CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > ピーターとおおかみ/わにがまちにやってきた

人形劇団プーク 紀伊國屋ホール 2023年お正月公演! ピーターとおおかみ/わにがまちにやってきた

メインチラシ画像

人形劇団プーク 紀伊國屋ホール 2023年お正月公演! ピーターとおおかみ/わにがまちにやってきた

公演期間

2023年1月2日 (月・祝) 〜2023年1月5日 (木)

会場

紀伊國屋ホール

取扱チケット

全席指定:3,190円(税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら


一般販売 座席選択可

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



公演情報詳細・注意事項

公演内容 「ピーターとおおかみ」
おじいさんと深い森の中で暮らすピーターのまえに一匹の大きな灰色おおかみがあらわれ、ともだちのアヒルをペロリ。ピーターはおおかみをつかまえようとロープを手に木に登り・・・ 世界中のこどもたちに愛されているプロコフィエフ原作の管弦楽用の同作品を、ロバの音楽座によるヨーロッパの古楽器とプークの人形たちで織りなす「ピーターとおおかみ」、新しい人形劇の世界の誕生です。

「わにがまちにやってきた」
 むかしロシアのペトログラード大通りに、突然ワニが歌を歌いながら現れたから大騒ぎ!そのいでたちは洒落た服装に帽子をかぶり、葉巻をプカプカ。勇ましいワーニャ坊やが立ち向かうと、ワニの言うことには・・・。
公演ホームページ https://puk.jp/wanipi23/
出演 滝本妃呂美、柴崎喜彦、前田佳奈英、佐藤翔太、勝二春陽、四方隆互
スタッフ 「わにがまちにやってきた」
原作/K・チュコフスキー (岩波書店刊 「わにがまちにやってきた」より)
訳/内田莉莎子 
脚色/安尾芳明 
演出/栗原弘昌
美術デザイン/宮本忠夫 
人形構造/斉藤英一
音楽/宮崎尚志 
編曲 宮崎道

「ピーターとおおかみ」
作・原曲/セルゲイ・プロコフィエフ 
構成・演出/西本勝毅 
美術デザイン/長場 雄 
美術製作/佐久間弥生 
音楽/松本雅隆、上野哲生 
演奏/ロバの音楽座 

共通スタッフ
照明/阿部千賀子
音響効果/吉川安志
舞台監督/柴崎喜彦
制作/石田伸子
公演スケジュール <期間>
2023年1月2日 (月・祝) 〜2023年1月5日 (木)

<公演日・開演時間>
2023年
1月2日(月)14:00
1月3日(火)10:30/14:00
1月4日(水)10:30/14:00
1月5日(木)10:30

※開場は、開演の30分前
チケット 全席指定:3,190円(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:3,190円(税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
会場 紀伊國屋ホール
備考
団体概要 1929年創立の日本で最も歴史ある現代人形劇団。現代人形劇の確立と発展に長年寄与し、数々の表現技法を生み出す。2019年には創立90周年を迎えた。全国各地での公演の他、1958年の国際人形劇連盟(ウニマ)日本支部の立ち上げ以降、海外交流も活発に行い、共同制作・招聘公演・海外フェスティバルへの招待参加など実績多数。

1971年には日本初の常設人形劇場としてプーク人形劇場を建設、2021年に50周年を迎えた。新宿を拠点に年間約300回の「人形劇団プーク」子ども向け公演や定期的に行われる大人向け公演の他、毎年世界の優れた人形劇を紹介する「世界の人形劇シリーズ」をはじめ、伝統人形劇の紹介や映画会、講演会、あかちゃんcafe 等々、日本の人形劇センターとして現在も活動の幅を広げている。

また、プークのテレビ部門「スタジオノーヴァ」も2020年に50周年を迎え、NHK教育テレビ「いないいないばあっ!」「ざわざわ森のがんこちゃん」や三谷幸喜脚本「シャーロックホームズ」など、多岐に渡る映像に特化した人形劇も手がけている。

この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

12の月のたき火【カンフェティ1月号掲載】のチラシ画像

12の月のたき火【カンフェティ1月号掲載】

2022年12月24日 (土) 〜2023年1月9日 (月・祝)

プーク人形劇場

殺人鬼フジコの衝動☆配信チケットのチラシ画像

殺人鬼フジコの衝動☆配信チケット

2022年3月15日 (火) 〜2023年3月25日 (土)

Confetti Streaming Theater

舞台「玉蜻 〜新説・八犬伝」のチラシ画像

舞台「玉蜻 〜新説・八犬伝」

2023年2月10日 (金) 〜2023年2月19日 (日)

EX THEATER ROPPONGI


関連情報

関連サービス


ページトップへ