CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 伝統芸能・演芸のチケット情報 > 大槻秀夫師三十三回忌追善能

大槻秀夫師三十三回忌追善能

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


大槻秀夫師三十三回忌追善能

公演期間

2023年2月11日 (土・祝)

会場

大槻能楽堂

取扱チケット

一般:8,000円
学生:4,000円
(全席自由・税込)

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。


一般販売 手数料0円

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



公演情報詳細・注意事項

公演内容 【演目】
能《通小町‐雨夜之伝‐》赤松禎友
狂言《惣八》善竹彌一郎
能《砧》武富康之
舞囃子《融‐酌之舞‐》大槻文藏(文化功労者・人間国宝)
能《乱》山田薫
他に仕舞、連吟

能《通小町‐雨夜之伝‐》
 比叡山の麓、八瀬の里で修行中の僧は、毎夜訪ねて来る女が「小野」という名をほのめかしつつ「市原野の姥」と名のって消えたので、女が小野小町の亡霊だったと気づく。そこで供養をしようと市原野へ出かけると、小町に続いて現れた深草少将の怨霊が、小町の成仏を妨げようとするが、僧に罪障懺悔をすすめられて、生前の「百夜通い」の様を見せ、小町の亡霊とともに成仏する。
  《通小町》では、少将の妄執の原因は、百夜通いが挫折したことよりも、「思ひもよらぬ車の榻に。百夜通へと偽り」と、小町の言葉が嘘だったことをあげている。嘘と知らずに待ち焦がれた百夜目に、嬉しく衣裳を整え、祝いの酒のことを考えたが、飲酒戒を守ろうと思いなおした、その、少将が仏の教えを一瞬でも思ったことが悟りの道に通じたというのだ。
 小書(特殊演出)「雨夜之伝」は、囃子の演奏のみで舞台を廻る「立廻」で、笠を落して探す態を見せるなど暗い雨の夜道を通う姿を写実的に表現する。

狂言《惣八》
 有徳人(うとくじん=裕福な商人)が出家(僧)と料理人を募集する高札を立てたところ、志願してきたのは訳ありの二人で、一人はろくに経も読めない元料理人の出家、もう一人は精進料理しか作ったことのない元出家の料理人、惣八だった。有徳人は早速、出家に読経を命じ、惣八には魚の調理を命じて出て行く。――
 さて、戻って来た有徳人が見た二人の仕事ぶりはいかに。ミスマッチが面白く、魚を調理する様子も楽しい。

能《砧》
 訴訟のために夫は都に留まって三年。九州蘆屋の里で待つ妻のもとへは侍女の夕霧が戻り、夫の帰国が年の暮れになると伝えられた。秋の長夜、里人の打つ砧の音が聞こえ、妻は、我が想いよ夫に届けと砧を打った。月下の里に響きわたる砧の音が虫の音と交じり、忍び泣きの声に重なる。ところが、夫からはこの秋も帰らぬと知らせが届き、夫の心変わりを確信した妻は病の床に伏したまま亡くなった。〈中入〉ようやく帰国した夫は、梓弓にかけて妻の魂を呼び寄せた。やつれ果てた姿で現れた妻の亡霊は、恋慕の妄執のために地獄で苦しんでいると訴えて夫の不誠実を責めるが、法華経の功徳によって成仏する。思えばあの砧の音が仏果を得る機縁となったのだ。
 謡の聞かせどころが多く、晩秋のもの哀しさに濃艶な情念を見事に融合させた世阿弥晩年の自信作。前場の終りに、荒涼たる風景の中に佇む女の姿を「声も枯野の虫の音の。乱るゝ花心」と表現する色彩感覚、その「花心」を終曲部では「法(のり)の花心」というふうに仏法の花心に照応させて法華経に掛けるなど、観るほどに聴くほどに、味わい深い傑作である。

舞囃子《融‐酌之舞‐》
昔、源融左大臣が、陸奥国千賀の塩竃の風景を写して塩焼く風情を楽しんだという六条河原院。今は見る影もなく草木が鬱蒼と生い茂る広大な廃墟に、中秋の月とともに現れた融大臣が在りし日の姿で舞う。
 小書(特殊演出)「酌之舞」は、拍子に合わない「イロエ(立廻)」が二段あり、《翁》と同じ型(天地人之拍子)をした後に、常座で下居にて立拝(たっぱい)して、三段の「早舞」になる。

能《乱》
 中国の唐代。金山の麓の揚子の里に高風という孝行息子がいた。夢の告げに従い市で酒を売った高風は、富貴の身となったが、市のたびに酒を飲みに来る不思議な男がいた。男の正体は海中に棲む猩々。秋風吹く潯陽の江の畔で待つ高風の前に、猩々が現れて月下に舞い戯れる。
 シテの装束は白足袋以外赤ずくめ、面も赤ら顔の専用面の「猩々」をかける。舞を常の「中之舞」ではなく特殊な「乱」にする時、曲名を《乱》《猩々乱》とし、重い習物になる。「乱」は、笛が固有の地を吹き、リズムも緩急の変化に富んでいて、シテは頭を振ったり、ヌキ足・乱レ足・流レ足など特殊な足遣いで猩々が水上で波を蹴立てつつ酔い戯れ舞うさまを表現する。
公演ホームページ https://noh-kyogen.com
出演 能《通小町‐雨夜之伝‐》赤松禎友
狂言《惣八》善竹彌一郎
能《砧》武富康之
舞囃子《融‐酌之舞‐》大槻文藏(文化功労者・人間国宝)
能《乱》山田薫
他に仕舞、連吟
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2023年2月11日 (土・祝)

<公演日・開演時間>
2月11日(土・祝) 13:00開演(12:15開場)
※18:30頃終了予定
チケット 一般:8,000円
学生:4,000円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般:8,000円
学生:4,000円
(全席自由・税込)

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
会場 大槻能楽堂
備考
団体概要

関連サービス


ページトップへ