CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > 「509号室-迷宮の設計者」

名取事務所 現代韓国演劇上演 「509号室-迷宮の設計者」

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


名取事務所 現代韓国演劇上演 「509号室-迷宮の設計者」

公演期間

2024年2月16日 (金) 〜2024年2月25日 (日)

会場

下北沢小劇場B1

取扱チケット

全席指定:4,500円(税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
※カンフェティ会員とは異なります。


一般販売 座席選択可

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 「渇愛」「獣の時間」に続きキム・ミンジョン作品を上演します。
「1つの空間、そこで錯綜する3つの時間軸」
南営洞(ナミョンドン)の「対共分室」の一室となる509号室。その一室でそれぞれ異なる時間を生きる人々の物語が繰り広げられる。警察の治安本部という名目だったが、実際には独裁政権に抵抗する民主化運動家や学生に拷問を与え、彼らの多くを死に追いやった場所。その空間を設計した建築家/そこに連行され残虐行為を受けていた一人の学生/対共分室に関するドキュメンタリーを撮る監督、彼らにとって509号室とは。
「建築界の巨匠と呼ばれていた設計者」
南営洞の対共分室を設計した建築家は、当時巨匠と呼ばれていた金壽根(キム・スグン)。この作品は、輝かしい業績を誇る建築家の彼が、なぜこの設計に携わることになったのかという疑問から着想を得たものである。
公演ホームページ http://www.nato.jp/
出演 山口眞司、鬼頭典子、松本征樹、森尾舞、西山聖了、山田定世、紙谷宥志
スタッフ 作:キム・ミンジョン  翻訳・ドラマトゥルク:沈池娟(シム・ ヂヨン)
演出:眞鍋卓嗣
公演スケジュール <期間>
2024年2月16日 (金) 〜2024年2月25日 (日)

<公演日・開演時間>
2月16日(金)19:00
2月17日(土)14:00
2月18日(日)14:00 アフタートーク
2月19日(月)14:00 プレトーク
2月20日(火)19:00
2月21日(水)14:00
2月22日(木)14:00/19:00
2月23日(金・祝)14:00
2月24日(土)13:00/18:00
2月25日(日)13:00

※開場は、開演の30分前です。
チケット 前売:4,500円 当日:5,000円
シニア(70歳以上)・ハンディキャップ:3,500円
学生:1,500円 高校生以下:500円
(全席指定・税込)
※シニア、ハンディ、学生券は名取事務所のみ取り扱い

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:4,500円(税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
※カンフェティ会員とは異なります。
会場 下北沢小劇場B1
備考
団体概要 平成8年設立。演劇プロデュース、コンテンポラリーダンスのプロデュースを主とし、映画制作等とそれに伴う、ワークショップなどを手掛ける。
演劇分野においてはイプセン現代劇連続公演(12作)、別役実海外交流シリーズ等の企画制作、現代韓国演劇上演、カナダ演劇最新作連演劇等を手がけている。また自治体、企業との共同制作、海外公演等の活動を展開している。最近では別役実作「やってきたゴドー」「象」で海外公演を多数プロデュース。2018年第25回読売演劇大賞 優秀作品賞「屠殺人 ブッチャー」、令和2年度(第75回)文化庁芸術祭優秀賞「少年Bが住む家」、2022年紀伊國屋演劇賞団体賞、2023年代十回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞を受賞。

関連情報

関連サービス


ページトップへ