CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 伝統芸能・演芸のチケット情報 > 第三回 こがねい春の能

能楽師 川口晃平 第三回 こがねい春の能

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


能楽師 川口晃平 第三回 こがねい春の能

公演期間

2022年2月19日 (土)

会場

小金井 宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)大ホール

取扱チケット

指定席 S席:6,000円 A席:5,000円
自由席 B席:3,500円 学生:2,000円
(税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


一般販売 座席選択可

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

当日は出演者およびスタッフは検温、手指の消毒など行います。
お客様にも実施する予定です。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 解説 川口 晃平

仕舞
 「雲林院」 津村禮次郎
 「網之段」 梅若紀彰

狂言「蝸牛」
 山伏 山本則秀
 主人  山本則孝
 太郎冠者 山本泰太郎

(休憩 十五分)

能「忠度」
 平忠度の霊 川口晃平
 旅の僧 御厨誠吾
 所の者 山本則重
  笛 一噌隆之
  小鼓 鵜澤洋太郎
  大鼓 亀井広忠
 後見 津村禮次郎
    小田切康陽
    松山隆之
 地謡 梅若紀彰
    角当直隆
    山中ガ晶
    谷本健吾
    内藤幸雄
    土田英貴
公演ホームページ https://www.facebook.com/kohei.kawaguchi.31
出演 川口晃平津村禮次郎梅若紀彰亀井広忠一噌隆之鵜澤洋太郎御厨誠吾山本則重山本則秀
スタッフ こがねい春の能実行委員会
公演スケジュール <公演日>
2022年2月19日 (土)

<公演日・開演時間>
2月19日 (土) 午後5時開演
 解説 20分
 仕舞 15分
 狂言 25分
 能  75分

※開場は、開演の60分前です。
※上演時間:約2時間半
チケット 指定席 S席:6,000円、A席:5,000円
自由席 B席:3,500円、学生:2,000円
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
指定席 S席:6,000円 A席:5,000円
自由席 B席:3,500円 学生:2,000円
(税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)

会場 小金井 宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)大ホール
備考
団体概要 武蔵小金井は歌川広重の「富士三十六景」にも玉川上水の桜が描かれるなど、江戸の昔より景勝の地でした。また、小金井の名の通り、多摩川段丘のはけの下より湧く豊富な地下水は、遠く縄文時代より人々の暮らしを潤してきました。
私はこの小金井に生まれ育ち、時代が流れても変わらないものがあることを教わり、その何かに惹かれるような人間になった気がいたします。そして私が大学時代に出会い一生の仕事と決めた能は、正に古代から未来まで変わらぬ人の心、自然や神々の世界を題材にして、遥かな年月受け継がれてきた伝統芸能です。
水清く花咲く小金井の春ごとに、能を一番ずつ大切に演じていければと「こがねい春の能」を立ち上げました。当日は現代の能楽を代表する共演者の方々にお力添えをいただき、舞台を勤めさせていただきます。
また、今回はアーティストの阿部朱華羅さんに、当日の舞台背景の美術をお願いいたしました。
演能に先立ちまして、初心者の方にも分かりやすく楽しんでいただけますよう、解説をいたします。

関連情報

関連サービス


ページトップへ