お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


日本のラジオ カナリヤ

公演期間

2021年11月18日 (木) 〜2021年11月23日 (火・祝)

会場

こまばアゴラ劇場

取扱チケット

前売:一般:3,000円
早割・昼割(18日、19日、22日昼の回):2,800円
(全席自由・税込)
※学割 −500円(受付にて学生証提示)

※WEB予約のみでの受付となります。

【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

感染症対策については以下のページをご参照ください。
https://razio.jp/free/faxcovid19

緊急事態宣言等の発令に伴う政府・自治体の要請に応じて、平日夜の開演時間の繰り上げを実施する可能性がございます。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 こたえはつねに
さいしょから
あるのだ

※※※

母の食事に毒を盛り、観察し続けていた少女
医療少年院を出た彼女を迎えたのは
宗教団体「ひかりのて」の幹部となっていた兄
信じたいものを信じることについての短いお話
公演ホームページ https://razio.jp/free/canary
出演 安東信助(日本のラジオ) / 田中渚(日本のラジオ) / 沈ゆうこ(日本のラジオ) / 木内コギト(\かむがふ/) / 永田佑衣宝保里実(コンプソンズ) / 横手慎太郎(シンクロ少女)
スタッフ 脚本・演出: 屋代秀樹 / 舞台監督: 黒澤多生(青年団) / 舞台美術: 袴田長武(ハカマ団) / 照明: 伊藤将士(株式会社ラセンス) / 照明オペレーション: 永瀬あさひ / 宣伝美術: 郡司龍彦 / 提携: (有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
公演スケジュール <期間>
2021年11月18日 (木) 〜2021年11月23日 (火・祝)

<公演日・開演時間>
11月18日(木)20:00
11月19日(金)20:00
11月20日(土)14:00/18:00
11月21日(日)14:00/18:00
11月22日(月)15:00/ 20:00
11月23日(火)14:00

※開場は、開演の30分前
※上演時間:約90分
チケット 前売:一般:3,000円
早割・昼割(18日、19日、22日昼の回):2,800円
(全席自由・税込)

当日:一般:3,500円
早割・昼割(18日、19日、22日昼の回):3,300円
(全席自由・税込)

※学割 −500円(受付にて学生証提示)


<カンフェティ取扱チケット>
前売:一般:3,000円
早割・昼割(18日、19日、22日昼の回):2,800円
(全席自由・税込)
※学割 −500円(受付にて学生証提示)

※WEB予約のみでの受付となります。

【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
会場 こまばアゴラ劇場
備考 未就学児の入場不可。
※土曜・火曜の昼の回はカンフェティの無料託児サービスがご利用できます。
詳細 https://www.confetti-web.com/tokuten/bs/about_bs.php

キャンセルの際の返金はいたしませんが、ご希望者には後日、公演DVDを送付いたします。
DVD販売価格(税込)+送料がチケット料金を超える場合は差額のみ頂戴いたします。
団体概要 読み方は「にほんのらじお」。代表である屋代秀樹が自作の戯曲を上演するため立ち上げました。
怪異、アウトロー、実際あった猟奇事件を下敷きにしたものをよくやっています。

残酷な結末になることが多いですが、「観た後さわやかな気持ちになる」と言われることもあります。
短編の場合は、怖くないけど奇怪なコントをやったりもします。

シンプルな舞台演出、余白のある醒めたセリフが特徴です。
淡々とした世界を、こっそり覗き見る感覚で観ていただけたらと思います。

関連情報

関連サービス


ページトップへ