CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > 銀河鉄道の夜

東京演劇アンサンブル 第38回クリスマス公演 銀河鉄道の夜

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


東京演劇アンサンブル 第38回クリスマス公演 銀河鉄道の夜

公演期間

2023年12月23日 (土)

会場

新座市民会館

取扱チケット

一般:2,500円 U18:1,500円
(予約時のチケット番号順の入場/全席自由・税込)
※4歳以上有料、3歳以下膝上無料(お席が必要な場合は有料)。
※U-18チケットを購入のお客様には、入場時に年齢確認のできる身分証をご提示いただく場合がございます。

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
※カンフェティ会員とは異なります。


一般販売

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

国の定めるガイドラインに従っての公演

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 昨年より復活した東京演劇アンサンブルのクリスマス公演、38回目となります。1982年の世界で初めて舞台化した作品として、2018年12月、ブレヒトの芝居小屋での公演を最後にこれまで1800回を越える公演数を数えています。
「ケンタウルスつゆを降らせ」と星空に願いをこめての叫びを、かなえられない望み、動かしようのない現実を変えたいという、人間の祈りとして、幻想4次元を創造します。歴史に埋もれた、沢山の名もない人々の涙の化石や、人々の本当の幸せのためになら自身を炎となって焼くさそりと出会いながら、銀河を旅するジョバンニ少年は、最後に大切な父親と、最愛の親友との決別を迎えます。
この世界にある人々の祈りや願いは、三次元世界に投影され、変えることができるかもしれない。そんな思いが作品に込められています。
公演ホームページ http://www.tee.co.jp/?p=2510
出演 奈須弘子 / 山崎智子 / 永野愛理 / 永濱渉 / 洪美玉 / 浅井純彦  / 三木元太 / 小田勇輔 / 浅井純彦 /篠原祐哉 / 冨山小枝 / 仙石貴久江 / 雨宮大夢 / 青柳万智子(Co.Ruri Mito) / 鈴木貴絵 / 福井奏美
スタッフ 作: 宮澤賢治 / 脚本: 広渡常敏 / 演出: 小森明子 / 音楽: 林光 / 舞台美術: 岡島茂夫、三木元太 / 映像: 高橋啓祐 / 照明: 真壁知恵子 / 音響: 田村悳 / 衣裳: 八重田喜美子 / 歌唱指導: 吉村安見子 / 舞台監督: 浅井純彦 / 宣伝美術: スズキコージ、奥秋圭 / 制作: 太田昭
公演スケジュール <公演日>
2023年12月23日 (土)

<公演日・開演時間>
2023年12月23日(土)14時
2023年12月24日(日)14時
※開場は、開演の20分前です。
※各日15時45分頃終演予定
チケット 一般:2,500円 U18:1,500円
(予約時のチケット番号順の入場/全席自由・税込)
※4歳以上有料、3歳以下膝上無料(お席が必要な場合は有料)。
※U-18チケットを購入のお客様には、入場時に年齢確認のできる身分証をご提示いただく場合がございます。
※車いすスペースをご利用の場合はチケットご購入の前に会館までお問合せください。
※当日券は各500円増。前売で完売の場合は当日券の販売はありません。

<カンフェティ取扱チケット>
一般:2,500円 U18:1,500円
(予約時のチケット番号順の入場/全席自由・税込)
※4歳以上有料、3歳以下膝上無料(お席が必要な場合は有料)。
※U-18チケットを購入のお客様には、入場時に年齢確認のできる身分証をご提示いただく場合がございます。

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
※カンフェティ会員とは異なります。
会場 新座市民会館
備考
団体概要 戦後日本の新劇活動の一翼を担った演出家・広渡常敏を中心に1954年に創設し、「演劇行為の中に人間の変化の契機をつくる」ことを根底においた創造の集団をめざしてきた。1977年、東京練馬区・武蔵関の辺境に on the corner をこころざして劇場「ブレヒトの芝居小屋」を建設。オープンスペース、ブラックボックス、客席数可変の前衛的な劇場で、約50名の劇団員が、常にアクチュアルな演劇を求めつづけ、時代と世界に向きあった活動を、年間250〜300ステージの規模で展開している。現在の代表は志賀澤子。
モスクワ、ロンドン、イタリア、ベトナム、韓国、ルーマニアなど海外公演実績も豊富。学校演劇への協力にも積極的。

関連サービス


ページトップへ