CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 伝統芸能・演芸のチケット情報 > 全国能楽キャラバンin東京 喜多流公演

全国能楽キャラバンin東京 喜多流公演

メインチラシ画像

全国能楽キャラバンin東京 喜多流公演

公演期間

2023年1月4日 (水)

会場

十四世喜多六平太記念能楽堂(喜多能楽堂)

取扱チケット

S席:8,000円
A席:7,000円
B席:6,000円
(全席指定・税込)

-----------------------------------
<観劇好きシニア応援キャンペーン>
お電話予約でも「座席選択」可能
-----------------------------------


こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター0120-240-540(平日 10:00~18:00)


一般販売 座席選択可

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・会場入り口前で手指の消毒、検温を実施させていただきます。体温が37.5℃以上の方、あるいは体調の悪い方のご入場はお断りさせていただくことがございます。

当能楽堂は、政府、公益社団法人全国公立文化施設協会などのガイドラインに基づき、感染拡大防止のための対策ガイドラインを定めています。なお、本ガイドラインの内容は、新型コロナウイルス感染の地域における動向や専門家の意見などを踏まえ、必要に応じて適宜改訂 を行うものとさせていただきますので、ご来場の前には当能楽堂 HPにてご確認ください。お客様におかれましても、ご自身の感染予防とともに周りのお客様にご配慮いただけますよう、何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染対策ガイドライン
http://kita-noh.com/covid-19-guidelines/

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 ―あらすじ―

「翁」(おきな)
「翁は能にして能にあらず」と言われ、他曲とは別格に扱われ、形式が全く異なり天下泰平、国土安穏、五穀豊穣を祈る神事として演じられ、戯曲的な構成はない。
初めに〈翁渡りといい、千歳、翁、番叟三につづき、素模、侍烏帽子の最高礼装の囃子方、後見、地謡方の順に出て、三番叟以下は橋掛かりで待ち、正面での翁の一礼の後、一同所定の位置につき、 演奏が始まる。まず、三挺の小鼓が打ち出し、翁の謡出しにつづき、千歳が舞いを始める。その舞の間にシテの翁は白式尉の面(切顎という頭のところ で2つに分かれ、飾眉を貼り付けた他にない特色です、また目をへの字にくりぬき笑いと福顔をた たえている)をつけ終わり、荘重な翁の舞となる。
舞終わると面をとり、礼をして退場する。これを 《翁帰り、という。この後三番叟の舞となり、始めに 面をつけず、掛声を掛けながら舞う(採の段》を舞う。
その後黒式尉という面をつけて鈴を振りながら舞う(鈴の段〉の舞の後、面と鈴を置き退場し、演奏がおわる。 (約六十五分)

「佐渡狐」(さどきつね)
都へ年貢を納めに行く途中で、同じ目的である越後の百姓と佐渡の百姓が出会った。同じ百姓で気が合ったのか旅を続けると、越後の百姓が「佐渡には狐がいないだろう」と言う。悔しさのあまり佐渡の百姓は「佐渡にはたくさんの狐がいる」と言い張り、刀を賭ける。しかし佐渡には狐はいない。狐を知らない佐渡の百姓は都の領主の館の奏者へ賄略を使って狐が佐渡にいることにしてもらい、狐の姿を教わった。越後の百姓と裁断を仰ぐと越後の 百姓は佐渡に狐がいることに驚く。そして館から出た後に、今度は狐の鳴き声を聞かれてしまう...。 (約三〇分)

「夢殿」(ゆめどの)
東国の旅僧が法隆寺に参拝し、夢殿に向かう。そこへ老翁が現れ、おもむろに先導しつつ、行信僧都の発願、三経義疏にまつわる神秘的な説話などを語り、太子が片岡山において飢人をあわれみ救われ たことから、太子の生誕、十七条憲法の理念に及ぶ。かくて両者が相伴って飢人を葬ったひつぎの前に 到ると、老翁はたちまち金色の光を放って消え失せる。〈中人〉後場は、聖徳太子が黒駒に乗って富士 山上を駆けり、遠く北越の空を巡られたという説話によって、夢の精の化現が実相義・一乗法の発顕高揚をしめす。「金色の人」というのは、太子が師として迎えた高麗の慧慈法師について、経文を講 究せられたとき、その義を問われて、恵慈法師にも答えられないところがあると、太子の夢に「金人」が現れて、不明の個処を教えた。さめてのち太子は、その旨を師に伝え、師もまた領解したことが一再にとどまらなかったと法王帝説などにあるのに拠る。かくして成った太子の三経(法華・勝鬘・維摩)の義疏は、「大委国上宮私集、非海彼本」としるされたほど独創的なものといわれる。
(昭和三十五年刊謡本「夢殿」喜多流新編入曲)より) (約八〇分)
公演ホームページ https://www.nohgaku.or.jp/caravan2022/performance/detail/20230104_tokyo
出演 喜多流 「翁」
シテ:香川靖嗣
千歳:野村眞之介
三番叟:野村拳之介
笛:杉信太朗
小鼓:大倉源次郎
大鼓:亀井洋佑
脇鼓:飯冨孔明・田邊恭資
後見:内田安信・塩津哲生
地謡:佐藤寛泰・粟谷充雄・粟谷浩之・友枝真也・谷大作・大村定・出雲康雅・粟谷明生

狂言 和泉流「佐渡狐」
シテ・奏者:野村萬
アド・越後の国の百:河野佑紀
アド・佐渡の国の百:野村万之丞

能 喜多流「夢殿」
前シテ・老翁:中村邦生
後シテ・聖徳太子:中村邦生
ワキ・僧:森常好
アイ・門前の者:野村万蔵
笛:藤田貴寛
小鼓:森澤勇司
大鼓:柿原弘和
太鼓:金春惣右衛門
後見:友枝昭世・友枝雄人
地謡:塩津圭介・大島輝久・佐々木多門・佐藤陽・内田成信・狩野了一・長島茂・金子敬一郎
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2023年1月4日 (水)

<公演日・開演時間>
1月4日(水)
12:00開場/13:00開演 - 16:10終演予定
チケット S席:8,000円
A席:7,000円
B席:6,000円
C席:5,000円(1階桟敷席)
D席:4,000円(2階席)
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
S席:8,000円
A席:7,000円
B席:6,000円
(全席指定・税込)

-----------------------------------
<観劇好きシニア応援キャンペーン>
お電話予約でも「座席選択」可能
-----------------------------------


こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター0120-240-540(平日 10:00~18:00)
会場 十四世喜多六平太記念能楽堂(喜多能楽堂)
備考 ・開演中の途中入場はお断りいたします。
・未就学児童のご入場はご遠慮ください。
・やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。
・許可なき写真・ビデオ撮影、及び録音はお断りいたします。
・客席での携帯電話やスマートフォンなど音や光の出る電子機器のご利用はお断りいたします。
・感染防止のため、2階ラウンジでのご飲食は短時間にてお済ませくださいますようお願いいたします。
・喜多能楽堂は全館禁煙です。屋外喫煙所をご利用ください。
・お席を離れる場合は貴重品、お手回り品にご注意ください。盗難・紛失についての責任は負いかねます。
・係員の指示に従っていただけない際には退場していただく場合がございます。
団体概要

関連サービス


ページトップへ