CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > リチャード三世

G.Garage///第三回本公演 リチャード三世

メインチラシ画像

G.Garage///第三回本公演 リチャード三世

公演期間

2022年1月27日 (木) 〜2022年1月31日 (月)

会場

すみだパークシアター倉

取扱チケット

前売:6,500円
(全席指定・税込)
*未就学児童の入場はご遠慮いただいております。

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



公演情報詳細・注意事項

公演内容 【戯曲紹介】
舞台は、30年余りに渡るイングランドの内戦、ランカスター家とヨーク家が王位を争って闘った薔薇戦争。ひとまずヨーク家の勝利に終わり、エドワード四世が王位に付き、宮中は戦勝気分に酔っている。そんな中、エドワード四世王の弟リチャードは王位纂奪の野望に燃え、着々と計画を実行していく。
国王暗殺の噂を流して次兄のクラレンス公ジョージを牢獄に幽閉させ、次には先王ヘンリー六世の皇太子妃アンを妻にと望み、声色巧みに陥落せしめ、実の兄弟や政敵たちを次々にこの世から排除し、遂には目指す王位にまで登りつめる。
しかし、人生の絶頂も束の間。自分の玉座を守るため、正統な王子をも暗殺、更なる非道を繰り返し、自身は深い孤独に陥っていく。そんな中、フランス亡命中のリッチモンド伯が反旗を翻してイングランドに上陸。決戦前夜、悪夢の中、自らが殺害してきた者たちの亡霊に呪いの言葉を浴びせられたリチャード、その最後の闘いが繰り広げられる。
公演ホームページ https://twitter.com/GGarage3
出演 河内大和真以美鈴木彰紀横井翔二郎 / 白倉裕二 / 島田惇平野村龍一近藤隼小田伸泰 / 高橋司 / 大洞雄真別所晋渡部哲成山口磨美堀源起原慎一郎難波真奈美 / Saxophone: 副田整歩 / Drums: ユージ・レルレ・カワグチ
スタッフ 原作: W・シェイクスピア / 翻訳: 松岡和子 / 演出: 河内大和 / 音楽(生演奏): ユージ・レルレ・カワグチ(Dr)、副田整歩(Sax) / 照明: 鷲崎淳一郎(ライティングユニオン) / 音響: 古川直幸 / 美術・衣装: 河内大和 / 殺陣: 白倉裕二 / 小道具製作: 近藤修大 / 演出助手: 織田圭祐 / 舞台監督: ステージワークスURAK / 宣伝美術: 魚住和伸(Spacenoid Company) / 宣伝写真: BUN / 制作: 吉田千尋(LUCKUP)
公演スケジュール <期間>
2022年1月27日 (木) 〜2022年1月31日 (月)

<公演日・開演時間>
1/27(木)19:00
1/28(金)13:00/19:00
1/29(土)12:00/18:00
1/30(日)12:00/18:00
1/31(月)13:00

※開場は、開演の30分前
チケット 前売:6,500円
U-25(25歳以下):4,500円 高校生以下:1,000円
(U-25・高校生以下はLUCKUPのみの受付・枚数限定・入場時身分証提示)
*未就学児童の入場はご遠慮いただいております。

<カンフェティ取扱チケット>
前売:6,500円
(全席指定・税込)
*未就学児童の入場はご遠慮いただいております。

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)

会場 すみだパークシアター倉
備考
団体概要 2013年、俳優の河内大和が主宰となって立ち上げた演劇カンパニー。
英国の古典であるシェイクスピアを、従来の大きく作り込んだセットや衣装、演技方法ではなく、現在に生きる私たちの感覚を通して、簡素で現代的な、より肉迫するものにするため、シェイクスピアの既成概念を取り払い、日本人に最も響く様式に再構築することをテーマに設立。
これまでに、人間誰しもが抱える心の闇を、タップの鼓動で炙り出した『RICHARD III MISTER / BLANK』や、マクベスの内なる野心や欲望を、一人の魔女に鏡像として写し出した『Waltz for # Macbeth』などを上演。"野心的かつ骨格は強固、翻訳劇と日本人の融和を果たした稀有な作品"など、高い評価を受ける。
シェイクスピアを上演し尽くされたこの時代において、芸術性とエンターテイメント性を両立し、斬新さを追求するのではなく、原点に立ち帰ることでオリジナリティを発掘する創作を行っていく。

関連情報

関連サービス


ページトップへ