お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

メインチラシ画像

おうさか学生演劇祭実行委員会 おうさか学生演劇祭プロデュース第3弾 ジャム

公演期間

2021年9月24日 (金) 〜2021年9月27日 (月)

会場

近鉄アート館

取扱チケット

【良席多数あり!】
前売:一般 3,500円  学生 2,000円
(全席指定・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・出演者、スタッフの検温ならびに体調確認を日々行っています。
・出演者、スタッフのこまめな手洗い、手指の消毒を徹底しています。
・お客様にも劇場入口での検温をお願いしています。37.5度以上の発熱が見られた場合、ご入場をお断り致します。
・体調不良のお客様、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方のご入場をお断り致します。
・劇場入口、劇場内の各所に手指消毒用の消毒液を設置しています。
・座席、ドアノブ、手すり等の定期的な消毒を行っています。
・上演中、休憩時間等に定期的に施設内の換気を行っています。
・お客様対応スタッフはマスクを常時着用しています。
・万が一の際の緊急連絡先把握のため、当日、お客様のお名前、ご連絡先の記入をお願いしています。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 公演中止のお知らせ

いつもおうさか学生演劇祭を応援いただき、誠にありがとうございます。
2021年9月24日(金)〜9月27日(月)会場:近鉄アート館にて開催を予定しておりましたおうさか学生演劇祭プロデュース第3弾「ジャム」はキャスト・スタッフ共に全力で準備を進めて参りましたが、この度の緊急事態宣言延長の状況を鑑みまして、これ以上の感染症対策を講じながら幕をあけることが総合的に困難であるという結論に至りました。

苦渋の判断ではございますが、万全の状態でお客様にこの作品をお届けすることを第一に、またキャスト・スタッフの安全を考慮し、本公演を中止とさせていただくことにいたしました。

現在、キャスト・スタッフ共に健康状態に問題はありません。

構想から3年。1年の延期を経て本番まであと1か月というこのタイミングでのお知らせになってしまい、申し訳ございません。

今後につきましては追ってご連絡いたします。


おうさか学生演劇祭プロデューサー
藤原治基

(公式HP)

---------------------------------------------------------------

ジャム・・・

遥かなる未来。
滅びゆく地球の黄昏の丘を登る科学者、片岡時郎。
永遠の命を得てしまった彼は、地球上からすべての生命がいなくなった今も、ただ一人、生き延びていた。
20世紀中頃から悠久の時を生きてきた数奇な運命の記憶が、今、彼の心に去来する。
宇宙が秩序の詰まったジャムならば、我々はそこからいかにして脱出できるのか?

----これは、5つの時代にまたがる、3億年の孤独と希望の物語。

そのすべてを、人間の表現力の限界に挑む演出と演技で描ききる、壮大な冒険演劇である。


学生演劇祭プロデュース・・・

おうさか学生演劇祭プロデュースが掲げるテーマは「今の若者はこんなにもアツく面白い」を体現することです。

「ジャム」は100人以上の登場人物と過去から未来、3億年を駆け巡る壮大な物語です。

オーディションで選ばれた30名のキャストたちが人間の表現力の限界に挑みます。

会場はあべのハルカス近鉄アート館(300席)。
彼らの熱量は必ずやご覧いただいた皆様に伝わるはずです。
公演ホームページ https://hopsince2013.wixsite.com/osakagakusei/jam
出演 赤松遼子 / 石垣恒昴 / 大の / 岡田詩織 / 尾澤ショータロー / 後藤啓太 / 五味拓郎 / 小山栄華 / 塩見仁望 / 柴野航輝 / 城野佑弥 / 田中瑠莉 / 辻坂優宇 / 中竹麻衣 / 中筋捺喜 / 成田尚輝 / 布目慶太 / 林凜太郎 / 陽菜 / 響 / 松永和也 / 宮本秀哲 / 無糖新十郎 / 森本理子 / 吉川かっぱ / 吉田将 / 渡部恒司 / 岸鮭子 / まつなが / 東洋
スタッフ 脚本: 西田シャトナー / 演出: 東洋(東洋企画) / ヘッドコーチ: 岡崎マサフミ / 演出助手: 飯也ナオキ、上野柊矢、村田瞳子 / 舞台監督: hige / 舞台美術: 松本謙一郎 / 照明: 西崎浩造 / 音響: 横田和也、大谷健太郎 / 振付: KAHO / 衣裳: 太田梨紗子、前川睦巴 / 票券: 渡辺大 / 制作: (同)尾崎商店 / プロデューサー: 藤原治基 / 助成: 大阪市助成事業 / 協力: 一般財団法人 一心寺文化事業財団 / 主催・製作: おうさか学生演劇祭実行委員会
公演スケジュール <期間>
2021年9月24日 (金) 〜2021年9月27日 (月)

<公演日・開演時間>
9月24日(金)19:00
9月25日(土)13:00 / 18:00
9月26日(日)13:00 / 18:00
9月27日(月)14:00 


※開場:開演の30分前
※上演時間:約2時間
チケット 前売:一般 3,500円  学生 2,000円
当日:一般 4,000円  学生 2,500円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
【良席多数あり!】
前売:一般 3,500円  学生 2,000円
(全席指定・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
会場 近鉄アート館
備考
団体概要 関西一円の大学・専門学校を対象にした学生演劇祭です。



2007年度から東京・シアターグリーン学生芸術祭(SAF)と同時期に開催し、全国で一番長く続いている学生演劇祭です。

当初は一心寺シアター倶楽の劇団支援プログラムとして開催。

企画タイトルは一心寺の近くにある逢坂から「おうさか学生演劇祭」と名付けました。

関西一円の学生劇団から参加を募集するということと、大阪に留まるとなく、全国に羽ばたいて欲しいという願いが込められています。

演劇祭の内容は本公演スタイル。卒業公演や学生時代の集大成を発揮できる演劇祭にしたいとこのスタイルを貫いています。

2012年、一心寺シアター倶楽の劇場支援プログラムが終了。

その後実行委員会形式をとり、2013年会場・芸術創造館、2014年会場・道頓堀ZAZAに移動したことから「道頓堀学生演劇祭」に名称変更。

​11年目となる2018年から「劇場を学生自ら選ぶことができる演劇祭」を目指し、天王寺駅周辺の60席〜150席までの5劇場から選べるスタイルに変更。

名称も「おうさか学生演劇祭」戻しました。

参加費(会場費)を極限までコストダウンして、チケット収入はすべて劇団収入にすることにより、興行としても成立するよう支援を心掛けています。



そして2018年9月には20代を中心とした初プロデュース公演「さよなら竜馬」(脚本:マキノノゾミ 演出:大熊隆太郎(劇団壱劇屋)を上演。​

この10年。変わらなかった関西演劇界を大きく変えるため、「今の若者はこんなにもアツくて面白い」を体現すべく、演劇祭OBOGを中心に10年計画で上演。

2027年には新歌舞伎座1か月興行(3万人動員)を目標としています。



3月の学生演劇祭は現役の集大成を。9月のプロデュース公演はステップアップできる場を提供したいと考えています。

この学生演劇祭を単なる地域の大学演劇にとどまらず、若い素質を早い段階で見出し、演劇界を盛り上げる一旦になれるよう、これから様々な企画を考えております。

関連情報

関連サービス


ページトップへ