CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > ペリクリーズ

演劇集団円 ペリクリーズ

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


演劇集団円 ペリクリーズ

公演期間

2023年3月1日 (水) 〜2023年3月8日 (水)

会場

シアターX(シアターカイ)

取扱チケット

一般:5,500円
夜割り5,000円〈3/1を除く19:00開演の回〉
プレビュー公演4,800円〈3月1日(水)19:00〉
(全席指定・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【GETTIIS販売】※別サイトへ移動します。。
・事前にGETTIISの[新規会員登録(無料)] が必要です。
 ※カンフェティ会員とは異なります。
【電子チケット(れすQ)選択可公演】(※カード決済のみ)
(れすQ)の詳細はこちらよりご確認ください。


一般販売 座席選択可

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

〇出演者、スタッフは毎日検温、消毒等を行い、健康観察・体調管理に努めます。
〇劇場スタッフはマスクを着用いたします。
〇劇場内の座席など、多くのお客様が触れる部分の消毒をいたします。
〇お客様のご来場の際は、マスクの着用、手指の消毒ならびに検温をお願いいたします。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 ツロの大公ペリクリーズは、アンティオケの王女に求婚するも父娘のおぞましい関係を見抜いたため命を狙われ逃亡する。その最中ペンタポリスで国王の娘サイサと結婚し、故郷ツロへ帰航するが嵐に襲われる。船上でサイサは娘マリーナを出産するが命を落とし、柩に入れられ海に葬られる。マリーナをタルソの太守クリオン夫妻に託したペリクリーズはツロへと戻る。
14年の歳月が経ち、娘との再会を心待ちにしていたペリクリーズはクリオンから娘が亡くなったと聞かされ絶望するが、偶然にも誘拐されミティリーニで売春宿に売られていたマリーナと対面する。再会に歓喜するペリクリーズの前に女神ダイアナが現れ自分の神殿に行けと告げる。そこで待っていたのは死んだはずの妻サイサであった。
公演ホームページ http://www.en21.co.jp
出演 藤田宗久/磯西真喜/上杉陽一/石井英明/玉置祐也/石原由宇/清田智彦/相馬一貴/杉浦慶子/大橋繭子/新上貴美/友岡靖雅/古賀ありさ
スタッフ 作:W・シェイクスピア
翻訳:安西徹雄
演出:中屋敷法仁
美術:乘峯雅寛/照明:佐々木真喜子/音響:藤田赤目/衣裳:西原梨恵
公演スケジュール <期間>
2023年3月1日 (水) 〜2023年3月8日 (水)

<公演日・開演時間>
3月1日(水)19:00★プレビュー
3月2日(木)19:00
3月3日(金)14:00
3月4日(土)14:00/19:00
3月5日(日)14:00
3月6日(月)14:00
3月7日(火)14:00/19:00
3月8日(水)14:00

※開場は、開演の30分前です。
チケット 一般:5,500円
夜割り5,000円〈3/1を除く19:00開演の回〉
プレビュー公演4,800円〈3月1日(水)19:00〉
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般:5,500円
夜割り5,000円〈3/1を除く19:00開演の回〉
プレビュー公演4,800円〈3月1日(水)19:00〉
(全席指定・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【GETTIIS販売】※別サイトへ移動します。。
・事前にGETTIISの[新規会員登録(無料)] が必要です。
 ※カンフェティ会員とは異なります。
【電子チケット(れすQ)選択可公演】(※カード決済のみ)
(れすQ)の詳細はこちらよりご確認ください。
会場 シアターX(シアターカイ)
備考
団体概要 1975年に故・芥川比呂志を中心に劇団雲から独立、今年48年を迎えます。
円が目指しているのは、東西を問わず最大級の古典から今日の最新の作品までを広く視野に収め、そこに通底するはずの真に劇的なものとは何かを自由に柔軟に問い続けるということです。古典から最新作までの翻訳作品の上演のほか、現代劇作家の書き下ろし作品にも意欲的に取り組んでおり、そのレパートリーの多様さには定評があります。

関連情報

関連サービス


ページトップへ