お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


演劇ユニットちょもらんま 仰げば尊し

公演期間

2021年9月30日 (木) 〜2021年10月3日 (日)

会場

北池袋新生館シアター

取扱チケット

全席自由(前売):3,000円
配信チケット:2,000円/配信(劇団応援):10,000円
(税込)

※WEB予約のみでの受付となります。

【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・出演者、スタッフの検温ならびに体調確認を日々行っています。
・出演者、スタッフのこまめな手洗い、手指の消毒を徹底しています。
・お客様にも劇場入口での検温をお願いしています。37.5度以上の発熱が見られた場合、ご入場をお断り致します。
・体調不良のお客様、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方のご入場をお断り致します。
・客席、受付はソーシャルディスタンスを確保しています。それに伴い、開場から開演までの時間や休憩時間を長く取っています。
・劇場入口、劇場内の各所に手指消毒用の消毒液を設置しています。
・出演者等へのプレゼント、差し入れ等はお断りしています。
・座席、ドアノブ、手すり等の定期的な消毒を行っています。
・休憩時間等に定期的に施設内の換気を行っています。
・お客様対応スタッフはマスクを常時着用しています。
・受付、物販等の窓口にはアクリル板を設置しています。
・当日精算のお客様にはキャッシュレス決済を推奨しています。


※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 演劇ユニットちょもらんまでは、仕事帰りに気軽に観られるコメディを上演しております。
次回のちょもらんまの舞台は夜間学校!!訳あり生徒と、大学を出たばかりの女性教師たちのドタバタ学校生活を描きます。

あなたが「我が師」と呼びたいひとはいますか?
公演ホームページ https://chomolungma.wixsite.com/chomolungma
出演 薄田純加(株式会社ディアマントプロモーション) / 永野百合香丸山美樹佐々木直樹(有限会社ぷろだくしょん☆A組) / チャーリー畠山井丸かつひこ
スタッフ 作・演出: 高山典子 / 舞台監督: 堺博人 / 舞台美術: S-CASE / 照明: 和田秀憲 / 音響: 高橋信康(S-CASE) / 宣伝美術: いまる(108企画) / 撮影: 内田誠 / 制作: 演劇ユニットちょもらんま
公演スケジュール <期間>
2021年9月30日 (木) 〜2021年10月3日 (日)

<公演日・開演時間>
9月30日(木) 19:30
10月1日(金) 14:00/19:30※生配信あり
10月2日(土) 12:30/16:00/19:30※生配信あり
10月3日(日) 12:30/16:00

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間:約90分
チケット 前売:3,000円 配信チケット:2,000円/配信(劇団応援):10,000円
当日:3,500円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(前売):3,000円
配信チケット:2,000円/配信(劇団応援):10,000円
(税込)

※WEB予約のみでの受付となります。

【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
会場 北池袋新生館シアター
備考
団体概要 2014年ユニット立ち上げ。主宰高山典子書き下ろしの、不器用に生きる市井の人を主人公にしたコメディ作品を上演。
2018年池袋演劇祭にてリベル・エンターテイメント賞受賞。

関連情報

関連サービス


ページトップへ