CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

ハツビロコウ かもめ

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


ハツビロコウ かもめ

公演期間

2022年9月20日 (火) 〜2022年9月25日 (日)

会場

下北沢小劇場B1

取扱チケット

全席自由:3,500円(税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら


一般販売

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・出演者、スタッフの検温ならびに体調確認を日々行い、こまめな手洗い、手指の消毒を徹底しています。
・お客様に劇場入口での検温をお願いしています。37.5度以上の発熱が見られた場合、ご入場をお断り致します。
・体調不良のお客様、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方のご入場をお断り致します。
・劇場入口に手指消毒用の消毒液を設置しています。
・座席、ドアノブ、手すり等の定期的な消毒を行っています。
・上演中、施設内の換気を行っています。
・お客様対応スタッフはマスク、フェイスシールド、手袋を常時着用しています。
・受付窓口にはアクリル板を設置しています。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 ハツビロコウ初のチェーホフ戯曲である本作は、2021年3月に上演予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため公演2日前に中止が決定した。
「この作品は観客の前で上演して初めて完成する」という主宰・松本光生の強い思いから、一部キャストを変更して、一年半ぶりの再挑戦となる。

コロナ禍の中 人との距離が強く意識されるいま
わかり合うということはどういうことなのか?
これが いま上演すべき「かもめ」の 本当の姿だ
公演ホームページ https://hatsubirokou.jimdofree.com/
出演 森郁月 / 新垣亘平 / 吉富英治 / 平子亜未 / 草g智文 / 千賀由紀子 / 大木明 / 井手麻渡 / 高田賢一 / 松本光生
スタッフ 原作: アントン・チェーホフ / 上演台本・演出: 松本光生 / 照明: 露ア嘉一 / 音響: 日影可奈子 / 宣伝写真: スイヤスモリ / 場内: 橘佳世 / 制作: 佐藤紘子
公演スケジュール <期間>
2022年9月20日 (火) 〜2022年9月25日 (日)

<公演日・開演時間>
9月20日(火) 19時
9月21日(水) 19時
9月22日(木) 19時ディスタンス回
9月23日(金祝) 13時/18時
9月24日(土) 13時/18時
9月25日(日) 13時

※ディスタンス回は、通常よりも販売数を減らし
 間隔を設けた客席設置をします
※開場は、開演の30分前
チケット 全席自由:3,500円(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由:3,500円(税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
会場 下北沢小劇場B1
備考
団体概要 2015年、松本光生を中心に結成された。
「待つ存在から、発信する存在へ」がメインコンセプト。
公演毎に参加するアーティストが集まり、作品を企画、上演する団体である。
第2回公演からは、団体代表の松本光生が上演台本、演出を担当している。
年2回のペースで公演を行い、ストレートで丁寧な作品創りに定評がある。

関連情報

関連サービス


ページトップへ