CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > クラシックのチケット情報 > ヴォーカル・コンソート東京 演奏会「バッハ探求=受難から救済への道」

一般社団法人アートフォーラムNOAN モテット「イエス わが喜び」とカンタータ「キリストは死の呪縛につかれた」を巡って ヴォーカル・コンソート東京 演奏会「バッハ探求=受難から救済への道」

メインチラシ画像

一般社団法人アートフォーラムNOAN モテット「イエス わが喜び」とカンタータ「キリストは死の呪縛につかれた」を巡って ヴォーカル・コンソート東京 演奏会「バッハ探求=受難から救済への道」

公演期間

2024年1月31日 (水)

会場

川口リリアホール 音楽ホール

取扱チケット

一般:4,000円、学生:2,000円
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
※カンフェティ会員とは異なります。


一般販売

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・出演者、スタッフの検温ならびに体調確認を日々行っています。
・出演者、スタッフのこまめな手洗い、手指の消毒を徹底しています。
・37.5度以上の発熱が見られた場合、ご入場をお断り致します。
・出演者等へのプレゼント、お荷物のお預かりはお断りしています。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 Vocal Consort Tokyo ヴォーカル・コンソート東京 演奏会
「バッハ探求=受難から救済へ 魂の軌跡をたどる」
≪Passion, Auferstehung und Freude≫

古楽演奏で注目の合唱団と名手が揃ったオーケストラが出演。J.S.バッハの新たな響きの世界を探求する受難と復活の間で揺れ動く人間の魂を、ブラームスやバッハのモテットやカンタータからたどります。演奏会では特に「受難」の意義に焦点をあて、キリストが苦難を担う意味を探求します。

<演奏曲目>
Jブラームス / モテット 《なぜ悩む人々に光は与えられたか》
J.Brahms Mottete „Warum ist das Licht gegeben dem Mühseligen? “Op.74-1

J.S.バッハ / 「イエス 我が喜び」によるオルガン幻想曲
J.S.Bach Fantasia super "Jesu,meine Freude" BVW713

J.S.バッハ / モテット 《イエスよ、私の喜び》
J.S.Bach Mottete „Jesu,meine Freudee“ BWV 227

(休憩)

C.トゥルヌミール /オルガンによるコラール即興曲 《復活の犠牲に称讃を》(編曲:デュリュフレ)
C. Tournemire Choral-improvisation sur le „Victimae paschali laudes“(arr. by M.Duruflé) 

P.ローソン/ 復活祭の続唱「復活の犠牲に称讃を」(6声のアカペラ曲)
P,Lawson Sequence for Easter Sunday “Victimae paschali Laudes”

*上記2曲の旋律はカンタータ4番で使用されている中世の復活祭用聖歌。作詩はヴィポ Wipo。

J.S.バッハ /カンタータ 第4番 《キリストは死の呪縛につかれた》
J.S.Bach Kantate „Christ lag in Todes Banden“ BWV 4
公演ホームページ https://www.vctokyo.jp/
出演 【指揮】 四野見和敏
【ソリスト】
ソプラノ/佐藤裕希恵 アルト/横町あゆみ テノール/曽部遼平 バス/木谷圭嗣
【合唱/アンサンブル】 ヴォーカル・コンソート東京  
【管弦楽】VCTバロック・オーケストラ
【パイプオルガン独奏】 千田 寧子

<ヴォーカル・コンソート東京メンバー>
ソプラノ I: 池田真紀 石井実香 佐藤裕希恵 森川郁子
ソプラノ II: 大田茉里 大森彩加 小松奈津子
ア ル ト  : 古賀裕子 佐藤智子 新明裕子 新田壮人 横町あゆみ
テノール : 荒木俊雅 曽部遼平 町村 彰 山本和之
バ ス : 阿部大輔 木谷圭嗣 目黒知史 沼田盛也
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2024年1月31日 (水)

<公演日・開演時間>
19:00 Jブラームス / モテット 《なぜ悩む人々に光は与えられたか》
19:20 J.S.バッハ / 「イエス 我が喜び」によるオルガン幻想曲
19:25 J.S.バッハ / モテット 《イエスよ、私の喜び》
19:55 休憩
20:10 C.トゥルヌミール /オルガンによるコラール即興曲 《復活の犠牲に称讃を》(編曲:デュリュフレ)
20:25 P.ローソン/ 復活祭の続唱「復活の犠牲に称讃を」
20:35 J.S.バッハ /カンタータ 第4番 《キリストは死の呪縛につかれた》
21:00 終演

※開場は、開演の30分前です。
チケット 前売 一般 4,000円、学生 2,000円
当日 一般 4,500円、学生 2,500円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般:4,000円、学生:2,000円
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
※カンフェティ会員とは異なります。
会場 川口リリアホール 音楽ホール
備考
団体概要 【合唱/ヴォーカル・コンソート東京 Vocal Consort Tokyo】

指揮者の四野見 和敏が2014年に設立したプロフェッショナルな合唱団。オーディションで選ばれた若手声楽家で編成されている。バロックからロマン派、そして近現代のアカペラの合唱曲をレパートリーに持つ。様々な時代の作品に対応するために、その時代が求める時代様式や歌唱法の統一に重点を置いている。この合唱団は澄んだ柔らかな音色を持っている。音楽批評誌「メルキュール・デザール」では「純度の高い演奏。クリアかつ豊饒な響きに圧倒される」と評価されている。

【管弦楽 / VCTバロック・オーケストラ VCT Barockorchester】
古楽器によるオーケストラで、国内外の第一線で活躍する古楽の名手たちで編成されている。これまでシュッツ、ヘンデル、バッハなどの宗教作品の演奏で高い評価を得ている。言葉に寄り添った演奏でその語感や陰影を描き、透明感のある音色と躍動感で新鮮な音楽を生み出している。

関連サービス


ページトップへ