お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


松山バレエ団 『ロミオとジュリエット』全幕

公演期間

2021年5月3日 (月・祝) 〜2021年5月4日 (火・祝)

会場

Bunkamura オーチャードホール

取扱チケット

S席:14,000円
(全席指定・税込)

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

※鑑賞にあたり、新型コロナウイルスの影響により、規制に則った販売方法となります。感染予防対策の協力をお願いします。
≫新型コロナウィルス感染拡大防止への取り組みとご来場の皆様へのお願い

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 <重要>公演延期のお知らせ(2021.04.27)

『ロミオとジュリエット』全幕
2021年5月3日(月・祝)〜2021年5月4日(火・祝)
公演につきまして、緊急事態宣言発令のため公演延期となりました。

詳細に関しましては、公式ホームページをご確認くださいませ。
http://www.matsuyama-ballet.com/newprogram/romeo_juliet_all.html

【本件に関するお問い合わせ】
カンフェティチケットセンター
(運営:ロングランプランニング株式会社)
03-6228-1630(平日10 時〜18 時)
otoiawase@confetti-web.com

==========================================

二度とお目にかかれない、目もくらむような、ずば抜けて
並外れたルネサンスの人間達が、ペスト禍の絶望の
中世からルネサンスにおどり出て来た


松山バレエ団の『ロミオとジュリエット』は、
1980年、清水哲太郎の新演出、振付で文化庁芸術祭大賞を受賞するなど大きな感動を呼んだ松山バレエ団の代表作の一つです。
ペスト禍において中世からの暗黒のヨーロッパの世相を互いに憎しみ合う両家の宝石達が、
世相の闇を切り裂く、人間精神の最も清純で美しい瞬間を拓いてゆく物語。
ペストによってヨーロッパのほとんどの人が苦しみ、亡くなり、という状況を現代の私達に置き換え、二度とお目にかかれない、目もくらむような、ずば抜けて並外れたルネサンスの人間たちが、
ペスト禍の絶望の中世からルネサンスにおどり出て来た。

その魅力的な人々の群れの中の、更にまた、見事な明るさと、圧倒的な若さと、
桁外れのスピード感にあふれかえったロミオとジュリエットと若人達が織り成す、
歴史に残る本気の一瞬一瞬!

その結果は、世界中にその名を轟かせる人間融合の物語『ロミオとジュリエット』!と結実してゆく。
いかに驚愕の艱難辛苦に襲われようとも、人類は必ず、しびれるような、前向きの至宝の答えを出してゆく!
松山バレエ団は現代のコロナ禍において、ペスト禍の古典をここに置き換え、
現代の世の中に問いかける選り抜き作品でもある。
舞踊生活70年を誇る森下洋子が、時代を乗り越え時代を切り裂くジュリエットを極無情に踊り、
若人の代表大谷真郷がロミオを渾身華麗の力を込めて躍り切る。松山バレエ団総出演による、今年最大のバレエ芸術祭典。

みどころ
松山バレエ団が1980年に発表した「ロミオとジュリエット」はバレエ団の代表作であり、文化庁芸術祭大賞・舞踊批評家協会賞の両賞を受けた作品であり、文字通り世界に誇ることのできる大作でもあります。

主人公のジュリエットは、はじめは可憐で純情な少女のまま、初めて足を踏み入れる舞踏会の場で、家同士の対立関係にあるロミオと運命的な恋に落ち、一個の女性へと成長する中で悲劇的な最後を迎え、二人を愛するまわりの人々全てをも深い悲しみの底に落としてしまう、という濃密な内容を持つ難役です。

松山バレエ団の「森下洋子のジュリエット」は「清水哲太郎のロミオ」とともに一世一代ともいうべき当たり役であり、物語の中でわずか数日にも満たない短く熱いロマンスの中で、全身を燃やして駆け抜けた若い二人の軌跡を、円熟の演技で描き出します。空しく愚かな争いによって、愛し合う二人がこのような結末を迎えてしまう悲劇を通じて、人類の短い歴史の中でさえ、無意味な戦いを平気で繰り返す人間社会への警鐘を鳴らします。

ストーリー
ヴェローナの町の、名門モンタギュー家とキャピュレット家は互いに激しい憎しみを抱き、代々あらそいがたえない。キャピレット家の舞踏会、宴たけなわに到着したモンタギュー家のロミオは、キャピレット家の令嬢ジュリエットをみつけ近づく。ジュリエットもロミオを見たとたん、全身に火が走る。 その夜、突然ロミオがジュリエット家のバルコニーにあらわれ、二人は真実の愛の誓いをたてる。 ヴェローナの街が祭りでにぎわう中、ロミオとジュリエットは、修道士ロレンスのもとで秘密の結婚式をあげ、互いの愛をたしかめあう。 祭りが最高潮に盛り上がる中、ふとしたいさかいから両家の若者が死に至り、罪をおかしたロミオは街から追放される。その夜二人は、美しくも切ないはじめての夜をジュリエットの寝室で過ごすと、つらい明け方の別れをする。二人は修道士ロレンスの助けにより、命がけで愛を成就させようとするが、運命は二人を死へと導く。 お互いの憎しみあいから尊い二人の命を失った両家の人々は和解がはじまる。 この若者たちの尊い犠牲から、両家をはじめ、ヴェローナの街に平和が訪れる。
公演ホームページ http://www.matsuyama-ballet.com/newprogram/romeo_juliet_all.html
出演 ジュリエット: 森下洋子 / ロミオ: 大谷真郷
スタッフ 構想・構成・台本・演出・振付: 清水哲太郎 / 指揮: 河合尚市 / 演奏: 東京ニューフィルハーモニック管弦楽団
公演スケジュール <期間>
2021年5月3日 (月・祝) 〜2021年5月4日 (火・祝)

<公演日・開演時間>
05月03日(月・祝) 15:30
05月04日(火・祝) 13:30

※開場は、開演の60分前です。
チケット GS席:18,000円
S席:14,000円
A席:11,000円
B席:8,000円
C席:6,000円
C席学生:5,000円
D席:4,000円
D席学生:2,000円
(全席指定・税込)

※学生券は、中学生から24才までの学生対象。
 当日学生証をご持参ください。

<カンフェティ取扱チケット>
S席:14,000円
(全席指定・税込)

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)
会場 Bunkamura オーチャードホール
備考 ※3才以上入場可正入場券が必要です。
※やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。
※鑑賞にあたり、新型コロナウイルスの影響により、規制に則った販売方法となります。感染予防対策の協力をお願いします。
団体概要

関連情報

関連サービス


ページトップへ