CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > オルフェオとエウリディーチェ

新国立劇場 2021/2022シーズン オペラ クリストフ・ヴィリバルト・グルック オルフェオとエウリディーチェ

メインチラシ画像

新国立劇場 2021/2022シーズン オペラ クリストフ・ヴィリバルト・グルック オルフェオとエウリディーチェ<新制作>

公演期間

2022年5月19日 (木) 〜2022年5月22日 (日)

会場

新国立劇場 オペラパレス

取扱チケット

S席:27,500円
A席:22,000円
B席:15,400円

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。


一般販売

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・感染予防に対応した適切な距離を保つため、1階1列〜2列の座席は販売いたしません。
・通常の座席配置(1階1列〜2列を除く)での販売を予定しております。
・政府及び東京都の判断により、イベント収容率の制限に変更が生じた場合は、途中でチケットの販売を停止する場合がございます。

※ご来場に際しては、「来場者カード」への事前のご記入・ご提出をお願い申し上げます。

新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みと主催公演ご来場の皆様へのお願い
(必ずお読みください)

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 2021/2022シーズン
クリストフ・ヴィリバルト・グルック
オルフェオとエウリディーチェ<新制作>
Orfeo ed Euridice/Christoph Willibald von Gluck
全3幕〈イタリア語上演/日本語及び英語字幕付〉
------------------------------------------

◆Introduction◆はじめに

妻を救う冥界への旅。
愛の神アモーレに導かれる男女の愛の物語


大野和士芸術監督のラインアップの大きな柱、バロック・オペラから、音楽と演劇の融合を目指した"オペラの改革者"グルックの代表作『オルフェオとエウリディーチェ』を勅使川原三郎演出、鈴木優人指揮で上演します。グルックは多くの作曲家が取り上げたギリシャ神話のオルフェウス伝説を題材に、バロック・オペラに特徴的な歌手の技巧を顕示するための装飾を抑え、オーケストラの役割を充実させて、劇的緊張に富んだオペラを完成させました。その演劇的な面白さにより、バロック・オペラの中でも群を抜いて今日の上演頻度の高い人気作となっています。

演出には、深い美意識で世界中にその名を轟かす振付家・ダンサー・演出家の勅使川原三郎を迎え、指揮は新時代のバロック奏者として、そして指揮者としてもプロデューサーとしても大活躍中の鈴木優人が当たります。

バロック・オペラのシリーズは第1弾として2020年4月に上演を予定していた『ジュリオ・チェーザレ』が惜しくも公演中止となったため、本作品が初の公演実現となります。

◆Story◆ものがたり

【第1幕】亡き妻エウリディーチェの墓前で、何とか生き返らせようと祈りを捧げるオルフェオの前に、愛の神アモーレが現れる。アモーレはエウリディーチェの復活の可能性を示唆し、全能の神ゼウスの命令として、「オルフェオの歌で地獄の番人を慰めること」「地上に連れ戻すまでは決して彼女の顔を見てはならない、振り返れば彼女は永遠に失われる」と伝える。

【第2幕】冥界の入口には死霊や復讐の女神が待っている。オルフェオは歌で復讐の女神を慰める。エリゼの園で妖精たちと歌っているエウリディーチェを発見したオルフェオは妻の手を取り、彼女を観ないようにして地上へ向かう。

【第3幕】地上へ向かう暗い途上で、エウリディーチェは夫が自分を見ようとしないことに不安を募らせる。「なぜ私を見ないのか」と詰問する妻とゼウスの命令との間で煩悶するオルフェオは、ついに振り返って妻を見てしまう。その瞬間エウリディーチェは絶命する。絶望したオルフェオが自ら命を絶とうとするとアモーレが現れ、「真の愛が示された」とエウリディーチェに命を吹き込む。オルフェオとエウリディーチェは神に感謝する。
公演ホームページ https://www.nntt.jac.go.jp/opera/orfeo-ed-euridice/
出演 エウリディーチェ: ヴァルダ・ウィルソン / オルフェオ: ローレンス・ザッゾ / アモーレ: 三宅理恵 / ダンス: 佐東利穂子、アレクサンドル・リアブコ / ほか / 合唱: 新国立劇場合唱団 / 管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団
スタッフ 指揮: 鈴木優人 / 演出・振付・美術・衣裳・照明: 勅使川原三郎 / アーティスティックコラボレーター: 佐東利穂子
公演スケジュール <期間>
2022年5月19日 (木) 〜2022年5月22日 (日)

<公演日・開演時間>
05月19日(木) 19:00
05月21日(土) 14:00
05月22日(日) 14:00

予定上演時間:約2時間20分(休憩含む)
※後日ご案内いたします。正式な上演時間は開幕直前の表示をご確認ください。

※ロビー開場は開演60分前、客席開場は開演45分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、託児サービス、バックステージツアーは当面休止させていただきます。

【分散来場のお願い】
新型コロナウイルス感染拡大予防を目的とした混雑緩和のため、分散来場にご協力ください。
お席の階によって、下記時間帯にご来場されることをおすすめいたします。
■2,3,4階のお客様:開演 30分前まで
■1階のお客様:開演30分前〜 開演15分前 まで
チケット S席:27,500円
A席:22,000円
B席:15,400円
C席:8,800円
D席:5,500円
(全席指定・税込)

<トクベツ価格>
S席:27,500円
A席:22,000円
B席:15,400円

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
会場 新国立劇場 オペラパレス
備考 ※新型コロナウイルス感染症の影響により、公演内容や招聘スタッフ・キャストに変更が生じる場合があります。
※就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
※壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
※公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
※公演中止、および新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインによる対象者を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
※やむをえない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
団体概要

関連サービス


ページトップへ