CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > 「ネズミ狩り 2024」【カンフェティ1月号掲載】

劇団チャリT企画 劇団チャリT企画 #37 旗揚げ25周年記念公演第二弾 「ネズミ狩り 2024」【カンフェティ1月号掲載】

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


劇団チャリT企画 劇団チャリT企画 #37 旗揚げ25周年記念公演第二弾 「ネズミ狩り 2024」【カンフェティ1月号掲載】

公演期間

2024年1月6日 (土) 〜2024年1月8日 (月・祝)

会場

ザ・スズナリ

取扱チケット

22名限定!一般4,000円(全席指定・税込) → 3,200円さらに1,000pゲット!(12/28 19時30分更新)

公演当日/翌日分限定! 1/5からTKTS渋谷店浅草店歌舞伎町店26%OFFさらに2,000Cポイント券ゲットで発売予定!
※完売のため、TKTSでの販売はございません※

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540(平日 10:00〜18:00)


割引販売 特別価格 ボーナスポイント

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



公演情報詳細・注意事項

公演内容 <この街に「あの少年」がいるらしい。>
死刑か? 更生か?
実在の凶悪少年犯罪をモデルにしたブラック・コメディ
SNS・スマホ時代 2024年版として13年ぶりのリニューアル再演!

(あらすじ)
舞台は老舗そば屋・南海亭。1年前に店主が少年犯罪に巻き込まれて殺害され、今は娘のナツキが店を切り盛りしている。
店主を殺した少年の裁判が進んでいて、周囲は極刑を望んでいるが、ナツキはそれに反対していた。というのも、店主は生前、元犯罪少年の更生支援に取り組んでおり、ナツキはその父の意志を受け継ぎたいという思いがあったからだった。
そんな折、かつて世間を震撼させた凶悪殺人事件の加害少年が南海亭の従業員として働いているという噂が流れはじめ、街中でその「犯人」捜しが始まる。
公演ホームページ https://www.chari-t.com/
出演 阿比留丈智
みずき
埴生雅人
市原一平
本宮真緒
(以上、チャリT企画)

石田迪子
秦 健豪
中村真知子
内海詩野(演劇集団壺会)
永田紗茅(柿喰う客)
小林まり枝
スタッフ 作・演出:楢原 拓(chari-T)
舞台監督:西山みのり・土居歩
照明:伊藤 孝(ART CORE)
音響:島貫 聡
舞台美術:稲田美智子
衣装:久保田早織
音楽:YODA Kenichi
スチール:鈴木 淳
当日運営:横井佑輔(PlayPlan)
制作:チャリT企画
カンパニースタッフ:内山奈々、下中裕子、松本大卒

協力(50音順):イトーカンパニー、SRプロダクション、演劇集団壺会、太田プロダクション、オランウータン、柿喰う客、SORIFA、地球儀、ピタ、プライマリーフィールド

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【東京ライブ・ステージ応援助成】
主催:劇団チャリT企画
公演スケジュール <期間>
2024年1月6日 (土) 〜2024年1月8日 (月・祝)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
01月06日(土) 15:00
01月07日(日) 14:00 / 18:00
01月08日(月・祝) 13:00 / 17:00
各4〜6名 計22名

※開場は、開演の30分前です。
チケット 一般:4,000円
初日夜割:3,500円(1/6[土]19:00の回のみ)
(全席指定・税込)

※一般以外は劇団のみ取扱い(要身分証提示)
※未就学児入場不可

<トクベツ価格>
22名限定!一般4,000円(全席指定・税込) → 3,200円さらに1,000pゲット!(12/28 19時30分更新)

公演当日/翌日分限定! 1/5からTKTS渋谷店浅草店歌舞伎町店26%OFFさらに2,000Cポイント券ゲットで発売予定!
※完売のため、TKTSでの販売はございません※

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540(平日 10:00〜18:00)
会場 ザ・スズナリ
備考 ※車椅子でご来場の方は事前に劇団までお知らせ下さい。
団体概要 1998年、早大劇研を母体として主宰・楢原拓(chari-T)を中心に旗揚げ。時事ネタや社会問題などのマジメな題材を不謹慎に笑い飛ばすブラックコメディを数多く発表。「ふざけた社会派」として異彩を放つ。

関連情報

関連サービス


ページトップへ