CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

劇団5454 劇団5454第16回公演 嫌い

メインチラシ画像

劇団5454 劇団5454第16回公演 嫌い

公演期間

2022年4月13日 (水) 〜2022年4月17日 (日)

会場

赤坂レッドシアター

取扱チケット

一般(前売):5,000円
グループ(前売):4,500円 ※3名様以上、同一公演まとめてのご予約
(全席指定・税込)
【「グループチケット」は3枚以上でご購入ください】

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


一般販売 座席選択可

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

トリートを使って差し入れする

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

◆劇場環境◆
・館内の空調設備には換気機能(吸排気設備)が付いており、空調作動時の客席内は常時換気が行われています。(1時間あたり約5回入れ替わる目安)
・会場入口ほか、お手洗い等にも手指用の消毒アルコールをご用意しております。
・各回開場前・終演後に、客席内・手すり等の除菌作業をCELA水(約pH6.5の次亜塩素酸除菌水50ppm)を用いて行います。
・ロビー、楽屋に除菌液加湿器を設置します。(シックシャット 240ppm (弱酸性次亜塩素酸除菌水)6倍希釈を使用)
・劇場入口扉、お手洗いのお手の触れる部分には除菌シート(アキレスウイルセーフ)を貼り付けております。
・お手洗いにペーパータオルを設置しております。

◆公演関係者◆
・全ての公演関係者は(公演の進行上、困難な場合を除き)マスクを着用します。
・全ての公演関係者が入館、退館する際はアルコール消毒を徹底します。
・全ての公演関係者は検温の実施を徹底します。37.5°C以上の発熱が見られた場合、劇場内への入場を禁止します。また、以下の症状がある場合の申告を徹底します。
 ※息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
 ※発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が4日以上続く場合
・楽屋での換気は、外と繋がるリフト扉を開け、空気の入替をします。
・可能な限りソーシャルディスタンスを確保します。
・公演関係者の名前、連絡先(住所&携帯番号)、生年月日が書かれた名簿を作成し、万が一、コロナ感染者がでた場合、関係機関へ提供します。
・共有となるケータリング・炊き出しはしません。 口にするものは各自で用意します。
・お客様からいただく、御祝花・プレゼント・お手紙のお受け取りはいたしません。

◆本番中◆
・受付周りのスタッフは、マスク、使い捨て手袋、フェイスガードを着用します。
・観劇されるお客様には、必ずマスクを着用していただきます。マスクのないお客様へは、マスクを配布いたします。
・観劇されるお客様には、全員入館される前に手と指の消毒をしていただきます。
・開場前・開場中の列に並んでいるお客様には可能な限り間隔をあけてお待ちいただきます。
・咳エチケットのご協力をお願いいたします。
・場内での水分補給は、蓋のついた容器でお願いいたします。

◆入場方法◆
・ご整列いただいている間、スタッフが検温と手指のアルコール消毒の対応をいたします。
※検温には非接触タイプの体温計を使用します。
※アルコールアレルギー等お持ちの方には、ノンアルコールシートなどでご対応お願いします。37.5°C以上の発熱が見られる方につきましては、劇場内へのご入場をお断りいたします。
・当日券のお客様には、来場者リストにお名前、ご住所、連絡先をご記入いただきます。これは、感染者が発生した場合、感染拡大を防止するため、保健所が実施する行動調査、接触者調査に限って利用いたします。

◆公演終演後◆
・終演後のご面会につきましては、接触をさけるため実施いたしません。
・グッズ販売は、感染対策をしている受付スタッフが行います。
・全ての公演関係者は、終演後に必ず手洗いうがいをします。

◆稽古期間中と公演期間◆
・公演関係者は、公演期間中の不要不急の外出や3密の場を避けます。
・飲食店での会食、また稽古場や楽屋での飲み会等もいたしません。
・公演関係者の名簿、ご来場者リストは、公演終了後から最低一ヶ月以上保管いたします。

◆本番中『陽性者』発生時◆
1.本番を中止・中断し、保健所・医療機関からの指示に従う。
2.保健所の指示に従い、劇場内の消毒を行う。
3.保健所の指示により、濃厚接触者または可能性があると指示を受けた場合。→速やかに現場を離れ、別部屋などに移動。 →導線や対応スタッフを限定し、すみやかに清潔区域・汚染区域を分ける。 →サージカルマスク・ゴーグルまたはメガネ・手袋を着用。→対応後の手洗いや手指消毒。→医療機関にて、@抗原検査とAPCR検査を受け、検査結果が陽性の場合は保健所・医療機関の指示に従う。 陰性の場合、保健所の指示に従い、再度PCR検査を受け、問題なければ現場に復帰。
4.濃厚接触者に当たらないと判断された場合 →陽性者と最後の接触を確認し、必要に応じてPCR検査を実施する。検査結果が判明するまでは、公演を中断。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 「嫌い」はきっと、自己防衛。
生きていて、「嫌い」と口走ってしまうことがある。だって、私には嫌いなものがたくさんあるから。嫌いなものを提示することで、自分から嫌いなものを遠ざけ、自分を守ってきたつもり。
でも、私が口に出す「嫌い」は、周囲を不安や不快な気持ちにすることもあるらしいと知った。
世の中は、ネガティブな言葉を心に秘めることで、幸せが訪れると信じている。私だって幸せになりたい。だから「嫌い」を封印してみた。するとどうだろう。嫌いだと思っていた人や物や出来事は、さほど嫌いでもないような気がしてくる。食わず嫌いとでも言うのだろうか。接してみると、それなりに対応出来る自分がいる。周囲からも愛され、人生が変わっていくのがわかった。私から、嫌いなものが消えていく……。
ふと、心を澄ます。すると何か、不気味なものが目の前まで近寄って来ていた。もっと前から嫌な気配はあったはずなのに、私は、鉄炮の構え方を忘れていた。
――それ以上近づかないで。そこを越えられたら、きっと私は、私を嫌う。
公演ホームページ https://5454.tokyo
出演 石田雅利絵 / 及川詩乃 / 小黒雄太 / 窪田道聡 / 榊木並 / 佐瀬恭代 / 高野アツシオ / 村尾俊明 / 森島縁(以上劇団5454) / 淺川眞來
スタッフ 作・演出: 春陽漁介 / 音楽: Shinichiro Ozawa / 舞台監督: 北島康伸 / 舞台美術: 愛知康子 / 照明: 安永瞬 / 音響: 游也(stray sound) / 宣伝美術: 横山真理乃 / コンテンツ企画: 堀萌々子 / スチール撮影: 滝沢たきお / 配信・撮影: TWO-FACE / 制作補佐: 堀萌々子、横山真理乃 / 票券: 遠藤唯(ViStar) / 協力: 株式会社L.LovesR.、石田企画、株式会社舞夢プロ、ロングランプランニング株式会社 / 提携: 赤坂RED/THEATER / 企画・制作: 劇団5454
差し入れ受付(トリート) <稽古場への差し入れ>
https://app.treat.love/web/users/17956?p=1001

<劇場への差し入れ>
https://app.treat.love/web/users/17957?p=1001

※クリックすると外部サイトに移動します。
※差入受付先または受付期間が複数ある場合がございます。お申込前にリンク先でご確認ください。
公演スケジュール <期間>
2022年4月13日 (水) 〜2022年4月17日 (日)

<公演日・開演時間>
4月
13日(水)19:30
14日(木)13:00★/19:30
15日(金)13:00★/19:30
16日(土)13:00/18:00★
17日(日)13:00☆/17:00

★アフタートーク
 14日(木)13時「キャスト全員座談会」(登壇:全キャスト、司会:春陽漁介)
 15日(金)13時「春陽の一人ぼっちトーク」(登壇:春陽漁介)
 16日(土)18時「キャスト全員座談会」(登壇:全キャスト、司会:春陽漁介)

☆ライブ配信あり
 17日(日)13時(本編4カメ配信)
※配信日から7日間のアーカイブあり。(配信期間は。何度でもご覧いただけます)

※開場は、開演の30分前
チケット 一般 前売:5,000円 当日:5,500円
グループ:4,500円 ※3名様以上、同一公演まとめてのご予約
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般(前売):5,000円
グループ(前売):4,500円 ※3名様以上、同一公演まとめてのご予約
(全席指定・税込)
【「グループチケット」は3枚以上でご購入ください】

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。

会場 赤坂レッドシアター
備考
団体概要 脚本家、演出家の春陽漁介を主宰として、2012年4月旗揚げ。
『青空の下になびいている真っ白いTシャツのように、日々当たり前に見えている風景をリフレッシュさせたい。日常の汚れた気分を“ゴシゴシ(5454)と洗い流したい”』というのが劇団名の由来。
作風は、人間の心理的な部分から作られるヒューマンコメディー。

関連情報

関連サービス


ページトップへ


<稽古場への差し入れ>



<劇場への差し入れ>



※クリックすると外部サイトに移動します。
※差入受付先または受付期間が複数ある場合がございます。お申込前にリンク先でご確認ください。