CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 伝統芸能・演芸のチケット情報 > 祈りの表現 能楽と琉球舞踊

むすびの会20周年記念事業 人間国宝によるお話と実演 祈りの表現 能楽と琉球舞踊

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


むすびの会20周年記念事業 人間国宝によるお話と実演 祈りの表現 能楽と琉球舞踊

公演期間

2022年8月10日 (水)

会場

銕仙会能楽研修所

取扱チケット

一般:4,000円
(全席自由・整理番号付き・税込)

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。


一般販売

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

【ご観劇にあたってのお願い】
※席や発熱などの症状がある方、体調に不安がある方はご来場をお控えください。
※ご来場の際は必ずマスクをご着用いただき、場内では「咳エチケット」をお守りください。
※受付やお手洗いなど、列にお並びの際はソーシャルディスタンスの確保にご協力ください。
※その他、場内では銕仙会能楽研修所の観劇規定に沿ってお過ごし下さいますようお願い申し上げます。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 【演目】
琉球舞踊「稲まづん」
 志田房子(重踊流宗家 人間国宝)

琉球舞踊「かぎやで風」
 志田真木(重踊流二世宗家)
 比嘉聰(組踊音楽太鼓 人間国宝)

能楽 舞囃子「弓八幡」
 馬野正基(観世流シテ方)
 大倉源次郎(大倉流十六世宗家 小鼓方 人間国宝)

----------------------

琉球舞踊 古典女踊り 「稲まづん」
五穀豊穣を祈る予祝の舞。往時は稲粟の稔りが豊かな御代「世果報」につながると信じられていました。現在は稲穂を持って踊りますが、昔は団扇を持って踊られたと伝えられています。

古典舞踊 「かぎやで風」
琉球王国時代、国王や国賓の御前で上演した『御前風』五曲の一つで、今日ではお祝い事の座開きに演奏されます。「今日の喜びは何にたとえることができましょう。まるで蕾の花が朝露を受けてぱっと開くような心持ちです」という意の歌詞で晴れやかな気持ちを表現します。この演目には、国家安泰や子孫繁栄を願う祈りの心が込められています。

能楽 舞囃子 「弓八幡」
後宇田院の臣下が男山八幡宮(石清水八幡宮)の神事に参詣すると、弓を錦の袋に包み持った老人が現れ、桑の弓と蓬の矢にて世を治めた物語りをし、自分は高良の神と名乗って姿を消す。その後高良の神がその姿を現し、舞を舞って御代を祝う。
神舞物の中では、「高砂」と「弓八幡」が真之神舞と云われ、とても重要に扱われます。桑の弓は魔除けとされ、袋に包まれた桑の弓は天下太平の世を表しています。舞囃子にて、高良の神の颯爽とした神舞をご覧ください。

お話
志田房子
比嘉聰
大倉源次郎
波照間永子(司会/明治大学教授)
公演ホームページ https://www.musubinokai.org/20220810.html
出演 志田房子(琉球舞踊 重踊流宗家/人間国宝) / 大倉源次郎(能楽小鼓方 大倉流十六世宗家/人間国宝) / 比嘉聰(組踊音楽太鼓/人間国宝) / 志田真木(琉球舞踊 重踊流二世宗家) / 馬野正基(能楽シテ方 観世流能楽師/重要無形文化財総合認定保持者) / 波照間永子(司会/明治大学教授) / ほか
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2022年8月10日 (水)

<公演日・開演時間>
2022年8月10日(水) 13:30 開場/14:00 開演
チケット 一般:4,000円
学生:2,000円
(全席自由・整理番号付き・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般:4,000円
(全席自由・整理番号付き・税込)

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
会場 銕仙会能楽研修所
備考
団体概要

関連サービス


ページトップへ