CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

劇団こむし・こむさ 劇団こむし・こむさ第8回公演 よそのくに

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


劇団こむし・こむさ 劇団こむし・こむさ第8回公演 よそのくに

公演期間

2022年11月2日 (水)

会場

シアターX(シアターカイ)

取扱チケット

前売:2,800円
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


一般販売

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・出演者、スタッフの体調確認を日々行っています。
・お客様にも劇場入口での検温をお願いしています。37.5度以上の発熱が見られた場合、ご入場をお断り致します。
・受付はソーシャルディスタンスを確保しています。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 「ここに生きる」と思い、そこに生きる。
「ここ」を選ぶのは誰でもない、自分自身でありたい。
けれど、もし、「ここに生きろ」と誰かに強制されたとしたら……?
まして、その誰かが、「よそのくに」であったとしたら……?

「16人目の拉致被害者」として認定されている田中実さん。
「拉致の可能性を排除できない」とされている金田龍光さん。
2人はともに、神戸市東灘区のラーメン店の店員だった。
1978年に田中実さんが、その翌年には金田龍光さんが、あいついで失踪……。
『よそのくに』は、今も未解決の状況におかれている事件にスポットを当てて、演劇化したものです。

『よそのくに』は、2020年に公演を予定していたものの、コロナ禍のために中止を余儀なくされた作品でしたが、2021年、第33回テアトロ新人戯曲賞佳作に選んでいただくことができました。
一度は上演を断念した作品ですが、さらに内容を練り上げて、よりよいお芝居をご覧いただけるよう、熱く取り組んでおります。
公演ホームページ http://www.ichikiyo.com/komushi.htm
出演 市川清文 / 中島康太郎 / 今野好江 / 青木一代 / 荘司あや子 / 野村勇
スタッフ 音響: 市来邦比古 / 照明: 安達直美 / 舞台監督: 田中新一
公演スケジュール <公演日>
2022年11月2日 (水)

<公演日・開演時間>
11月2日(水)14:00/18:30

※開場は、開演の30分前
チケット 前売:2,800円
当日:3,000円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
前売:2,800円
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)

会場 シアターX(シアターカイ)
備考
団体概要 1968年〜1971年にかけて公演活動をおこなっていたメンバーが、43年ぶりに劇団に再結集し、2014年に「劇団こむし・こむさ 復活公演」をおこないました。
かつてのメンバーに若い力も加わって、
「オリジナル作品の上演」
「今、このとき、表現したいこと、表現しなければならないことの演劇化」
の2つをコンセプトにかかげ、これまで7回の公演を実施してきました。
コロナ禍、そしてロシアのウクライナへの軍事侵攻……。
「今、このとき」という認識の上にたった演劇の創造の必要性が、ますます強まっているように感じる今、劇団こむし・こむさらしい歩みを今後も続けてまいります。

関連サービス


ページトップへ