CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 音楽のチケット情報 > A Quiet Space

太田真紀&山田岳 × Cabinet of Curiosities A Quiet Space

メインチラシ画像

太田真紀&山田岳 × Cabinet of Curiosities A Quiet Space

公演期間

2022年6月29日 (水)

会場

としま区民センター小ホール

取扱チケット

一般(前売):3,000円
学生(前売):2,000円
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら


一般販売 手数料0円

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

【新型コロナ禍における来場者へのお願い】
会場の感染拡大防止対策に従い、以下へのご協力をお願いいたします。 
1)37.5℃以上の発熱、体調不良のほか、感染の疑いがある場合は来館をお控えください。
2)マスクを着用してください。マスクのない方はご入場できません。
3)入館時は手指の消毒をしてください。
4)ロビー等では(同居家族以外の)お客様とはできるだけ2m(最低1m)の間隔を空けてください。
5)終演後、出演者とのご面会はご遠慮いただく場合があります。また花や差し入れはお控えください。
6)緊急時には、お客様の情報を必要に応じて保健所等への公的機関へ提供することがあります。あらかじめご了承ください。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 プログラム:
スティーヴン・カズオ・タカスギ《奇妙な秋》
カローラ・バウクホルト《噪音》
ハヤ・チェルノビン《ホウライシダ(II)》
シモン・ステーン=アナーセン《Drownwords》

公演ホームページ https://www.youtube.com/channel/UCx6q2XLCXLHW2y5matywtcA
出演 出演: 太田真紀(ソプラノ)、山田岳(ギター) / アフタートーク出演(予定): Cabinet of Curiosities(森紀明・渡辺裕紀子・小出稚子)
スタッフ 企画・構成: Cabinet of Curiosities(森紀明・渡辺裕紀子・小出稚子)、太田真紀&山田岳 / 主催: 太田真紀&山田岳 / 助成: 公益財団法人野村財団 / 舞台監督: 鈴木英生(カノン工房) / 制作: 福永綾子(ナヤ・コレクティブ)
公演スケジュール <公演日>
2022年6月29日 (水)

<公演日・開演時間>
6月29日(水)19:00

※開場は、開演の30分前
※上演時間:約2時間
チケット 一般 前売:3,000円 当日:3,500円
学生 前売:2,000円 当日:2,500円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般(前売):3,000円
学生(前売):2,000円
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
会場 としま区民センター小ホール
備考
団体概要 太田真紀&山田岳 
ソプラノ太田真紀とギター山田岳により2013年よりデュオ活動を開始。それぞれがソロとして活動しつつ、この編成におけるデュオ作品の「今」を追求、既存作品の演奏のみならず、新作委嘱や実験的要素の強い作品まで数多く紹介、多彩なゲストを迎えたパフォーマティブなコンサートなど独自のプログラミングで注目を集める。松平頼曉、宗像礼、足立智美への委嘱や、伊左治直、志田笙子らの初演(改定初演)、海外作曲家作品の日本初演等を行っている。
2021年主催公演《ロミオがジュリエット》にて、文化庁芸術祭大賞、サントリー芸術財団佐治敬三賞受賞。

関連情報

関連サービス


ページトップへ