CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > ボリス・ゴドゥノフ

新国立劇場 2022/2023シーズン オペラ 新国立劇場 開場25周年記念公演/モデスト・ムソルグスキー ボリス・ゴドゥノフ

メインチラシ画像

新国立劇場 2022/2023シーズン オペラ 新国立劇場 開場25周年記念公演/モデスト・ムソルグスキー ボリス・ゴドゥノフ<新制作>

公演期間

2022年11月15日 (火) 〜2022年11月26日 (土)

会場

新国立劇場 オペラパレス

取扱チケット

S席:27,500円
A席:22,000円
B席:15,400円

(全席指定・税込)

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。


一般販売 座席選択可

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みと主催公演ご来場の皆様へのお願い

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 新国立劇場 開場25周年記念公演
モデスト・ムソルグスキー
ボリス・ゴドゥノフ<新制作>
Boris Godunov / Modest Mussorgsky
プロローグ付き全4幕〈ロシア語上演/日本語及び英語字幕付〉

Introduction
はじめに

簒奪者ゴドゥノフの破滅への転落
ロシア・オペラの金字塔


『エウゲニ・オネーギン』『夜鳴きうぐいす/イオランタ』に続くロシア・オペラの新制作。ロシア国民楽派「ロシア五人組」のムソルグスキーが完成させた唯一のオペラ『ボリス・ゴドゥノフ』を、ポーランド国立歌劇場との共同制作により、同劇場芸術監督のマリウシュ・トレリンスキの演出で新制作上演します。 『ボリス・ゴドゥノフ』はロシア動乱時代の皇帝ボリス・ゴドゥノフの戴冠から死までを描くプーシキンの戯曲を原作とし、有力者たちの策謀と民衆の叫び、そしてボリスの苦悩がシェイクスピア史劇のように展開する悲劇です。音楽は近代性に満ち、ロシア民謡やロシア正教伝統の教会音楽に基づく斬新な和声が用いられ、ロシア国民音楽の金字塔として燦然と輝く傑作です。
演出を手掛けるトレリンスキは映画監督出身、現代的な解釈と美学で音楽の本質的な美しさを引き出し、欧米で目覚ましい活躍をしている演出家。大野和士芸術監督とのタッグは、トレリンスキがインターナショナル・オペラ・アワード最優秀演出家賞を獲得した世界的話題作『炎の天使』以来となります。性格表現に秀でたギド・イェンティンス、アーノルド・ベズイエンら強力な布陣で、自らの行為によって追い詰められていくボリス・ゴドゥノフの破滅と権力闘争のドラマをお届けします。

なお、今回の上演では、1869年の原典版と1872年の改訂版を折衷し上演します。

Storyものがたり
【プロローグ】戴冠式を前に群衆が集まっている。ゴドゥノフは最高位の僧ピーメンと緊張関係にあるが、儀礼的にその指輪に口づけをする。幼いドミトリー皇子の死の幻影に慄くゴドゥノフだが、戴冠式の彼の演説は人々の心を掴む。

【第1幕】6年後。ピーメンは僧グリゴリーに、自分こそ現皇帝に殺害されたドミトリーの生まれ変わりと信じ込ませていた。宮殿へ向かうグリゴリーは二人の僧と共に宿屋に立ち寄る。追手が到着するが、僧たちに惨殺される。

【第2幕】ゴドゥノフは数年の支配に疲れ切っている。娘クセニアは婚約者の死を悼み、息子フョードルは、将来の自分の治世の展望を話して、父の涙を誘う。ゴドゥノフの臣下シュイスキーは、皇帝の弱みに付け込むことを思い立ち、ゴドゥノフにウグリッチで目撃したことを克明に語り聞かせる。彼の地での行為を思い起こすゴドゥノフの前に、死んだドミトリーの天使のような姿の幻影が現れる。宮殿に迫るドミトリーの詐称者は、復讐の天使なのだろうか。

【第3幕】ゴドゥノフはまたも悪夢を見る。ウグリッチから来た子供たちがゴドゥノフを取り囲む。フョードルが憎しみに満ちた目で父を見る。父の罪を非難しているのだ。現実にフョードルは高熱で朦朧とし、「ゴドゥノフがドミトリーを殺害した」という聖愚者による糾弾を繰り返している。
無秩序状態の議会へゴドゥノフが登場。シュイスキーは狂乱寸前の皇帝を嘲笑う。ピーメンが人々の病を癒すという亡きドミトリーの幽霊の話をし、ゴドゥノフを挑発する。ゴドゥノフは苦しみながら己の罪を告白する。そこへドミトリーの名を語る詐称者が登場、議会は混乱に陥る。死を悟ったゴドゥノフはフョードルを呼び、お前がすぐ支配者になるだろうと力づける。

【フィナーレ】集団の暴動が連鎖する中、ドミトリーの詐称者は自らが新たな皇帝であることを宣言する。

*本あらすじは演出に準拠しています


※新型コロナウイルス感染症の影響により、公演内容や招聘スタッフ・キャストに変更が生じる場合があります。
公演ホームページ https://www.nntt.jac.go.jp/opera/borisgodunov/
出演 ボリス・ゴドゥノフ: ギド・イェンティンス / フョードル: 小泉詠子 / クセニア: 九嶋香奈枝 / 乳母: 金子美香 / ヴァシリー・シュイスキー公: アーノルド・ベズイエン / アンドレイ・シチェルカーロフ: 秋谷直之 / ピーメン: ゴデルジ・ジャネリーゼ / グリゴリー・オトレピエフ(偽ドミトリー): 工藤和真 / ヴァルラーム: 河野鉄平 / ミサイール: 青地英幸 / 女主人: 清水華澄 / 聖愚者の声: 清水徹太郎 / ニキーティチ/役人: 駒田敏章 / ミチューハ: 大塚博章 / 侍従: 濱松孝行 / 合唱: 新国立劇場合唱団 / 管弦楽: 東京都交響楽団
スタッフ 指揮: 大野和士 / 演出: マリウシュ・トレリンスキ / 美術: ボリス・クドルチカ / 衣裳: ヴォイチェフ・ジエジッツ / 照明: マルク・ハインツ / 映像: バルテック・マシス / ドラマトゥルク: マルチン・チェコ / 振付: マチコ・プルサク / ヘアメイクデザイン: ヴァルデマル・ポクロムスキ
公演スケジュール <期間>
2022年11月15日 (火) 〜2022年11月26日 (土)

<公演日・開演時間>
11月15日(火) 14:00
11月17日(木) 19:00
11月20日(日) 14:00
11月23日(水・祝) 14:00
11月26日(土) 14:00

予定上演時間:約2時間45分(休憩含む)
※大幅に変更になる場合は、後日あらためて公式HPにてご案内いたします。正式な上演時間は開幕直前の表示をご確認ください。

※ロビー開場は開演60分前、客席開場は開演45分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、託児サービス、バックステージツアーは当面休止させていただきます。

【分散来場のお願い】
新型コロナウイルス感染拡大予防を目的とした混雑緩和のため、分散来場にご協力ください。
お席の階によって、下記時間帯にご来場されることをおすすめいたします。

■2,3,4階のお客様:開演 30分前まで
■1階のお客様:開演30分前〜 開演15分前 まで
チケット S席:27,500円
A席:22,000円
B席:15,400円
C席:8,800円
D席:5,500円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
S席:27,500円
A席:22,000円
B席:15,400円

(全席指定・税込)

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
会場 新国立劇場 オペラパレス
備考 ※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
 こちらの公演は購入者の氏名及び連絡先を確認した上で販売されます。

※感染予防に対応した適切な距離を保つため、1階1列〜2列の座席は販売いたしません。
※通常の座席配置(1階1列〜2列を除く)での販売を予定しております。
※政府及び東京都の判断により、イベント収容率の制限に変更が生じた場合は、途中でチケットの販売を停止する場合がございます。
※就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
※壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
※公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
※公演中止、および新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインによる対象※者を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
※新型コロナウイルス感染症の影響またはやむを得ない事情により、公演内容やスタッフ・キャストに変更が生じる場合があります。

※本プロダクションでは、聖愚者は歌唱のみの出演となります。
団体概要

関連サービス


ページトップへ