お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


(有)マルタミュージックサービス Soichi Muraji Guitar Recital 村治奏一 ギター・リサイタル

公演期間

2021年10月6日 (水)

会場

Hakuju Hall

取扱チケット

全席自由(前売):5,000円(税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)



  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

<新型コロナウイルス感染拡大防止に関するお願い>

・発熱等、感染症を示唆する症状がある方はご来場をお控えください。平熱と比べて高い発熱がある方や、37.5度以上の発熱があった方は、ご入場をお断りいたします。

・必ずマスクを着用してご来場ください。マスク着用の無い場合にはご入場頂けません。

・開場中、休憩中のロビー・客席内でのご歓談、及び大声や近距離での会話はお控えください。また、咳エチケットにつきましてもご配慮頂けますようお願い致します。

・入場口前にお並びになる場合には、前後1m以上空けるようお願いします。その他の場面でも、社会的距離にご留意ください。
 なお、多くのお客様が開場前にお並びになる場合には、開場時間を早める場合もございます。予めご了承ください。

・感染者が発生した場合、ご来場頂きましたお客様の連絡先を、必要に応じて保健所などの公的機関へ提供させていただきます。

・スタッフは、検温を実施し、手指の消毒につとめ、マスク着用のほか、密にならない会場整理等、できる限りの感染防止対策をしてお客様をお迎え致します。

◎終演後の出演者へのご面会、及びロビー等での出演者の出待ちはお断り致します。また、出演者への花束、プレゼント等もお預かりすることができませんので、予めご了承ください。


※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 program
バリオス=マンゴレ:「君の面影」、「我が母へ」
ヴィラ=ロボス:エチュード第1番、第4番
アルベニス:スペインの歌 op.232 より 前奏曲とコルドバ
藤倉大:Chance Monsoon
西村朗:玉響 TAMAYURA
J.S.バッハ:前奏曲とフーガとアレグロ 変ホ長調 BWV.998
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番 ニ短調 BWV.1004 (「シャコンヌ」を含む全曲)
公演ホームページ http://maltamusic.net/
出演 村治奏一(ギター)
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2021年10月6日 (水)

<公演日・開演時間>
18:30開場 19:00開演

※上演時間:約2時間
チケット 全席自由:5,000円(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(前売):5,000円(税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


会場 Hakuju Hall
備考
団体概要 村治奏一 Soichi Muraji (Guitar)
 東京生まれ。幼少よりギタリストの父・村治昇の手ほどきを受け、福田進一、鈴木大介の両氏に師事。1997年クラシカル・ギター・コンクール、’98年第41回東京国際ギター・コンクール他数多くのコンクールで優勝。’99年ボストンに留学し、ニュー・イングランド音楽院でD.レイズナー、E.フィスク教授に師事。2003年ウォールナット・ヒル・スクールを首席で卒業後、ニューヨークのマンハッタン音楽院に進学、D.スタロビン教授に師事。’06年ワシントン、ケネディ・センター公演にて本格的に米国デビュー。
 ‘08年マンハッタン音楽院を卒業しアンドレス・セゴビア賞を受賞。同年、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団の世界ツアーにソリストとして抜擢。また、’12年には「トヨタ・クラシックス・アジアツアー」のソリストに抜擢され、ウィーン室内管弦楽団と共演、アジア5か国でのツアーを成功させた。’14年、S&R財団ワシントン・アワードを受賞し、ワシントンD.Cハルシオン・ハウスでのガラ&受賞式での演奏が好評を博した。
 録音は、ビクターエンタテインメントからリリースした『シャコンヌ』が、レコード芸術誌の特選版に選ばれたのを皮切りに、キングレコードからのコンチェルトアルバム『コラージュ・デ・アランフェス』を始め、バッハから映画音楽までこれまでに10枚以上のソロ・アルバムを発表し、インターネット配信アルバム『TONES 2019』のYouTube・Apple Musicほかでの公開や缶バッチ型アルバムの発売など、意欲的なリリースを行っている。
 これまでにリサイタル、室内楽を始め、NHK交響楽団、読売日響、東京都響、東京フィル、日本フィルほか国内外の様々なオーケストラとの共演や、NHK「トップランナー」、「スタジオパーク」、TV朝日「題名のない音楽会」、「徹子の部屋」を始めとする多数のメディア出演、NHK-BS「街道てくてく旅〜熊野古道をゆく〜」のテーマ曲の作曲・演奏など多彩に活躍している。また’19年冬からは東京の下町、浅草橋にあるアートギャラリーにおいてプレミアムライブ「TONES Live」をスタート。季節ごとにプログラムを変えながら毎月ソロリサイタルを開催するという新しいスタイルが注目を集めている。
■公式サイト:https://www.soichi-muraji.otohako.jp/

関連情報

関連サービス


ページトップへ