CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > 音楽座ミュージカル「ラブ・レター」【11月公演】

音楽座ミュージカル 音楽座ミュージカル「ラブ・レター」【11月公演】

メインチラシ画像

音楽座ミュージカル 音楽座ミュージカル「ラブ・レター」【11月公演】

公演期間

2022年11月3日 (木・祝) 〜2022年11月6日 (日)

会場

草月ホール

取扱チケット

SP席:12,100円
SS席:11,000円
A席:8,800円
(全席指定・税込)
※5歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


一般販売

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



公演情報詳細・注意事項

公演内容 主人公・高野吾郎は新宿・歌舞伎町で汚れ仕事を請け負って暮らしている。なんとなく日々をすごしている吾郎のもとにある日、一通の「死亡通知書」が届く。それは「高野白蘭」という“妻”が亡くなったという知らせだった。顔も名前もしらない妻の死亡通知に戸惑う吾郎だったが、やがてそれが小金欲しさに偽装結婚をした相手の中国人のものだと思い出す。一年ほど前に知り合いのヤクザ・佐竹から斡旋されて戸籍を売ったのだ。困った吾郎は佐竹の事務所に相談に駆け込むが、逆に遺体を引き取りに行くよう命じられてチンピラのサトシとともに千倉に向かう。
どうして自分が引き取りに行かなくてはいけないのか。しかし、道中で白蘭からの手紙を読み、彼女の生きた軌跡をたどっていくうち、吾郎の心は思わぬ変化を遂げていくー
公演ホームページ http://www.ongakuza-musical.com/
出演 音楽座ミュージカル
スタッフ 原作: 浅田次郎(「ラブ・レター」(集英社文庫『鉄道員』所収)) / 脚本・演出・振付: ワームホールプロジェクト / 音楽: 高田浩、井上ヨシマサ、金子浩介 / 美術: 久保田悠人 / 衣裳: 原まさみ / ヘアメイク: 川村和枝 / 照明: 望月太介、塚本悟 / 音楽監督: 高田浩 / 音響: 小幡亨 / 歌唱指導: 桑原英明 / 製作著作・主催: ヒューマンデザイン / 協力: 一般財団法人草月会、草月文化事業株式会社 / メインビジュアル: ニコラ・ド・クレシー
公演スケジュール <期間>
2022年11月3日 (木・祝) 〜2022年11月6日 (日)

<公演日・開演時間>
2022年
11月3日(木・祝)13:00開演
11月4日(金)19:00開演
11月5日(土)13:00開演
11月6日(日)13:00開演
SP席 12,100円 / SS席 11,000円 /A席 8,800円(税込)

※開場は、開演の30分前
チケット SP席:12,100円
SS席:11,000円
A席:8,800円
(全席指定・税込)
※5歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください

<カンフェティ取扱チケット>
SP席:12,100円
SS席:11,000円
A席:8,800円
(全席指定・税込)
※5歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。

会場 草月ホール
備考 本公演は、“文化庁 子供文化芸術活動支援事業※”に採択されており、11月3日(木・祝)13:00開演、4日(金)19:00開演、6日(日)13:00開演の回で5歳〜18歳のお子様の無料招待を行います。

■音楽座ミュージカル「ラブ・レター」シネVR特別版(2D編)
開催日時:11月5日(土)13:00開演
会場:草月ホール
ご参加料金:SP席 12,100円<配信付>/SS席 11,000円<配信付>/A席 8,800円(全席指定・税込)
概要:音楽座ミュージカル「ラブ・レター」公演の映像収録回をご覧いただく特別企画。作品全編の映像収録回をご覧いただいたあと、部分的な特別撮影などもあわせてご覧いただけます。
※映像収録のためのカメラが入ります。場合によっては舞台の前にカメラを設置する可能性もあります。
配信について:同回をSP席・SS席でご観劇の皆様は12月に予定されている配信を無料でご視聴いただくことができます。
(ご観劇当日に視聴方法を配布予定。詳細は決定しだい随時告知します)。
団体概要 1987年の旗揚げから現在に至るまで、一貫したテーマのオリジナルミュージカルを創り続けています。それぞれの作品は「生きる」ことの根源を問いかける精神性とオリジナリティを高く評価され、文化庁芸術祭賞、紀伊國屋演劇賞、読売演劇大賞など多くの演劇賞を受賞しています。

関連情報

関連サービス


ページトップへ