CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > 『グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース』

Mo’xtra Mo’xtra Produce 『グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース』

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


Mo’xtra Mo’xtra Produce 『グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース』

公演期間

2022年5月13日 (金) 〜2022年5月19日 (木)

会場

吉祥寺シアター

取扱チケット

前売:4,800円
(全席指定・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら


一般販売

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



公演情報詳細・注意事項

公演内容 ※「カンフェティ特別チケット」に関するご案内はこちらのページよりご確認ください。
 https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=66117&

============

【出演者変更のお知らせ】

5月13日(金)より上演されるMo’xtra Produce『ビショップ・マーダー・ケース』に出演を予定しておりました西川浩幸さんが、体調不良により降板されることとなりました。
西川浩幸さんに代わりまして、バートランド・ディラード役は大内厚雄さんが演じることとなりましたことをご報告申し上げます。

公演を楽しみにしていただいていたお客様には、ご迷惑とご心配をおかけすることを深く心よりお詫び申し上げます。

西川浩幸さんの降板に伴い、ご希望の方にチケットの払い戻しまたは日時振り替えを行います。
チケット払い戻し・ご観劇日時の振替につきましては、劇団メール(moxtrawork@gmail.com)までお問合せください。


本公演に向けてキャスト・スタッフ一丸となって、精一杯より良いステージをお届けできるよう引き続き精進してまいりますので、どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。
今後とも西川浩幸さん、並びにMo’xtraをよろしくお願い申し上げます。




惨劇、再び。


2017年に上演され好評を博した舞台、『グリーン・マーダー・ケース』が再演決定!しかも続編となる新作『ビショップ・マーダー・ケース』も同時上演!

『グリーン・マーダー・ケース』
あらすじ:
1926年冬、ニューヨーク。一家のほとんどが殺されたグリーン家の凄惨な殺人事件は、犯人の自殺によってようやく幕を閉じた。世間の恐怖と好奇の狂乱も、時間と共に次第に薄れていった。
半年後、犯人の銃撃により意識を失っていた警官、サイモン・ブレイが長い眠りから目を覚ます。彼は事件の記憶をほとんど失っていた。病床の彼を地方検事ジョン・F・X・マーカムが訪れ、失った記憶を取り戻してほしいと依頼する。事件にはまだ、解かれていない謎が残されていた……。



『ビショップ・マーダー・ケース』
あらすじ:
1928年春、ニューヨーク。グリーン家殺人事件から1年半後。
警官を辞めて私立探偵となったサイモン・ブレイは1年ぶりにニューヨークへ帰って来る。匿名の依頼人の呼び出しに応じる形でディラード家へ向かうが、そこではマザーグースになぞらえた奇妙な殺人事件が発生していた。捜査のために訪れていたヴァンスやマーカムらと久々の再会を喜ぶサイモン。しかし程なくして「僧正(ビショップ)」と名乗る謎の人物からの犯行声明が届く。悪い冗談に思われたその手紙を皮切りに第二、第三の事件が発生し、世間を震撼させる連続殺人へと発展していく……。
公演ホームページ http://moxtra-stage.com/
出演 『グリーン・マーダー・ケース』: 鍛治本大樹齋藤陽介毛利悟巳平田裕一郎今泉舞小口ふみかヨシケン改伊与勢我無野口オリジナル小林春世角健士大澤彩未ザンヨウコ小玉久仁子 / 『ビショップ・マーダー・ケース』: 林田航平大塚宣幸加藤良輔竹井亮介佐藤みゆき照井健仁永田紗茅中野亜美寺内淳志武市佳久田中千佳子大内厚雄 / 声の出演: 永宝千晶
スタッフ 脚本・演出: 須貝英 / 舞台監督: 岩谷ちなつ / 舞台美術: 片平圭衣子 / 照明: 富山貴之 / 音響: 大園康司 / 演出助手: 山崎元晴畑田哲大 / 宣伝美術: 藤尾勘太郎 / 宣伝写真: 三浦えり / 撮影ヘアメイク: 林美穂 / 撮影協力: Ai Toyoshima / 衣裳: 鶴岡寛恵 / ヘアメイク: 新妻佑子 / 制作: 佐野七海 / 当日運営: 佐藤栞田邊樹 / スタンドイン: 山平里穂 / 協力(五十音順): アニモプロデュースISM ENTERTAINMENTイマジネイション演劇集団キャラメルボックスエンパシィ柿喰う客、キューブ、ジェイ.クリップ水天宮ピットチタキヨ動物電気、ナイロン100℃、ナッポスユナイテッド花組芝居、bamboo、フォセット・コンシェルジュフクダ&Co.ヘリンボーン放映新社POE+、ホチキス、ポップンマッシュルームチキン野郎ワタナベエンターテインメント / 主催: Mo'xtra
公演スケジュール <期間>
2022年5月13日 (金) 〜2022年5月19日 (木)

<公演日・開演時間>
5月13日(金) 13:00【グリーン】/19:00【ビショップ】  
5月14日(土) 13:00【ビショップ】/19:00【グリーン】
5月15日(日) 11:00【ビショップ】/15:00【グリーン】 
5月16日(月) 13:00【ビショップ】/19:00【グリーン】
5月17日(火) 13:00【グリーン】/19:00【ビショップ】 
5月18日(水) 13:00【ビショップ】/19:00【グリーン】
5月19日(木) 11:00【グリーン】/15:00【ビショップ】 

・未就学児のご入場はご遠慮いただきます。
・客席の最前列は感染症対策のためB列となります。A列の販売は行いません。
・上演時間は両作品共に約 130 分を予定しております(多少前後する可能性がございます。詳しくは HPや SNS にて告知させていただきます)。
・受付開始は開演の 45 分前、開場は開演の 30 分前です。
・新型コロナウィルスの感染状況や公的機関からの要請などにより上演日時を変更する場合は、HP やSNS にて告知させていただきます。
・車椅子でご来場のお客様は、チケット購入前にmoxtrawork@gmail.comまでご連絡をお願いいたします。
チケット 前売:4,800円 当日:5,000円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
前売:4,800円
(全席指定・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
会場 吉祥寺シアター
備考 ・必ず【新型コロナウィルス感染予防対策とお客様へのお願い】をお読みの上ご予約ください。 http://moxtra-stage.com/covid-19/
・未就学児のご入場はご遠慮いただきます。
・学生チケットをお求めのお客様は当日受付にて学生証など証明書類のご提示をお願いいたします。ご 持参いただけない場合は前売料金でご入場いただきます。
・本公演は 2 作品を上演いたします。上記チケット料金は 1 作品ずつの料金となります。内容・出演者 が異なりますのでご注意ください。
・作品の時系列は『グリーン・マーダー・ケース』→『ビショップ・マーダー・ケース』です。
・終演後は必ず会場の換気/消毒を行います。2 作品を連続してご観劇いただく場合も一旦会場をご退出 いただきますようお願いいたします。
・上演作品を間違えてご予約された場合もご返金はいたしかねます。くれぐれもお間違えのないようご 予約ください。

■公演が中止となった場合
◇政府や東京都の要請、または出演者/スタッフの新型コロナウィルス感染などにより公演の開催もし くは継続が困難であると判断した場合、公演を即座に中止させていただきます。その場合は順次未観劇 ステージのご返金という形で対応させていただきます。
※ご返金の際はチケット料金のみを返金させていただきます。大変申し訳ございませんが振込手数料や 発券手数料、サービス利用料などに関しましてはご返金いたしません。予めご了承ください。
◇できるだけ早い段階で判断を下せるようにいたしますが、ご観劇直前に中止を決定する場合もござい ます。それに伴うチケット料金以外の補償(交通費や宿泊費など)は行いません。予めご了承ください。
団体概要 須貝英が幹事長を務める演劇サークル。2020年設立。再演作品を行う「Archive」やその時々でコンセプトを変えて作品を上演する「Produce」など、企画ごとに様々な人・会場・形態で活動を行うための表現の場となることを目指す。
前身となる演劇ユニット「monophonic orchestra」の「extra」な形であり、「More extra!」の略でもある。

関連情報

関連サービス


ページトップへ