お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


東京現音計画à la carte 5:東京クロアキランド 2DAYS〜DAY1 東京ピアソラランド

公演期間

2021年11月27日 (土)

会場

南青山マンダラ

取扱チケット

一般:3,000円
学生:2,500円
(全席自由・税込)
※別途1ドリンクオーダー

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

新型コロナ禍における来場者へのお願い
1)37.5℃以上の発熱、体調不良のほか、感染の疑いがある場合は来館をお控えください。
2)マスクを着用してください。マスクのない方はご入場できません。
3)入館時は手指の消毒をしてください。
4)ロビー等では(同居家族以外の)お客様とはできるだけ2m(最低1m)の間隔を空けてください。
5)客席は、安全に考慮し、使用座席数を減らしております。
6)終演後、出演者とのご面会はご遠慮いただく場合があります。また花や差し入れはお控えください。
7)緊急時には、お客様の情報を必要に応じて保健所等への公的機関へ提供することがあります。あらかじめご了承ください。


※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 日本の現代音楽のエッジをひた走る東京現音計画、メンバーがアンサンブルの枠にとらわれない自由な発想で企画するà la carte シリーズを一気に5連打。

【東京現音計画:à la carte 5】東京クロアキランド 2DAYS〜DAY1 東京ピアソラランド

南青山MANDA-LAを拠点に90年後半よりライブ活動を続けた東京ピアソラランド。現在は現代音楽、ポップス、タンゴの世界で自由に活躍する3人により20年ぶりに復活。
タンゴの巨匠アストル・ピアソラ生誕100年を記念して、いまや各界の第一人者となった3人が名人芸を披露。


公演ホームページ http://tokyogenonproject.net/
出演 黒田亜樹(ピアノ) / CHICA(ヴァイオリン) / 東谷健司(コントラバス)
スタッフ ディレクター: 黒田亜樹 / 主催: 東京現音計画 / 制作統括: 福永綾子(ナヤ・コレクティブ) / フライヤー、ロゴデザイン: 松蔭浩之文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
公演スケジュール <公演日>
2021年11月27日 (土)

<公演日・開演時間>
11/27(土)15:00/18:00(2ステージ入れ替え制)

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間:約2時間
チケット 一般:3,000円、学生:2,500円(別途1ドリンクオーダー)
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般:3,000円
学生:2,500円
(全席自由・税込)
※別途1ドリンクオーダー

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
会場 南青山マンダラ
備考
団体概要 東京現音計画:現代音楽の第一線で活動する演奏家により2012年に結成。日本初演曲を中心としたプログラム、ユニークな編成の委嘱、若手演奏家/作曲家/スタッフへのワークショップなど演奏家サイドから新たな視点を提案していく。第1回主催公演でサントリー芸術財団第13回佐治敬三賞受賞。

この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

関連サービス


ページトップへ