お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

メインチラシ画像

東京コンサーツ 暗闇の聖務2021 アンサンブル室町による Leçons de Ténèbres 2021

公演期間

2021年12月17日 (金)

会場

東京カテドラル聖マリア大聖堂

取扱チケット

一般:4,000円
学生:2,000円
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・出演者、スタッフの検温ならびに体調確認を日々行っています。
・出演者、スタッフのこまめな手洗い、手指の消毒を徹底しています。
・お客様にも劇場入口での検温をお願いしています。37.5度以上の発熱が見られた場合、ご入場をお断り致します。
・体調不良のお客様、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方のご入場をお断り致します。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 アンサンブル室町はパリノートルダム大聖堂で2019年4月に起きた大惨事、そして現在コロナウィルスと戦っている世界中の方々へのオマージュとして、以下コンサートを開催致します。

内容
聖務週間の主な3日間に行われる朝課「「Leçons de Ténèbres/暗闇の聖務」で原語のラテン語やヘブライ語で歌われるエレミア哀歌は、ルイ14世統治下のフランスにおいて最も特有な神聖音楽行事の一つです。
この行事の為に作曲され、現代まで残る最も古い楽譜は15世紀のカルロ・ジェズアルド、クローダン・ド・セルミジやトマス・タリスなどの作品がありますが、レナード・バーンスタインなど、20世期以降の現代作曲家も作品を創っています。
2019年に開催しました本シリーズ第1回目の公演が好評を頂きましたので、今回はその第二弾として規模を大きくし日仏7名の作曲家に作品を委嘱しました。
「Leçons de Ténèbres/暗闇の聖務」の為に作曲された昔の作品と現代作曲家に委嘱した作品を織り交ぜて演奏致します。


委嘱作品(世界初演)
権代敦彦、渋谷由香、台信遼、フロラン・キャロン=ダラス、藤倉大、
セバスティアン・べランジェ、向井航

演奏作品
マルク=アントワーヌ・シャルパンティエ 「Leçons de Ténèbres」
公演ホームページ https://www.tokyo-concerts.co.jp/
出演 芸術監督: ローラン・テシュネ / 指揮: 鷹羽弘晃 / 演奏: アンサンブル室町(25名) / 能管: 澄川武史 / 篠笛: あかる潤 / 龍笛: 清田裕美子 / 尺八: 黒田鈴尊 / 篳篥: 三浦元則 / 笙: 管原ユーリ / 琵琶: 久保田晶子 / 箏: 森梓紗日原暢子LEO / 胡弓: 村澤丈児 / 三味線: 守啓伊子 / バロックリコーダー: 大塚照道 / フラウト・トラヴェルソ: 菊池奏絵 / バロックオーボエ: 酒井弦太郎 / ドゥルツィアン: 長谷川太郎 / セルパン: 橋本晋哉 / オルガン: 大平健介新妻由加 / チェンバロ: 圓谷俊貴 / バロックヴァイオリン: 須賀麻里江高岸卓人 / ヴィオラ・ダ・ガンバ: 和田達也 / バロックチェロ: 山田慧 / バロックギター: 山田岳
スタッフ 制作: PolyArts / 制作協力: 東京コンサーツ
公演スケジュール <公演日>
2021年12月17日 (金)

<公演日・開演時間>
12月17日(金)19:00

※開場は、開演の30分前です。
チケット 前売 一般:4,000円/学生:2,000円
当日 一般:4,500円/学生:2,500円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般:4,000円
学生:2,000円
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)

会場 東京カテドラル聖マリア大聖堂
備考
団体概要 アンサンブル室町について
ヨーロッパと日本の≪古楽器≫、すなわちヨーロッパのルネサンス・バロック時代の楽器と日本の伝統楽器による、世界で初めてのアンサンブルです。2007 年にフランス人チェンバロ奏者で作曲家のローラン・テシュネを代表として結成され、同年『豊臣秀吉の夢』と題する旗揚げ公演を北とぴあ国際音楽祭(つつじホール)で開催しました。室町という名称は、ヨーロッパの楽器が日本へ伝来した室町時代(16 世紀)に由来しています。毎公演では、さまざまな作曲家、ダンサー・舞踊家、俳優、声楽家など、多彩なジャンルのアーティストにご協力を頂き、「ヨーロッパ+日本」という複文化の対話から新しい芸術的表現の創造をめざしたコラボレーションを続けてきました。現在のアンサンブルメンバーは、60 人以上の邦楽奏者、西洋古楽器奏者を数えます。
公式HP : https://www.ensemblemuromachi.or.jp/

関連サービス


ページトップへ