケット

一般 5,800円
夜割り[5月6日(木)、7日(金)のみ]4,800円
(指定席引換券・税込)
※当日劇場の受付にて、開演の1時間前より指定座席券と引換えいたします。

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

〇出演者、スタッフは毎日検温、消毒等を行い、健康観察・体調管理に努めます。
〇お客様ご来場の際は、手指の消毒ならびに検温を実施いたします。
〇劇場内の手すり、客席の肘掛けなど多くのお客様が触れる部分の消毒をいたします。
〇通常の換気に加え、開演前、終演後は各入口の扉を開放し、外気を取り入れて換気をいたします。
〇劇場スタッフはマスクを着用します。
〇受付窓口では飛沫感染防止のためビニールカーテンの設置をいたします。
〇客席は舞台と最前列との距離を離し、行政等の方針により座席数、販売方法が変更になる場合がございます。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 ユーモアの中に戦慄とリアリズムを湛え、映画・演劇界で不動の地位を築くマーティン・マクドナー。代表作であるアイルランドの片田舎を舞台にした<リーナン三部作>「ビューティー・クイーン・オブ・リーナン」「コネマラの骸骨」「ロンサム・ウエスト」すべてを上演した演劇集団円が、満を持していま注目の演出家寺十吾を迎え、人間の内面に迫るシニカルな大人の寓話を熱く紡ぎ出す。
公演ホームページ http://www.en21.co.jp
出演 石住昭彦渡辺穣瑞木健太郎玉置祐也原田翔平井上百合子古賀ありさ
スタッフ 作: マーティン・マクドナー / 翻訳: 小川絵梨子 / 演出: 寺十吾 / 美術: 乘峯雅寛 / 照明: 佐々木真喜子 / 音響: 岩野直人
公演スケジュール <期間>
2021年5月2日 (日) 〜2021年5月9日 (日)

<公演日・開演時間>
5月2日(日)13:00
5月3日(月祝)13:00
5月4日(火祝)13:00
5月5日(水祝)13:00
5月6日(木)18:30【夜割り】
5月7日(金)18:30【夜割り】
5月8日(土)13:00
5月9日(日)13:00

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間:約3時間(予定)
チケット 一般 5,800円
夜割り[5月6日(木)、7日(金)のみ]4,800円
(指定席引換券・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般 5,800円
夜割り[5月6日(木)、7日(金)のみ]4,800円
(指定席引換券・税込)
※当日劇場の受付にて、開演の1時間前より指定座席券と引換えいたします。

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
会場 俳優座劇場
備考
団体概要 1975年に故・芥川比呂志を中心に劇団雲から独立、今年46年を迎えます。
円が目指しているのは、東西を問わず最大級の古典から今日の最新の作品までを広く視野に収め、そこに通底するはずの真に劇的なものとは何かを自由に柔軟に問い続けるということです。古典から最新作までの翻訳作品の上演のほか、現代劇作家の書き下ろし作品にも意欲的に取り組んでおり、そのレパートリーの多様さには定評があります。

この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

父と暮せばのチラシ画像

父と暮せば

2021年5月21日 (金) 〜2021年5月30日 (日)

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

向こうの果てのチラシ画像

向こうの果て

2021年4月23日 (金) 〜2021年5月5日 (水・祝)

下北沢 本多劇場

ピローマン The PillowManのチラシ画像

ピローマン The PillowMan

2021年5月2日 (日) 〜2021年5月9日 (日)

俳優座劇場

明後日の方へのチラシ画像

明後日の方へ

2021年4月16日 (金) 〜2021年4月25日 (日)

下北沢 小劇場 楽園

アカシアの雨が降る時のチラシ画像

アカシアの雨が降る時

2021年5月15日 (土) 〜2021年6月13日 (日)

六本木トリコロールシアター


関連情報

関連サービス


ページトップへ