CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > ミュージカル『はだしのゲン』

Pカンパニー 松本公演 ミュージカル『はだしのゲン』

メインチラシ画像

Pカンパニー 松本公演 ミュージカル『はだしのゲン』

公演期間

2022年7月3日 (日)

会場

まつもと・市民芸術館

取扱チケット

一般(前売):2,500円
学生(小・中・高・大)(前売):1,000円
(全席自由・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


一般販売

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

新型コロナウイルスは変異を重ねていることもあり、予防対策も上演時の状況判断によって変更される可能性もあることをご了解いただいた上で、現在の対策、お願いを記載致します。ご不便をおかけ致しますがご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、すべての感染防止策は、ワクチン接種の有無、回数に関わらず共通となります。
【皆さまへのお願い】
下記に該当する方は、体調を最優先していただき、ご来館をお控えください。
(1)平熱と比べ高い発熱(37.5度以上を目安として)がある場合や、風邪っぽい症状など、その他、通常の体調に異変がある方、不安のある方。
(2)PCR等の検査で判明した新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触がある場合。
(3)過去2週間以内に入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該住者との濃厚接触がある場合等。
【ご来場時のお願い】
(1)フィルター性能の高い不織布マスクの常時着用にご協力下さい。顔との隙間が空かないようにしっかりとした着用を徹底をお願い致します。着用のない方の入館はご遠慮いただきます。
(2)入場時に検温と手指消毒をお願い致します。37.5度以上を目安として、熱のある方、体調の優れない方は、入場をご遠慮いただきます。重ねて咳エチケットやこまめな手洗いにご協力下さい。
(3)入退場の列や、ロビー内、移動時等において密になることを避け、ソーシャル・ディスタンスの確保にご協力下さい。
(4) 飛沫感染防止の観点から、場内もマスクの着用の上、会話はなるべくお控え下さい。
(5)許可されたエリア以外でのご飲食はお控え下さい。また、飲食時にマスクをはずす際は、会話はお控え下さい。
(6)「緊急連絡先記入用紙」にご記入の上、必ずご提出をお願い致します。
   出演者、関係者、お客様に感染者が出た場合に、お客様に確実に連絡が取れるようにするためです。、必要に応じて保健所等公的機関へ提供させていただく場合がございます。個人情報はこの目的以外には使用致しません。保管の必要がなくなり次第、破棄致します。
  ※公演時期の状況を踏まえた感染防止対策など、変更が生じた場合は、そのつどPカンパニーのホーム
   ぺージに記載致します。ご来場前にご確認いただけますようお願申し上げます。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 【あらすじ】
今から77年前、日本は戦争をしていました。いよいよ敗戦が濃厚となっていた1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、ゲンが学校に向かう途中、火の玉のような巨大な光が目の中に飛び込んできたと思った瞬間ののち、広島の町は消え、地獄と化しました。アメリカによって人類史上初めての「原子爆弾」が投下されたのです。
奇跡的に生き残ったゲンは、夢中で自分の家に向かって走り出しました。全身にガラスがささった人たち、皮膚が焼けて垂れ下がった人たち、幽霊のように水を求めて歩く人たち、それはまさに生き地獄でした。原爆=ピカドンは、14万人の広島に暮らす人々の命を一瞬にして奪ったのでした。
ゲンとゲンの母・君江は、父・大吉と姉・英子と弟・信次が、家の下敷きとなり焼け死ぬのを助けることができませんでした。妊娠中の母親はショックのあまり産気づきます。やがて、焼け跡にこだまする“オギャア”という産声。新しい命の誕生です。しかし・・・。
“この戦争は間違っている”と言い続けていた父親の気性を受けつぎ、たくさんの苦しみや悲しみを乗り越え、ゲンは、青麦のように、元気に、まっすぐに、強い心で生き抜いていくのでした…。
公演ホームページ http://p-company.la.coocan.jp/
出演 いまむら小穂衛藤南内田龍磨木村愛子須藤沙耶大宜見輝彦小川恵梨岡田基哉吉岡健二横幕和美山田健太森源次郎本田次布
スタッフ 原作: 中沢啓治 / 脚本・作詞・演出: 木島恭 / 作曲: 林はじめ / 音楽監督: 高橋慶吉 / 歌唱指導: 山下美音子 / ムーブメント: 福島梓 / 美術: 石井みつる / 照明: 森脇清治 / 音響: 勝見淳一 / 舞台監督: 大島健司 / 制作: 松井伸子 / 企画原案: 木山潔 / 制作統括: 林次樹
公演スケジュール <公演日>
2022年7月3日 (日)

<公演日・開演時間>
7月3日(日)13:30

※開場は、開演の30分前
チケット 一般 前売:2,500円 当日:3,000円
学生(小・中・高・大) 前売:1,000円 当日:1,500円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般(前売):2,500円
学生(小・中・高・大)(前売):1,000円
(全席自由・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。

会場 まつもと・市民芸術館
備考
団体概要 2008年、木山事務所(故・木山潔主宰)の所属俳優・スタッフが中心となって設立。別役実の作品を中心に、福田善之・松田正隆・阿藤智恵・竹本穣・石原燃の旧作・新作を上演している。「小さな演劇」の演劇的文化の可能性を探りながら、常に世界と時代とを見据えた演劇創りを念頭に、混迷した演劇界に、小さくとも輝きのある一石を投じるチームでありたいと願っている。
「P」はplay・performance・produce・progressive・professional・prime・popular・pure・passion・poem・protest・peace… メンバーが、それぞれに描く「P」の集合がPカンパニーです。

関連サービス


ページトップへ