CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > KOTEN劇「スカパンの悪巧み」

KOTEN劇「スカパンの悪巧み」

メインチラシ画像

KOTEN劇「スカパンの悪巧み」

公演期間

2023年6月22日 (木) 〜2023年6月25日 (日)

会場

甘棠館Show劇場

取扱チケット

全席自由 一般:3,500円(税込)

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター0120-240-540(平日 10:00~18:00)


一般販売

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



公演情報詳細・注意事項

公演内容 2023年で設立から23年目を迎える「甘棠館Show劇場」。
「演劇」「音楽」「落語」「お笑い」と商店街にある劇場として多くの利用者に親しまれてきた。
特に演劇においては地域の劇団の黎明期は必ずと言っていいほど利用し、多くの劇団が、ここから産声を上げてきた。
今回「甘棠館Show劇場」で育った若手俳優や、これからの福岡の演劇界を牽引し、
さらに羽ばたくであろう才能とベテラン陣がコラボしモリエールの代表作の一つ喜劇「スカパンの悪巧み」に挑戦する。

あらすじ
舞台は、ナポリ、言葉は『博多弁』。スカパンは、口がうまくて世渡り上手。
仲間のシルヴェストルは器用な彼がちょっとうらやましい。彼らはそれぞれオクターヴとレアンドルの従僕。
年頃の二人は揃って恋に夢中だ。イアサントと勝手に籍まで入れたオクターヴ。
何も知らない父親が、突然、結婚話を持ってきた。資産家の父親に逆らったら、何の取り柄もないオクターヴは間違いなく一文無し。
同じころ、レアンドルは大好きなゼルビネットをジプシーから取り返すため膨大な金が必要に。
しかも残された時間はあと2時間。
たすけて!スカパン!「それじゃあその金はね、あんたらの親父さんからいただくことにしましょう」どうやら秘策があるらしい。
スカパンは、いったいどんな手を使うのか?そして愛し合う恋人たちの恋の行方はいかに?
公演ホームページ https://kantoukan-scapin.localinfo.jp
出演 アルガント(オクターヴとゼルビネットの父):村上差斗志(FOURTEEN PLUS 14+)
ジェロント(レアンドルとイアサントの父):仲谷一志(劇団ショーマンシップ座長)
オクターヴ(アルガントの息子、イアサントの恋人)Hiroki
レアンドル(ジェロントの息子、ゼルビネットの恋人):椎木樹人(万能グローブガパゴスダイナモス・代表)    
ゼルビネット(レアンドルの恋人):ソフィア(Neo-Impact)
イアサント(オクターヴの恋人):伊藤優絵瑠(HKT48)
スカパン(レアンドルの従僕。悪巧みの名人):上条拳斗
シルヴェストル(オクターヴの下僕):大和屋満福
ネリーヌ(イアサントの乳母):杉山英美
カルル(スカパンの友人):土居祥平(ワタナベエンターテインメント)
スタッフ 原作:モリエール
脚色:市岡洋
演出:仲谷一志
音楽:山浦弘志(Yamaura office)
舞台美術デザイン:市岡洋(舞台工房ジャンクランド) 
舞台監督:山口泰弘(劇団ショーマンシップ)
舞台製作:舞台工房ジャンクランド  
照明:good Light  
音響:北原一樹(劇団ショーマンシップ)  
振付指導:緒方文(ANB TAP Dance Studio) 
衣裳:フルタニチエコ
公演スケジュール <期間>
2023年6月22日 (木) 〜2023年6月25日 (日)

<公演日・開演時間>
06月22日(木) 19:00
06月23日(金) 19:00
06月24日(土) 14:00 / 19:00
06月25日(日) 14:00 / 19:00

※開場は開演の30分前
チケット 全席自由 一般:3,500円(税込)
※当日は1,000円プラス

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由 一般:3,500円(税込)

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター0120-240-540(平日 10:00~18:00)
会場 甘棠館Show劇場
備考 【主催】協同組合唐人町プラザ甘棠館
【協力】唐人町商店街連合会
【後援】福岡市、公益財団法人福岡市文化芸術振興財団
団体概要 「唐人町西地区再開発ビル」の建設されたこの場所は、かつて亀井南冥が西学問所・甘棠館(かんとうかん)を開いたところです。
ここから青雲の志を持った人達が数多く世に送り出されました。
この地にちなみ、快適な住空間と商業機能の融合を目的に、広場を中心とした「唐人町プラザ・甘棠館」が建設されました。
二階に地域コミュニティの核となる会議場施設を設置し、商店街の集客力の向上と来街者の滞留時間の延長を目指し、平成13年4月より正式にオープンしました。
「唐人町プラザ・甘棠館」は、幾つもの新しい試みを歴史的な香に包んで、地域社会に提案しています。

関連サービス


ページトップへ