CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > 『あかんべえ』【武蔵野】

劇団前進座  前進座爽秋公演  『あかんべえ』【武蔵野】

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


劇団前進座 前進座爽秋公演 『あかんべえ』【武蔵野】

公演期間

2023年10月12日 (木)

会場

武蔵野市民文化会館 大ホール

取扱チケット

A席:8,500円/B席:5,000円/C席:3,500円
(全席指定・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
※カンフェティ会員とは異なります。


一般販売 座席選択可

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・出演者、スタッフの体調確認を日々行い、こまめな手洗い、手指の消毒を徹底しています。
・お客様にも、引き続き体調管理にご留意いただき、体調不良のお客様は来場をお控えいただきますようお願い致します。また、劇場内及び観劇中のマスクの着用を推奨します。
・受付、売店などはソーシャルディスタンスを確保しています。
・劇場入口、劇場内の各所に手指消毒用の消毒液を設置しています。
・劇場内の定期的な消毒を行っています。
・上演中、休憩時間等に定期的に換気を行っています。
・お客様対応スタッフはマスク等を常時着用しています。
・万が一の際、緊急連絡が必要となりましたら、お申込者様のお名前、ご連絡先をおうかがい致しますのでご了承ください。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 幅広い年代から絶大な人気を誇る作家・宮部みゆきの、長編時代小説を初の舞台化。
物語りの舞台は江戸・深川の料理屋「ふね屋」。一人娘・おりんと、なぜか成仏できずに「ふね屋」に居着いている5人の「お化けさん」との交流を軸に、彼らを取り巻く人々の葛藤と再生を描く。
脚本は演出家・俳優としても活躍中の佃典彦氏、演出には文学座の松本祐子氏を迎えて、これまでの前進座とは一味違う、新鮮な舞台をお届けします。
公演ホームページ http://www.zenshinza.com/
出演 おりん=山本春美
ふね屋のお化け・玄之介=藤井偉策
同・おみつ=北澤知奈美
同・笑い坊=松涛喜八郎
同・おどろ髪=松浦海之介
同・お梅=松川悠子
太一郎(おりんの父)=渡会元之
多恵(おりんの母)=上沢美咲
おつた=横澤寛美
島次=中嶋宏太郎
おたか(島次の女房)=黒河内雅子
白子屋長兵衛=上滝啓太郎
おゆう(白子屋の娘)=有田佳代
浅田屋為治郎=寺田昌樹
ヒネ勝=玉浦有之祐
孫兵衛(長屋の差配)=柳生啓介
スタッフ 原作=宮部みゆき
脚本=佃典彦(劇団B級遊撃隊)
演出=松本祐子(文学座)
美術=乘峯雅寛
照明=桜井真澄
音楽=日高哲英
効果=横山あさひ
ステージング=渥美博
舞台監督=小野文隆
演出助手=横山あさひ
公演スケジュール <公演日>
2023年10月12日 (木)

<公演日・開演時間>
10月12日(木)15:00

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間:約2時間30分(休憩15分含む)
チケット A席:8,500円/B席:5,000円/C席:3,500円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
A席:8,500円/B席:5,000円/C席:3,500円
(全席指定・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
※カンフェティ会員とは異なります。
会場 武蔵野市民文化会館 大ホール
備考
団体概要 前進座は、1931年(昭和6年)若き歌舞伎俳優たちによって創立され、本年2022年5月に91周年を迎えた劇団。
戦前戦後の時代から現代まで、都市大劇場から各地小中学校体育館に至るまで、演劇普及に邁進。
歌舞伎をレパートリーに持つ貴重な劇団として知られ、国立劇場大劇場での公演は、前進座の看板公演として1981年から続いていた。
毎年秋には、東京・大阪・名古屋等で、現代劇や時代劇などの都市公演をおこなっている。

関連サービス


ページトップへ