CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 舞台・演劇のチケット情報 > 共犯的戯レゴト The Emotional Syndicate

東京戯園館 座・高円寺 春の劇場30 共犯的戯レゴト The Emotional Syndicate

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


東京戯園館 座・高円寺 春の劇場30 共犯的戯レゴト The Emotional Syndicate

公演期間

2024年3月13日 (水) 〜2024年3月17日 (日)

会場

座・高円寺1

取扱チケット

一般:4,000円
(全席自由・税込)
※未就学児入場不可

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
※カンフェティ会員とは異なります。


一般販売
【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
事前にGETTIISの会員登録が必要です。
カンフェティIDを使用して簡単に登録できる連携設定がおすすめです。

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 ジャズ×舞踏、あたらしい手口によるアザヤカなる凶行・・・・・・。

最初はラジオから、街の片すみで…、誰しも若いころ音楽によって連れ去られた経験があるでしょう。どんな有名人のコンサートにも心動いたことのない僕が、林栄一の演奏に奥底から震えたのは20代初めです。30年の時を経ていまだ健在の林さんのバンドと座・高円寺で共演を果たします!

およそ劇場の発生をさかのぼれば、そこに演劇はなく、音楽と舞踏との混然とした祈りのようなものであったと想像します。多くのことが複雑化され明瞭さを欠いた時代にあらためて劇(ドラマ)の原型のようなものをもたらしたいという気持ちがこの公演のきっかけです。デジタル化のもとにおける簡便な情報入手に毒された現在(いま)こそ、いまだ肉体や生音にこだわっている不器用な大人たちの生きざまを御覧にいれたい。どうぞ皆さん、しばし携帯の電源を切って、いまふたたび音楽に連れ去られる経験を取り戻しに劇場に足をお運びください。

工藤丈輝(舞踏家)

------------------------------
日本発の芸術「Butoh」として海外でも認識をされている「舞踏」。
諸説ありますが、土方巽が1959年に発表した「禁色」が舞踏のはじまりであったと言われています。
独特な身体表現からなる芸術が「舞踏」という名で呼ばれるようになり、海外でも「Butoh」として喝采を持って受け入れられたのが1980年代のことでした。
そんな80年代の末である、89年に日本で上演された玉野黄市の作品「自然のこども」に衝撃を受け、以来、舞踏の道を歩み続けているのが本作の作・演出・出演者である工藤丈輝です。

他者の真似事ではなく、自分が見たいと思う表現を追求しているという工藤丈輝が創り出す作品は、上演回ごとに新たな表現が生まれます。
張り詰めた筋肉の上に浮き出る血管も、滴り落ちる汗も、肉体まるごとが表現の一部である生きた芸術をどうぞお見逃しなく。

主催:東京戯園館
提携:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【東京ライブ・ステージ応援助成】
公演ホームページ http://kudo-taketeru.com/
出演 作・演出:工藤丈輝 林栄一
出演:工藤丈輝、GATOS MEETING
(林栄一、石渡明廣、吉田隆一、山田丈造、後藤篤、岩見継吾、磯部潤)
スタッフ 【美術】黒川通利 【音響】曾我傑 【照明】早川誠司 【舞台監督】森下紀彦 【大道具】蛭田唯詩 【衣装】柴田好 【制作】韓ヨルム、原田和加子
【広報】玉木康晃、長野由利子 【写真】康欣和、ニヤ 【宣伝美術】緒方徹
公演スケジュール <期間>
2024年3月13日 (水) 〜2024年3月17日 (日)

<公演日・開演時間>
3月13日(水)19:30
3月14日(木)19:30
3月15日(金)19:30
3月16日(土)18:00
3月17日(日)15:30
※開場は、開演の30分前です。
※上演時間:約75分
チケット 一般:4,000円(全席自由・税込)
※未就学児入場不可


<カンフェティ取扱チケット>
一般:4,000円
(全席自由・税込)
※未就学児入場不可

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【GETTIIS販売】
※別サイトへ移動します。
※カンフェティ会員とは異なります。
会場 座・高円寺1
備考
団体概要 ◆工藤丈輝◆
1967年仙台市出身。
慶応義塾大学仏文科卒。
在学中より舞台活動を始めるが、舞踏との出遭いが以後の針路を決定づける。
渡米して玉野黄市に師事。和栗由紀夫作品に出演ののち、山海塾に参加。
元藤Y子主宰のアスベスト館ではその封印まで舞踏手のみならず振付まで手がける。
近年はソロを主軸に世界各所を公演、ワークショップして周る。
近作に『荒漠器』、『恐怖の恋』、『飴玉☆爆弾』、『蹠の剃刀』などがある。

◆GATOS MEETING◆
2008年、林栄一が「(当時)家にたくさんいる猫の食事代を稼がなければならない」と決意しバンドを結成。
カルテット編成で活動を開始。一時はツインベース・ツインドラムの九人編成にまで拡充。バンド名も決まり、2012年、1stアルバム『Gatos Meeting』を発表。その後、紆余曲折を経て現在の陳容となる。2011年/2014年「寿町フリーコンサート」出演。2017年「横濱ジャズプロムナード」出演。現在は新宿ピットイン等の都内ライブハウスを中心に精力的な演奏活動を行っている。

◎バンドメンバー
林栄一(alto sax)
石渡明廣(guitar)
吉田隆一(baritone sax)
山田丈造(trumpet)
後藤篤(trombone)
岩見継吾(bass)
磯部潤(drums)

この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

『箱根山の美女と野獣』『三浦半島の人魚姫』【逗子公演】のチラシ画像

『箱根山の美女と野獣』『三浦半島の人魚姫』【逗子公演】

2024年2月28日 (水)

逗子文化プラザ なぎさホール

新国立劇場の演劇『デカローグ7〜10』[プログラムD・E交互上演]のチラシ画像

新国立劇場の演劇『デカローグ7〜10』[プログラムD・E交互上演]

2024年6月22日 (土) 〜2024年7月15日 (月・祝)

新国立劇場 小劇場

トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団 2024年日本公演【神奈川】のチラシ画像

トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団 2024年日本公演【神奈川】

2024年5月26日 (日)

神奈川県民ホール 大ホール

苫野美亜プロデュース Dance Performance LIVE #9 Contemporary Dance Pieces II ☆配信チケットのチラシ画像

苫野美亜プロデュース Dance Performance LIVE #9 Contemporary Dance Pieces II ☆配信チケット

2023年12月29日 (金) 〜2025年1月24日 (金)

Confetti Streaming Theater

新国立劇場の演劇『デカローグ5〜6』[プログラムC]のチラシ画像

新国立劇場の演劇『デカローグ5〜6』[プログラムC]

2024年5月18日 (土) 〜2024年6月2日 (日)

新国立劇場 小劇場


関連情報

関連サービス


ページトップへ