CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > クロニクル Monochrome Circus

一般社団法人ダンスアンドエンヴァイロメント Monochrome Circus 33周年記念公演 クロニクル Monochrome Circus

メインチラシ画像

一般社団法人ダンスアンドエンヴァイロメント Monochrome Circus 33周年記念公演 クロニクル Monochrome Circus

公演期間

2024年2月3日 (土) 〜2024年2月4日 (日)

会場

京都府立文化芸術会館

取扱チケット

一般:3,500円 U25:3,000円
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
※カンフェティ会員とは異なります。


一般販売

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 1990年に結成し関西のコンテンポラリーダンス界の一翼を牽引してきたMonochrome Circus。その結成33周年を記念して、’90年から’06年までの作品群をダイジェストでお贈りします。

---演目情報---
『#1〜7』’90~’94 
演出:坂本公成
出演:坂本公成、山下残、山瀬茉莉
   
『収穫祭’97』より ’97
振付:坂本公成、森裕子
出演:秋山レナ、岡野桜子、近藤沙羅、小代美遥、中村太勇、西山瑚々、へドゥン世眞、ヘドゥン丹愛、星山有、森川更紗、森裕子

『収穫祭』プロジェクト '96~'05
出演:飯田茂実、荻野ちよ、小倉笑、inesik、坂本公成、森裕子
   
『夏の庭』より「夏なんです」’98
振付・出演:坂本公成、森裕子
 
『HUSAIS』より抜粋 ’99
振付:エラ・ファトゥミ、エリック・ラムルー (仏)
出演:合田有紀、野村香子
  
『泡―沫』より抜粋 '00
振付:坂本公成 
出演:inesik、坂本公成、森裕子

『SKIN/ephemera』より抜粋 '01
振付:坂本公成
出演:inesik、坂本公成

『怪物』より抜粋 '05
振付:坂本公成
音響:真鍋大度(Rhizomatiks)
出演:斉藤綾子

『きざはし』'06
振付:坂本公成+森裕子
出演:ならさきゆきの、森脇康貴
公演ホームページ https://monochromecircus.com/
出演 坂本公成、森裕子、合田有紀、野村香子、inesik、飯田茂実、荻野ちよ、山下残、斉藤綾子、森脇康貴、ならさきゆきの、小倉笑、山瀬茉莉、秋山レナ

畠中三枝バレエ教室より
中村太勇、星山有、へドゥン世眞、小代美遥、岡野桜子、ヘドゥン丹愛、西山瑚々、近藤沙羅、森川更紗

スペシャル・ゲスト
山中透【2月3日(土)】
野村誠【2月4日(日)】
スタッフ 総合演出|坂本公成
演出助手|森裕子
振付家アシスタント|保井岳太
舞台監督|渡川知彦
照明・音響|渡川組
音楽・DJ|山中透(スペシャル・ゲスト)
制作|宮田直人、坂野未歩
宣伝美術|森本達郎
展示アシスタント|ワタナベモモコ
記録写真|金サジ
記録映像|奥田ケン

主催|一般社団法人 ダンスアンドエンヴァイロメント
助成|芸術文化振興基金 舞台芸術創造普及活動
   京都芸術センター制作支援事業
協力|SPACE LFAN、畠中三枝バレエ教室、山本泰輔
公演スケジュール <期間>
2024年2月3日 (土) 〜2024年2月4日 (日)

<公演日・開演時間>
2024年
2月3日(土)19:00
2月4日(日)14:00
※受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前
チケット 前売 一般:3,500円 U25:3,000円
当日 一般:4,000円 U25:3,500円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般:3,500円 U25:3,000円
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
※カンフェティ会員とは異なります。
会場 京都府立文化芸術会館
備考
団体概要 1990年結成。主宰、坂本公成+森裕子。フェスティバル・ドートンヌ(2009年)、混浴温泉世界(2009年) 、瀬戸内国際芸術祭(2010年)、鳥の演劇祭(2012年)など国内外で作品を発表。「身体をめぐる/身体との対話」をテーマにコンタクト・インプロヴィゼーションの普及や開発に興味を持ち、更に空間、コミュニティ、建築、都市とその射程を広げている。代表的な作品に「掌編ダンス集」10作品、grafの家具とのコラボレーション作品『TROPE』、核の問題を扱った『HAIGAFURU-Ash is falling』などがある。坂本は平成19年度京都市芸術新人賞受賞。

関連サービス


ページトップへ