CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > 小坊主ずいてん/くるみ割り人形

人形劇団プーク 小坊主ずいてん/くるみ割り人形

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


人形劇団プーク 小坊主ずいてん/くるみ割り人形

公演期間

2022年11月3日 (木・祝) 〜2022年11月27日 (日)

会場

プーク人形劇場

取扱チケット

全席自由(一般):3,190円(税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら


一般販売

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

本公演は万全な感染防止対策を講じています。劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(公益社団法人全国公立文化施設協会作成)、舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(緊急事態舞台芸術ネットワーク作成)、定員は、東京都のロードマップに従います。

▽詳しい対策についてはこちらをご覧ください。
プーク人形劇場
https://puk.jp/taisaku2/

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 『小坊主ずいてん』
 北の奥の山寺で修行を始めた小坊主のずいてん。和尚が出かけたある晩、ひとり留守番をしていますと、山に住むいたずら好きの子狐のコンが現れて…。化かし、化かされ、ナント和尚まで巻き込んでの大騒動!

『くるみ割り人形』
糸あやつり、棒づかい、手づかい、からくり・・・様々な形式を駆使した人形たちが、次々と飛び出してきます。「行進曲」をはじめ、「スペインの踊り」「アラビアの踊り」など、民族色豊かな色彩の衣裳をまとった人形たちの踊りで、世界を旅してください。
公演ホームページ https://puk.jp/zuikuru/
出演 滝本妃呂美 / 柴崎喜彦 / 前田佳奈英 / 佐藤翔太 / 勝二春陽 / 四方隆互
スタッフ 『小坊主ずいてん』 原作: 斎藤隆介(新日本出版社刊) / 脚色: 星野毅 / 演出: 長谷詔夫 / 人形美術: 岡部久義 / 装置: 斉藤英一 / 音楽: 長沢勝俊 / 音響効果: 吉川安志 / 『くるみ割り人形』 チャイコフスキー原曲による 構成・演出プラン: 川尻泰司、長谷詔夫 / 演出: 大橋友子 / 編曲: 宮崎尚志 / 美術: 若林由美子 / 共通スタッフ:照明: 阿部千賀子 / 舞台監督: 柴崎喜彦 / 制作: 井上幸子
公演スケジュール <期間>
2022年11月3日 (木・祝) 〜2022年11月27日 (日)

<公演日・開演時間>
2022年
11月3日(木)10:30/14:00
11月5日(土)10:30/14:00
11月6日(日)10:30
11月12日(土)10:30/14:00
11月13日(日)10:30/14:00
11月26日(土)10:30/14:00
11月27日(日)10:30/14:00

※開場は、開演の30分前です。
チケット 全席自由:3,190円(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(一般):3,190円(税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
会場 プーク人形劇場
備考
団体概要 1929年創立。
2019年には劇団創立90周年を迎えた。
東京・新宿には人形劇専門劇場「プーク人形劇場」があり、
年間を通して公演を行っている。プーク人形劇場は2021年に50周年を迎えた。
劇場を拠点に、全国での公演のほか、時には海外でも上演。
映像部門の「スタジオ・ノーヴァ」ではテレビの人形劇製作に携わっている。

関連情報

関連サービス


ページトップへ