お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


人形劇団プーク プーク人形劇場50周年記念年間 12の月のたき火

公演期間

2021年12月11日 (土) 〜2021年12月26日 (日)

会場

プーク人形劇場

取扱チケット

一般:3,190円
(全席自由・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

本公演は万全な感染防止対策を講じています。劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(公益社団法人全国公立文化施設協会作成)、舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(緊急事態舞台芸術ネットワーク作成)、定員は、東京都のロードマップに従います。

▽詳しい対策についてはこちらをご覧ください。
プーク人形劇場
https://puk.jp/taisaku2/

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 いじわるな母と姉と暮らす美しい娘、マルーシャ。ある大晦日の日に、王様からわがままなおふれが出されました。「お正月のお祝いに王様はいちごが食べたいとおっしゃった。篭いっぱいのいちごを持ってきたものには、それと同じだけの金貨を褒美にする」・・・と。 強欲な母と姉はマルーシャにいちごを取ってくるように命じます。雪にうずもれた森の中にいちごなんてあるはずがないけれど、マルーシャは泣く泣く出かけていきました。
そして森の中で見かけた大きな焚き火。 
寒さに凍えたマルーシャが近づいていくと、12の月の精が座っていました・・・。
自然の厳しさとやさしさにむきあい生きるマルーシャを通して、人間の尊厳の大切さを伝えます。
公演ホームページ https://puk.jp/12tsuki21/
出演 佐藤達雄大橋友子山越美和有田智也 / 長瀬円美 / 遠田香苗 / 勝二春陽
スタッフ 作・演出プラン: 川尻泰司 / 演出: 岡本和彦 / 美術: 中山杜卉子 / 音楽: 長沢勝俊 / 照明: 阿部千賀子 / 制作: 井上幸子
公演スケジュール <期間>
2021年12月11日 (土) 〜2021年12月26日 (日)

<公演日・開演時間>
2021年
12月11日(土)10:30/14:00
12月12日(日)10:30/14:00
12月17日(金)10:30/14:00
12月18日(土)10:30/14:00
12月24日(金)10:30/14:00
12月25日(土)10:30/14:00
12月26日(日)10:30/14:00

※開場は、開演の30分
※上演時間:約80分
チケット 一般:3,190円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般:3,190円
(全席自由・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。

会場 プーク人形劇場
備考
団体概要 1929年創立。
2019年には劇団創立90周年を迎えた。
東京・新宿には人形劇専門劇場「プーク人形劇場」があり、
年間を通して公演を行っている。プーク人形劇場は2021年に50周年を迎えた。
劇場を拠点に、全国での公演のほか、時には海外でも上演。
映像部門の「スタジオ・ノーヴァ」ではテレビの人形劇製作に携わっている。

関連情報

関連サービス


ページトップへ