CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > YOU-PROJECT第22回公演『ぐるぐる-countless traces-』さくらの森編

YOU-PROJECT ソリテュード<孤独>一人芝居シリーズ YOU-PROJECT第22回公演『ぐるぐる-countless traces-』さくらの森編

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


YOU-PROJECT ソリテュード<孤独>一人芝居シリーズ YOU-PROJECT第22回公演『ぐるぐる-countless traces-』さくらの森編

公演期間

2022年9月18日 (日) 〜2022年9月19日 (月・祝)

会場

枚方市立楠葉生涯学習市民センター大集会室

取扱チケット

一般 2,000円
大学生 1500円
中高生 500円
小学生以下 無料(保護者同伴が必要)
劇団応援チケット 5000円※
※ 劇団応援チケットとは、一般料金との差額で劇団を支援するチケットです。
1, 000円割引!一般 2,000円 → カンフェティ席1,000円!
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


一般販売 特別価格

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



公演情報詳細・注意事項

公演内容 YOU-PROJECT第22回公演
ソリテュード<孤独>一人芝居シリーズ
『ぐるぐる―countless traces—』さくらの森編

 作:クスキユウ (氏田敦『入院メモ』より)
演出:松浦友 出演:氏田敦(劇団冬芽舎)

“ぐるぐる、てくてく。よりみち、まわりみちして、歩いてく。”

劇団の稽古場のようなところで、俳優が一人座っている。開演時刻になったのか“前説”を始め、急にチェーホフ「ワーニャ伯父さん」のセレブリャコフを演じたり、かと思うと入院中の苦労話を観客相手につらつらと話し始める。彼は話しながら、演じながら歩き回る。ぐるぐる、ぐるぐる・・・と。

作・演出より
“思いもよらないことがいつ誰にでも起きる”
実は“死”について扱っています。でも、そんな大それた感じじゃなく、よくある「死を受け入れる」とか「みんな最後は死ぬんだから」っていう諦めとは違う、生き方・もがき方をこそ、描きたいのです。
“死”っていうのはやはり不合理です。「永遠に生きたって飽きちゃうよ」みたいなのって、ただの強がりだと思うんですよね。演劇作ってて「もっといい作品を創りたい!!」って強く思います。え?こんだけしか時間ないの?嘘でしょ!おかしいよ、そう感じます。「あとはもう死ぬだけだから・・・」と言って何か新しいことを始めたり、新しいことを知らないでいようとする人がいたら「それは違うでしょう」と言いたい。
だからと言って、それが前面に出ているわけじゃないのが、この作品の面白いところです。映像と違って、見るところを完全には指定しきれないのが、演劇の限界であり、無限に各人の受け取り方が広がる素敵さでもあります。観客の皆様一人一人が、頭の中で作り上げたものがこの作品です。

出演:氏田 敦(劇団冬芽舎)
京都市生。劇団冬芽舎〈休止中〉代表・俳優 。劇団京都小劇場を振り出しに活動開始。劇団カオスを経て冬芽舎へ 。京都を拠点に関西の舞台で活動。冬芽舎俳優教室1〜16期まで指導、放送芸術学院・大阪アニメーションスクール専門学校元講師('95〜'16)など後進の育成にも尽力。劇団活動休止後も独り他劇団への出演を続け現在に。

登場人物
入院と手術を機に声の不調に苦しんだ俳優。現在は劇場で、チェーホフの短編「煙草の害について」をモチーフに描いた戯曲を上演中。妻がおり、姉が一人いて、その息子、つまり甥と土地を巡って若干の係争中。娘が離れた所に住んでいるが疎遠ではなく、入院していた時には見舞いに来てくれ、そこまで孤独なわけではない。
尾崎放哉、小林一茶の俳句などをよく引用し、聖書にも造詣が深い。今までシェイクスピアを始め、チェーホフやブレヒトなど多彩な役を多様な発話で演じてきた。「さくらの森の桜守」という現在上演中の戯曲作者が書いた絵本の読み聞かせを児童館などでやっている。
公演ホームページ http://you-project.com/
出演 氏田敦(劇団冬芽舎)
スタッフ 作: クスキユウ / 演出: 松浦友 / 舞台監督: 渡川知彦 / 照明: 廣瀬良二 / 音響: 木塚國人 / 舞台美術: A.Shida × T.M. / 衣装: Naomi M.
公演スケジュール <期間>
2022年9月18日 (日) 〜2022年9月19日 (月・祝)

<公演日・開演時間>
2022年9月18日(日)15:30 開演
19日(月・祝)14:30開演
(開場は20分前、上演予定時間40分)
チケット 一般 前売:2,000円 当日:2,500円
大学生 1500円、中高生 500円 小学生以下 無料(保護者同伴が必要)
劇団応援チケット 5000円※
※ 劇団応援チケットとは、一般料金との差額で劇団を支援するチケットです。
(全席自由・税込)

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
一般 2,000円
大学生 1500円
中高生 500円
小学生以下 無料(保護者同伴が必要)
劇団応援チケット 5000円※
※ 劇団応援チケットとは、一般料金との差額で劇団を支援するチケットです。
1, 000円割引!一般 2,000円 → カンフェティ席1,000円!
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)

会場 枚方市立楠葉生涯学習市民センター大集会室
備考
団体概要 2000年設立。「そこに在る演劇」という信念のもと、演劇が、どこか遠い場所の無関係な営みではなく、日常と繋がることで、新たな視点を獲得する作品づくりを目指す。旗揚げ公演『ハーフ』は、座付作家クスキユウにより書き下ろされ、2006年に再演。2012年には小説化された(文芸社刊)。『ジュリエット-Juliet Capulet-』、『ワーニャ伯父さん!』など名作古典劇の再構成も手掛ける演出の松浦友は、2004、2005年と演出者協会主催若手演出家コンクール二次審査選出。2013年『橋の上の男』でギィフォワシイコンクールヤマキ賞受賞。2019年利賀演劇人コンクール第一次上演審査で、『温室の前』(岸田國士・作)が「作品の世界を最も的確に表現している」と評される。

関連情報

関連サービス


ページトップへ