CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > 眠れぬ姫は夢を見る

サヨナラワーク 眠れぬ姫は夢を見る

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


サヨナラワーク 眠れぬ姫は夢を見る

公演期間

2021年12月15日 (水) 〜2021年12月26日 (日)

会場

劇場HOPE

取扱チケット

前売:3,800円
特典パンフレット付:6,300円
500円割引!前売:3,800円 → カンフェティ席3,300円!
(全席自由・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・出演者、スタッフの検温ならびに体調確認を日々行っています。
・出演者、スタッフのこまめな手洗い、手指の消毒を徹底しています。
・お客様にも劇場入口での検温をお願いしています。37.5度以上の発熱が見られた場合、ご入場をお断り致します。
・体調不良のお客様、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方のご入場をお断り致します。
・客席、受付はソーシャルディスタンスを確保しています。それに伴い、開場から開演までの時間や休憩時間を長く取っています。
・退場は、客席のエリアごとに時間差で行います。
・劇場入口、劇場内の各所に手指消毒用の消毒液を設置しています。
・オペラグラス、ひざ掛け等の貸出しは、取りやめています。
・出演者等へのプレゼント、楽屋口等での出待ちはお断りしています。
・お荷物のお預かりはお断りしています。
・座席、ドアノブ、手すり等の定期的な消毒を行っています。
・上演中、休憩時間等に定期的に施設内の換気を行っています。
・お客様対応スタッフは[マスク/フェイスシールド/手袋]を常時着用しています。
・受付、物販等の窓口には[アクリル板/透明ビニールカーテン]を設置しています。
・物販、当日精算のお客様にはキャッシュレス決済を推奨しています。
・万が一の際の緊急連絡先把握のため、当日、お客様のお名前、ご連絡先の記入をお願いしています。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 眠れぬ姫の君が
初めて見る夢が僕ならば、
その夢だけは叶えたいと思ったんだ。
公演ホームページ https://note.com/sayonarawork/
出演 彩原双葉桜羽萌子丹羽まなえ美澄優羽水野奈月南岡萌愛宮本朋実杢原朱織
スタッフ 脚本: Arry / 演出: 深寅芥 / 演出助手: 嶋垣くらら / 舞台監督: 東野伸一 / 舞台美術: 小林奈月 / 照明: 今中一成 / 音響: 牛居朋広 / 当日運営: LUCKUP / 映像: アンドワーク / 宣伝美術: 吉田ユウヤ / Photo: 嶋垣くらら深寅芥 / プロデューサー: 深寅芥 / 制作協力: 宮地成子 / 主催: (株)ネリム
公演スケジュール <期間>
2021年12月15日 (水) 〜2021年12月26日 (日)

<公演日・開演時間>
15日(水)19:00〜
16日(木)19:00〜
17日(金)14:00〜 /19:00〜
18日(土)14:00〜 /19:00〜
19日(日)14:00〜 /19:00〜
20日(月)19:00〜
21日(火)19:00〜
22日(水)19:00〜
23日(木)19:00〜
24日(金)14:00〜 /19:00〜
25日(土)14:00〜 /19:00〜
26日(日)12:30〜 /15:30〜

※開場は、開演の30分前
※上演時間:1時間30分
チケット 前売:3,800円 特典パンフレット付:6,300円
当日:4,300円
(全席自由・税込)
配信:3,000円

<カンフェティ取扱チケット>
前売:3,800円
特典パンフレット付:6,300円
500円割引!前売:3,800円 → カンフェティ席3,300円!
(全席自由・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。

会場 劇場HOPE
備考
団体概要 サヨナラワークとは
2020年に演出家・深寅芥と作家・Arryにより結成された演劇ユニット。
これまでの演劇の歴史がそうだったように現代演劇をこよなくリスペクトしつつも否定し
新しい演劇のかたちを私たちは追求していきます。
きっと世界中の誰もまだ見たことがない、
そんな新しいエンタメに向かって、私たちはサヨナラする活動を始めます。

関連情報

関連サービス


ページトップへ