お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

メインチラシ画像

演劇集団円 10月公演 夏の夜の夢

公演期間

2021年10月2日 (土) 〜2021年10月11日 (月)

会場

吉祥寺シアター

取扱チケット

8名限定!一般5,800円(全席指定・税込) → 【指定席引換券】4,900円さらに3500Pゲット!(10/5 18時15分更新)

TKTS渋谷店では、10/2〜特別価格!さらに4000Pゲットで発売!

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)


  • 割引販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

〇出演者、スタッフは毎日検温、消毒等を行い、健康観察・体調管理に努めます。
〇お客様ご来場の際は、手指の消毒ならびに検温を実施いたします。
〇劇場内の手すり、客席の肘掛けなど多くのお客様が触れる部分の消毒をいたします。
〇通常の換気に加え、開演前、終演後は各入口の扉を開放し、外気を取り入れて換気をいたします。
〇劇場スタッフはマスクを着用します。
〇受付窓口では飛沫感染防止のためビニールカーテンの設置をいたします。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 演劇集団円ならではの豊かな布陣で、シェイクスピアの祝祭劇に挑戦。
人間と妖精が織りなす生命の賛歌の幕が開く。

アテネの公爵の婚礼をひかえたある晩のこと、貴族の娘ハーミアは許嫁のディミートリアスとの結婚を拒絶して愛し合うライサンダーとアテネ近くの妖精が住む森へ逃亡する。後を追うのはディミートリアスと彼を恋い慕う娘ヘレナ。
森では妖精の王と妃の喧嘩に巻き込まれ、二組の男女はそそっかしい妖精パックに惚れ薬を塗られて関係がこじれてしまう。さらには薬を塗られた妃までがロバの頭をした職人ボトムを熱愛するようになり・・・。
異界の森で、妖精と人間、男と女、夢と現の世界が溶けあい陽気で美しい恋の祝祭が始まる。
公演ホームページ http://www.en21.co.jp
出演 金田明夫山崎健二世古陽丸上野直美佐々木睦上杉陽一石井英明大窪晶吉澤宙彦玉置祐也石原由宇吉田久美近松孝丞平野潤也野上絵理平田舞木原ゆい清水透湖庄司悠希和田慶史朗清水一雅子藤好捺子
スタッフ 作: W・シェイクスピア / 翻訳: 松岡和子 / 上演台本・演出: 鈴木勝秀 / 美術: 乘峯雅寛 / 照明: 倉本泰史 / 音響: 井上正弘 / 衣裳: 西原梨恵 / 音楽: 大嶋吾郎
公演スケジュール <期間>
2021年10月2日 (土) 〜2021年10月11日 (月)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
10月02日(土) 13:00
10月03日(日) 13:00
10月04日(月) 13:00
10月06日(水) 13:00
各2名 計8名

※受付は開演の1時間前、開場は開演の30分前。
※上演時間:約2時間
チケット 一般5,800円
夜割り[10/5・7・8]5,000円
ペアチケット11,000円 ※昼公演対象/劇団扱いのみ
学生3,000円 ※劇団扱いのみ/学生証提示
(全席指定・税込)

<理由あってなっトク価格!チケット>
8名限定!一般5,800円(全席指定・税込) → 【指定席引換券】4,900円さらに3500Pゲット!(10/5 18時15分更新)

TKTS渋谷店では、10/2〜特別価格!さらに4000Pゲットで発売!

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)

理由あってなっトク価格!チケットとは?
会場 吉祥寺シアター
備考 ※未就学児の入場はご遠慮ください。

ご来場の際は感染症対策にご協力をお願いいたします。
◎マスクの着用、検温、手指の消毒   
◎体調のすぐれないお客様はご来場をお控えください。  
◎その他感染症対策につきましては演劇集団円のHPでご案内いたします。
団体概要 1975年に故・芥川比呂志を中心に劇団雲から独立、今年46年を迎えます。
円が目指しているのは、東西を問わず最大級の古典から今日の最新の作品までを広く視野に収め、そこに通底するはずの真に劇的なものとは何かを自由に柔軟に問い続けるということです。古典から最新作までの翻訳作品の上演のほか、現代劇作家の書き下ろし作品にも意欲的に取り組んでおり、そのレパートリーの多様さには定評があります。

関連情報

関連サービス


ページトップへ