CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > ゲズントハイト 〜お元気で〜

ナイスコンプレックス ナイスコンプレックス第33回本公演 ゲズントハイト 〜お元気で〜

メインチラシ画像

ナイスコンプレックス ナイスコンプレックス第33回本公演 ゲズントハイト 〜お元気で〜

公演期間

2022年2月17日 (木) 〜2022年2月20日 (日)

会場

東京芸術劇場 シアターウエスト(小ホール2)

取扱チケット

【良席多数あり!】
Nシート(最前列/お土産付き):10,000円
S席(お土産付き):8,800円
S席(お土産なし):7,300円
A席(前売):6,000円
B席(前売):3,500円
(全席指定・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・出演者、スタッフの検温ならびに体調確認を日々行っています。
・出演者、スタッフのこまめな手洗い、手指の消毒を徹底しています。
・お客様にも劇場入口での検温をお願いしています。37.5度以上の発熱が見られた場合、ご入場をお断り致します。
・体調不良のお客様、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方のご入場をお断り致します。
・退場は、客席のエリアごとに時間差で行います。
・劇場入口、劇場内の各所に手指消毒用の消毒液を設置しています。
・出演者等へのプレゼント、楽屋口等での出待ちはお断りしています。
・お荷物のお預かりはお断りしています。
・座席、ドアノブ、手すり等の定期的な消毒を行っています。
・上演中、休憩時間等に定期的に施設内の換気を行っています。
・受付、物販等の窓口には[アクリル板/透明ビニールカーテン]を設置しています。
・客席内での会話はご遠慮ください。スタッフがお声掛けさせて頂く場合が御座います。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 あらすじ

あなたの顔が微笑みに和らぐ、その一瞬が見たいから…

静寂に包まれ、消毒液の臭いがする薄暗い病院。その中を、
元芸人は、ピエロの様におどけジョークを連発しながら闊歩する。

「笑いから得る免疫効果」を信じ、病める人々の為に、
彼は今日も赤い鼻をつける。

人を笑わせることに人生をかけた芸人が現実と向かい合い、
挫折の末見つけた自分の居場所。
難病の治療と向き合う子供達の「笑顔」を取り戻す為に
元・芸人は奔走する。

現在の日本での医療とケアクリニックの、形にできないズレ。
正しい事をしている筈なのに受け入れられない環境。
理想を現実のものにするべく元・芸人がとった行動は?

初演から11年経って尚
現在にリンクする人間なら必要な物語!!!!
公演ホームページ http://naikon.jp
出演 藤原祐規三上俊南翔太柏木佑介東拓海米原幸佑朝倉ふゆな倉田瑠夏澤田美紀竹内心田中温子 / 以下ナイスコンプレックス: 早野実紗、赤眞秀輝、北野くるみ、キムラ真
スタッフ 原作・演出: キムラ真
公演スケジュール <期間>
2022年2月17日 (木) 〜2022年2月20日 (日)

<公演日・開演時間>
2月17日(木)18:30
2月18日(金)18:30
2月19日(土)13:00/18:00
2月20日(日)12:00/16:00

※開場は、開演の40分前
チケット Nシート(最前列/お土産付き):10,000円
S席 (お土産付き):8,800円、(お土産なし):7,300円
A席:6,000円
B席:3,500円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
【良席多数あり!】
Nシート(最前列/お土産付き):10,000円
S席(お土産付き):8,800円
S席(お土産なし):7,300円
A席(前売):6,000円
B席(前売):3,500円
(全席指定・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。

会場 東京芸術劇場 シアターウエスト(小ホール2)
備考
団体概要 ナイスコンプレックスとは

主宰キムラ真が、2007年に旗揚げ。
作・演出をキムラ真が担当し、社会テーマ・実際にあった事件をモチーフに、
「考えてもらう」ではなく「知ってもらう」をコンセプトとする。
劇場のみで完結するのではなく、観客の脳髄に作品の一瞬を焼き付け残し、
フラッシュバックさせる作品創りをしている。
2018年より、新作公演のジャンルを
舞台と客席の壁をなくし物語を「笑って泣いて、歌って踊って=祭り」で表現する
【FREAKAL】(フリーカル)としている。

また劇団公演としては、本公演とプロデュース公演の二つの形体で舞台公演を行う。

関連情報

関連サービス


ページトップへ