CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > 第21回公演「Solitude-ある孤独に関する二つの物語-」☆配信チケット

YOU-PROJECT 【Confetti Streaming Theater】◇レンタル動画◇ 第21回公演「Solitude-ある孤独に関する二つの物語-」☆配信チケット

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


YOU-PROJECT 【Confetti Streaming Theater】◇レンタル動画◇ 第21回公演「Solitude-ある孤独に関する二つの物語-」☆配信チケット

公演期間

2021年12月29日 (水) 〜2023年1月15日 (日)

会場

Confetti Streaming Theater

取扱チケット

※WEB予約のみでの受付となります。
 カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


◇レンタル動画◇
視聴券:1,000円(税込)

<動画配信チケットのご購入について>
本チケットはクレジットカード決済・セブンーイレブン決済がご利用いただけます。
・クレジットカード決済の場合

配信期間中に[視聴用URL]のサイトにログインいただくのみでご視聴いただけます。(引取受付期間が表示されますが、引取等のお手続は不要です)

・セブンーイレブン決済の場合
代金を所定の期間内にセブンーイレブンレジにてお支払いください。その後配信期間中に[視聴用URL]のサイトにログインいただくのみでご視聴いただけます。


一般販売 配信

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



公演情報詳細・注意事項

公演内容 ★ご利用ガイド・よくある質問はこちらでご確認ください
↓ご購入前に下記内容を必ずご確認ください↓


【Confetti Streaming Theater】◇レンタル動画◇

YOU-PROJECT
第21回公演「Solitude-ある孤独に関する二つの物語-」

[配信期間]2021年12月29日(水)19:00〜2023年1月15日(日)19:00
[視聴可能期間]視聴ページログイン後30日間(720時間)(※配信期間が先に終わる場合は、その前に視聴を終えてください。)

◇レンタル動画◇
配信期間中のお好きなタイミングで30日間(720時間)視聴できるサービスです。
視聴用ページにログインいただいてから720時間が経過すると視聴いただけなくなりますので、ご注意ください。

[視聴用URL]
https://live.confetti-web.com/event/MulzZwzDCIS0g1ro

[視聴方法]上記期間中に「視聴用URL」にアクセスしていただき、カンフェティ会員ID・パスワードでログインしてください。そのまま配信をお楽しみいただけます。(視聴用URLは本ページのみ記載されております。配信終了までブックマークに追加する等ご対応ください)

[視聴券販売期間]2021年12月29日(水)15:00〜2022年12月14日(水)21:00まで※
 ※セブンーイレブン決済時の支払締切は2022年12月16日(金)19:00です。

※WEB予約のみでの受付となります。
 カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


*******************************************************
YOU-PROJECT第21回公演
「ソリテュード<孤独>」シリーズ」連続一人芝居

『SOLITUDE・・・ある孤独に関する二つの物語』演出:松浦友

“あなたは一人だ。そして、私も一人なんだ。”

『七転罵倒』
 作・出演:小川敦子(堂々としたブスはほぼ美人)
“いまに世間から葬られる世間、というか、あなた、というかわたし。”

作・出演は小川敦子。等身大の女性が抱える生きづらさ、焦燥感、抜けきらぬ鬱屈を、リリックかつユーモアを交え描く。コールセンター勤めで、女優の自分には、世間の声が、地に足をつけろと聞こえてくる。そうなの?それは、未来を明るく照らしてくれるの?

小川は、同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻声楽コース卒業後、京都の劇団「夕暮れ社 弱男ユニット」にて演劇を始める。2012 年、活動拠点を関東に移し、ダンスの分野でも活躍。2018年、ソロユニット「堂々としたブスはほぼ美人」を立ち上げ、台詞と身体表現を掛け合わせた舞台などを創作。
本作は、2020年、最強の一人芝居フェスティバル「INDEPENDENT:20」(一心寺シアター)にて、トライアル枠より審査員評価第1位で選出された。


『あずき粒』原作:山川方夫『お守り』より(集英社文庫『夏の葬列』所収)
 作:クスキユウ 出演:山本周
“君、ダイナマイトは要らないかね? ”

原作は、国語教科書にも載っている『夏の葬列』で有名な、山川方夫(1930~1965年)の珠玉の短編『お守り』(『夏の葬列』(集英社文庫)所収)。
建築会社に務める関口は、念願の団地に住んで半年、なぜか不安を感じ始める。きっかけは、行く手に見えるあの影が、わが家の階段を上り、扉を開けたからだ。妻も気づかぬあの男は、そして、ぼくは何者なのか。
1960年、北海道新聞(日曜版)などに発表された。「団地」が次々と誕生した戦後日本の高度成長期を背景に書かれ、その後、米国「LIFE」誌で海外にも紹介された。
YOU-PROJECTのクスキユウにより再構成された舞台は、2019年2月、京都のC.T.T.(Contemporary Theater Training)で上演後、セレクションに選抜され、早くも6月に再演(人間座スタジオ)された。

原作者:山川方夫(やまかわ まさお)〈1930〜1965年〉
東京上野生まれ、小説家。慶應義塾大学文学部仏文科卒業後、田久保秀夫らと「三田文学」を復刊、編集に参加。新人発掘に力を注ぎ、江藤淳、曽野綾子らを世に送る。戦後の青春を自伝的に描いた『日々の死』で注目を集め、『その一年』などで文壇に登場。洗練された短編を得意とし、ショート・ショートの分野でも活躍、将来を嘱望されたが、1965年交通事故で死去。


(演出より)
“孤独”という言葉の語感は、否定的な意味合いを含むことが多いと思います。しかし、「ソリテュード」には、 “隔絶”や“孤高”など「一人でいること」を肯定的にも捉えています。
 今回、シリーズ名となったソリテュードには、没個性の中でもポジティブさを失わない孤独、干渉されない自由を求めた孤独など、さまざな意味が含まれます。それらを具体的な物語として、丁寧に紡ぎ上げていく時、この時代なりの希望が見えてきはしないかと願うのです。
 今、世界で起きている先行きの見えない日常は、同質意識や同調圧力、ムラ社会といわれる日本の中で、かつてない孤独を多くの人々に実感させています。「私は一人だ」と嘆く人に対し、「君は一人じゃない」と声をかけるのは、多分、正解です。でも私たちは「あなたは一人だ。そして、私も一人なんだ。」と応じる作品群を届けたいのです。

主催・制作:YOU-PROJECT
ARTS for the future!
公演ホームページ http://you-project.com/
出演 山本周 / 小川敦子(堂々としたブスはほぼ美人)
スタッフ 演出: 松浦友 / 『七転罵倒』作: 小川敦子(堂々としたブスはほぼ美人) / 『あずき粒』原作: 山川方夫(『お守り』より(集英社文庫『夏の葬列』所収)) / 作: クスキユウ
公演スケジュール <期間>
2021年12月29日 (水) 〜2023年1月15日 (日)

<公演日・開演時間>
[配信期間]2021年12月29日(水)19:00〜2023年1月15日(日)19:00
※上記配信期間中、お好きなタイミングでログイン後30日間(720時間)ご視聴いただけます。
チケット ◇レンタル動画◇
視聴券:1,000円(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
※WEB予約のみでの受付となります。
 カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


◇レンタル動画◇
視聴券:1,000円(税込)

<動画配信チケットのご購入について>
本チケットはクレジットカード決済・セブンーイレブン決済がご利用いただけます。
・クレジットカード決済の場合

配信期間中に[視聴用URL]のサイトにログインいただくのみでご視聴いただけます。(引取受付期間が表示されますが、引取等のお手続は不要です)

・セブンーイレブン決済の場合
代金を所定の期間内にセブンーイレブンレジにてお支払いください。その後配信期間中に[視聴用URL]のサイトにログインいただくのみでご視聴いただけます。
会場 Confetti Streaming Theater
備考 ※本公演は有料での配信です。カメラ・スマートフォンなどによる画面録画・撮影・録音は全て禁止いたします。
また、動画サイトなどへの無断転載・共有を行った場合、法的責任に問われる場合がございます。配信ライブ映像を商用利用することは禁止とさせていただきます。これには、飲食店、広間等で聴衆から料金を受領して配信ライブ映像を流すことを含みます。
※大勢の方が集まっての視聴は、新型コロナウイルス感染防止の観点からご遠慮くださいますようご協力をよろしくお願いいたします。
※配信公演はカンフェティ安心チケットサービス対象外です。
団体概要 YOU-PROJECT  2000年に設立。「そこに在る演劇」という信念のもと、演劇が、どこか遠い場所の、無関係な営みではなく、日常と繋がることで新たな視点を獲得する作品づくりを目指す。旗揚げ公演『ハーフ』は、座付作家クスキユウにより書き下ろされ、2006年に再演。2012年に小説化された(文芸社刊)。『ジュリエット-Juliet Capulet-』、『ワーニャ伯父さん!』など名作古典劇の再構成も手掛ける演出の松浦友は、2004、2005年と演出者協会主催若手演出家コンクール二次審査進出。2013年『橋の上の男』でギィフォワシイコンクールヤマキ賞受賞。2019年利賀演劇人コンクール第一次上演審査で、『温室の前』(岸田國士・作)が「作品の世界を最も的確に表現している」と評される。

関連サービス


ページトップへ