CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 音楽のチケット情報 > 松下 耕と世界 今を生きる作曲家の群像

一般社団法人東京国際合唱機構 松下 耕と世界 今を生きる作曲家の群像

メインチラシ画像

一般社団法人東京国際合唱機構 松下 耕と世界 今を生きる作曲家の群像

公演期間

2022年10月14日 (金)

会場

東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

取扱チケット

一般(前売):4,000円
学生(前売):3,000円
高校生以下(前売):2,000円
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら


一般販売

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・出演者、スタッフの検温ならびに体調確認を日々行っています。
・出演者、スタッフのこまめな手洗い、手指の消毒を徹底しています。
・参加団体はガイドラインに基づき、感染防止対策を徹底し合唱を行います。
・お客様にも会場入り口での消毒および検温をお願いしています。37.5度以上の発熱が見られた場合、ご入場をお断り致します。
・体調不良のお客様、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方のご入場をお断り致します。
・退場は、客席のエリアごとに時間差で行います。
・出演者等への花束やプレゼント、楽屋口等での出待ちはお断りしています。
・お荷物のお預かりはお断りしています。

【ご来場の皆様へお願い】
・ご来場の際は、ワクチンを接種された方を含めマスクの着用をお願いします。
・ごみは全てお持ち帰りください。また、会場内での飲食はご遠慮ください。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 「松下 耕と世界 今を生きる作曲家の群像」のテーマの下、世界各国で活躍する著名な作曲家16名に、新作を委嘱。
彼らがこのコンサートのために書き下ろした混声・男声・女声・児童合唱作品を、松下 耕率いる耕友会の合唱団が世界初演します。

※本公演の実施については今後の新型コロナウイルス感染症の状況により変更・中止になる場合がございます。予めご了承ください。
※公演中止の場合を除き、お客様の体調不良および新型コロナウイルス感染、出演団体の変更等によるチケットの払い戻しは致しません。チケットご購入の際には、ご自身の体調や環境を踏まえご判断くださいますようお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染症の拡大により、プログラムが変更になる場合がございます。
※本公演の購入時にご登録のお名前、緊急連絡先などは、万が一来場者から新型コロナウイルス感染者が発生した場合など、必要に応じて保健所などの公的機関へ提供させていただく場合がございます。
※未就学児の方も入場は可能です。ただし、演奏の妨げになるような場合は係員の指示にてご退場をお願いする場合がございます。
※車いすをご利用のお客様は、東京国際合唱機構までお問合せ下さい。
※当日は、収録用カメラが入ります。予めご了承ください。

==============

■作曲家
Ivo Antognini(イーヴォ・アントニーニ):スイス
Javier Busto(ハビエル・ブスト):バスク
Ambrož Čopi (アンブロジュ・チョピ):スロベニア
Rihards Dubra(リハルズ・ドゥブラ):ラトビア
Ēriks Ešenvalds(エーリクス・エセンヴァルズ):ラトビア
Levente Gyöngyösi(レヴェンテ・ジェンジェシ):ハンガリー
Stephen Leek(スティーヴン・リーク):オーストラリア
Paweł Łukaszewski(パヴェウ・ウカシェフスキ):ポーランド
Matteo Magistrali(マッテオ・マジストラーリ):イタリア
Vytautas Miškinis (ヴィタウタス・ミシュキニス):リトアニア
Damijan Močnik(ダミヤン・モチュニク):スロベニア
György Orbán(ジェルジュ・オルバーン):ハンガリー
John August Pamintuan(ジョン・オーガスト・パミントゥアン):フィリピン
Urmas Sisask(ウルマス・シサスク):エストニア
Barna Szabó(バルナ・サボー):ハンガリー
千原英喜:日本

■合唱団
【合唱集団 THE MET】
作曲家・合唱指揮者松下 耕が音楽監督を務める合唱団の集合体(耕友会)で、複数の合唱団により結成された合唱団の総称。
混声は “The Metropolitan Chorus of Tokyo(東京メトロポリタン合唱団)” 女声は “St. Cecilia Vocal Creators(聖セシリア女声合唱団)” 男声は “Orpheus Menʼ s Choir(オルフェウス男声合唱団)” という名称で活動を続けている。この演奏会では、児童合唱団みなみ野キッズシンガーズも参加し、演奏する。これまでの活動は、2015 年、アメリカ・ソルトレイクシティで行われたアメリカ合唱指揮者協会の全米カンファレンスで招待演奏、2016 年、韓国・ 釜山国際合唱コンクールで招待演奏、2017年、第50回記念和歌山県合唱祭で招待演奏、2018年、新日本フィルハーモニー交響楽団とベートーヴェン第九交響曲を演奏など、精力的な活動を続けて来た。
また、2015年より、新たな合唱音楽のレパートリーの発信と合唱音楽の更なる普及を目的とし始まった ”日本国際合唱作曲コンクール” の受賞作品の世界初演を担当している。

■音楽総監督・指揮者: 松下 耕
1962年東京生まれ。作曲家、合唱指揮者。国立音楽大学作曲学科首席卒業。卒業後、ハンガリーに渡り、合唱指揮法及び作曲法を学ぶ。レメーニ・ヤーノシュ、エルデイ・ペーテル、モハイ・ミクローシュ他に師事。作曲家として生み出している作品は、合唱曲を中心として多岐にわたり、それらの作品は世界各国で広く演奏されており、同じく楽譜も、国内外で出版が相次いでいる。これまでに、国内およびポーランド、中国、台湾において個展が開催された。深圳では深圳交響楽団によりオーケストラ作品の初演も行われた。

同時に、東京合唱アライアンス〈耕友会〉芸術総監督として、混声・男声・女声・児童合唱計13団体の指揮を務めている。各合唱団は精力的な活動を繰り広げ、ヨーロッパの数々の国際合唱コンクールにおいて、グランプリ等優秀な成績をあげている。また、関西耕友会、台湾・台北メールクワイアの音楽監督も務めている。耕友会以外では、国内で2団体の常任指揮者に就任しているほか、各国の合唱団の客演指揮者として招聘されている。

2005年、合唱音楽における国際的かつ優れた活動が認められ、「ロバート・エドラー合唱音楽賞」をアジア人で初めて受賞した。現在、ヨーロッパ、アジア各国で国際合唱コンクールの審査員として、国際作曲コンクールの審査員として、また講習会の講師としても活躍中である。

最近の活動としては、2015年2月、アメリカ、ユタ州ソルトレイクシティで行われたアメリカ合唱指揮者協会ACDA主催の国際合唱カンファレンスに合唱団とともに招待され、その演奏は好評を博し、また、作曲家セッションのパネラーとして参加した。また、2016年3月、国際バッハアカデミーシュトゥットガルトの招聘を受け、ドイツ・シュトゥットガルト音大において自作品のワークショップを行い、ザールブリュッケン室内合唱団により委嘱新作“De profundis clamavi”が世界初演された。2017年には、スペイン・バルセロナで行われた世界合唱シンポジウムの芸術委員を務め、同シンポジウムに於いて、混声合唱曲”Salva me”が世界初演された。さらに、同年、台北に於いて、4群の男声とオルガン、弦楽四重奏、打楽器による“Te Deum”が、イギリス、ドイツ、アメリカ、台湾の演奏者により世界初演された。

第85回(2018年度)NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲「出発」を作曲。通算5曲目。2019年、国際コダーイ協会シンポジウム(マレーシア・クチン)にて、基調講演を行った。

代表作品・合唱曲〈オーケストラと混声合唱のためのカンタータ 水脈速み〉〈オーケストラと混声合唱、独唱者のためのMissa pro pace〉〈信じる〉(NHK全国学校音楽コンクール課題曲)〈混声合唱とピアノのための やわらかいいのち〉〈女声合唱とピアノのための 三つの詩編〉他多数。他に、管弦楽作品〈De Profundis〉〈黙礼〉(深圳交響楽団のために作曲)、吹奏楽曲〈Resurrection – For Wind Orchestra〉(浜松市文化振興財団委嘱)など。

一般社団法人東京国際合唱機構代表理事。耕友会芸術総監督。軽井沢国際合唱フェスティバル総合音楽監督。東京国際合唱コンクール総合プロデューサーおよび芸術監督。日本国際合唱作曲コンクール芸術監督。アジア合唱協会理事。イタリア合唱指揮者協会名誉会員。Interkultur World Choir Council日本代表評議員。東京都合唱連盟理事。全日本合唱連盟青少年委員。日本作編曲家協会会員。日本合唱指揮者協会会員。国際コダーイ協会会員。神戸女学院大学特別客員教授。
公演ホームページ https://www.km60th.icot.or.jp/
出演 ■合唱団 【合唱集団】THE MET: The Metropolitan Chorus of Tokyo(東京メトロポリタン合唱団)、St. Cecilia Vocal Creators(聖セシリア女声合唱団)、Orpheus Menʼ s Choir(オルフェウス男声合唱団) / 児童合唱: みなみ野キッズシンガーズ / ■音楽総監督・指揮者: 松下 耕
スタッフ 主催: 一般社団法人 東京国際合唱機構 / 主管: 「松下 耕と世界」実行委員会 / 音楽総監督・指揮者: 松下 耕
公演スケジュール <公演日>
2022年10月14日 (金)

<公演日・開演時間>
開場17:30
開演18:30
終演21:30
(予定)
チケット 前売 一般:4,000円 学生:3,000円 高校生以下:2,000円
当日 一般:4,500円 学生:3,500円 高校生以下:2,500円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般(前売):4,000円
学生(前売):3,000円
高校生以下(前売):2,000円
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
会場 東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル
備考
団体概要 一般社団法人 東京国際合唱機構は、我が国と世界の合唱音楽の更なる普及と振興のために設立されました。合唱を通した国際交流を通して、文化的平和活動を行ってまいります。また、児童・青少年の育成事業も行っていく予定です。

現在『軽井沢国際合唱フェスティバル』『日本国際合唱作曲コンクール』『東京国際合唱コンクール』を主催し、日本とアジア、そして広く世界の合唱界の発展と、合唱を通した国際交流の更なる緊密化と活性化に貢献すべく活動しています。

関連サービス


ページトップへ