CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > 恐怖が始まる

ワンツーワークス #34 恐怖が始まる

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


ワンツーワークス #34 恐怖が始まる

公演期間

2021年12月9日 (木) 〜2021年12月19日 (日)

会場

テアトルBONBON

取扱チケット

10名限定!一般4,800円(全席指定・税込) → 【指定席引換券】4,200円さらに2,200Pゲット!(12/15 18時15分更新)

TKTS渋谷店では、12/13〜 特別価格!さらに3,000Pゲットで発売!

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540(平日 10:00〜18:00)


割引販売 特別価格 ボーナスポイント

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・出演者、スタッフの検温ならびに体調確認を日々行っています。
・出演者、スタッフのこまめな手洗い、手指の消毒を徹底しています。
・お客様にも劇場入口での検温をお願いしています。37.5度以上の発熱が見られた場合、ご入場をお断り致します。
・体調不良のお客様、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方のご入場をお断り致します。
・客席、受付はソーシャルディスタンスを確保しています。それに伴い、開場から開演までの時間や休憩時間を長く取っています。
・退場は、客席のエリアごとに時間差で行います。
・劇場入口、劇場内の各所に手指消毒用の消毒液を設置しています。
・オペラグラス、ひざ掛け等の貸出しは、取りやめています。
・出演者等へのプレゼント、楽屋口等での出待ちはお断りしています。
・お荷物のお預かりはお断りしています。
・座席、ドアノブ、手すり等の定期的な消毒を行っています。
・上演中、休憩時間等に定期的に施設内の換気を行っています。
・お客様対応スタッフは[マスク/フェイスシールド/手袋]を常時着用しています。
・受付、物販等の窓口には[アクリル板/透明ビニールカーテン]を設置しています。
・出来る限りチケット発券で受付、来場の混雑緩和を推奨しています。
・物販、当日精算のお客様にはキャッシュレス決済を推奨しています。
・万が一の際の緊急連絡先把握のため、当日、お客様のお名前、ご連絡先の記入をお願いしています。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 [作・演出]古城十忍
公演日程:2021年12月9日(木)〜19日(日)
公演会場:テアトルBONBON(東京都中野区)

2021年は、2011年に起こった福島第一原子力発電所の事故から丸10年、節目の年になる。本作『恐怖が始まる』は、原発事故後の影響が人々の暮らしにどのように及んでいるのか、その日常に忍び寄る恐怖の実態を浮かび上がらせる。登場するのは廃炉作業に従事する原発作業員とその家族。中でも妻や娘など女性の視点で、深刻なテーマながら時にユーモラスな「家族劇」として描く。

●本公演は「ライブ配信」「アーカイブ配信」でもご観劇いただけます。
●劇団では現在、本作ならびに今後の演劇製作を継続するためにクラウドファンディングを行っています。

【あらすじ】
ある原発作業員の四十九日に一人の女が訪ねてくる。
出迎えた女と同様、訪ねてきた女の夫も原発作業員だ。
女たち二人の会話を通して、原発作業員の労働実態、二つの家族が抱えてしまった不安や亀裂が次第に浮き彫りになってくる……。
「この人たち、全員亡くなったんですか? 」
「亡くなったわね。うちのダンナなんて早かったわよ。」
女の夫は見るも無惨な、非業の死を遂げたのだ。
訪ねてきた女の夫はまだ生きているが、近いうちに死ぬとその女は確信している。
夫たちはなぜ死に至り、なぜ死に直面しているのか。
女たちの話から断片的に事実が浮かび上がる……。

過去に恐ろしいことは確かにあった。トンデモナイことが幾つもあった。
だが、本当の恐怖は今から始まる。ゆっくりと始まる……。
福島第一原発の事故によってもたらされた恐怖がひたひたと忍び寄る日常を、女たちの視点を通して描く、ブラックにしてユーモラスな家族劇。
公演ホームページ http://www.onetwo-works.jp/works/kyofu-ga-hajimaru/
出演 奥村洋治関谷美香子山下夕佳増田和小山広寿(以上、ワンツーワークス) / 藤村忠生(ワンツーワークス・アソシエート) / 今本洋子(劇団朋友) / 橋詰高志(GHSH OUT) / 高畑こと美(アクトレインクラブ) / 浦野真介(Krei inc.) / 山下真人 (ヒラタオフィス)
スタッフ [作・演出]: 古城十忍 / [美術]: 礒田ヒロシ / [照明]: 磯野眞也 / [音響]: 黒澤靖博 / [衣裳]: 友好まり子 / [舞台監督]: 尾崎裕 / [ドラマトゥルク]: 富貴純子 / [演出助手]: 日置なお田邉かおり / [舞監助手]: 小山広寿 / [大道具]: イトウ舞台工房 伊藤幸夫 / [小道具]: 原田佳世子高津装飾美術  / [衣裳助手]: 増田和 / [イラスト]: 古川タク / [デザイン]: 西英一 / [スチール]: 富岡甲之 / [舞台写真]: 黒木朋子 / [撮影・配信]: 後藤輝之川田紀子松本和也野中正行山内鷹 / [票券]: 川井麻貴 / [ホームページ制作]: 吉田淳一 / [協力]: アイズアトリエトモヨシEvenBoxK SoundシーボーズGプロダクションタクンボックス (以上50音順)、一二の会 / [マネージメント協力]: アクトレインクラブ、GUSH OUTKrei inc.劇団朋友ヒラタオフェイス(以上50音順) / [制作]: 藤川けい子  / [製作]: 株式会社オフィス ワン・ツー
公演スケジュール <期間>
2021年12月9日 (木) 〜2021年12月19日 (日)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
12月10日(金) 18:00 公開ダメ出し「全部、見せます」出演者の誰か×古城十忍
12月13日(月) 19:00
12月14日(火) 19:00
12月15日(水) 14:00
12月16日(木) 19:00
各2名 計10名

*受付開始は開演の1時間前、開場は30分前です。
*10歳未満の児童はご入場いただけません。
チケット 一般:(前売)4,800円 (当日)5,000円
学生:3,000円 ◆「学生:3000円」はシーボーズのみの取扱い。
(全席指定・税込)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※新型コロナウイルス感染対策としてB列の販売はございません。
 最前列は「C列」となります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<トクベツ価格>
10名限定!一般4,800円(全席指定・税込) → 【指定席引換券】4,200円さらに2,200Pゲット!(12/15 18時15分更新)

TKTS渋谷店では、12/13〜 特別価格!さらに3,000Pゲットで発売!

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540(平日 10:00〜18:00)
会場 テアトルBONBON
備考 【指定席引換券】
当日、開演の60分前より受付にて座席券とお引換えください。
連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。
団体概要 劇作家・演出家の古城十忍を代表とする演劇集団。
前身は1986年に旗揚げした「劇団一跡二跳」。同劇団を解散した翌年の2009年に「ワンツーワークス」として再始動。一貫して現代社会のさまざまな社会問題をジャーナリスティックな視点で描く古城十忍の戯曲を中心に上演。
 また、現代社会を鋭く切り取った最新の海外戯曲の翻訳初演、インタビュー取材で得た証言だけで戯曲を構成するドキュメンタリー・シアターの上演にも力を注いでいる。

劇団ワンツーワークス
【HP】http://onetwo-works.jp/
【facebook】https://www.facebook.com/onetwoworks12/
【twitter】https://twitter.com/onetwo_works
【Instagram】https://www.instagram.com/onetwo_works/
【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCOF5y2RtYqs598toTSXjtEw

関連情報

関連サービス


ページトップへ