CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 小佐田定雄

小佐田定雄

小佐田定雄



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小佐田 定雄(おさだ さだお、1952年2月26日 - )は、日本の演芸研究家、演芸作家、落語作家、狂言作家。関西演芸作家協会会員。本名、中平定雄。大阪府大阪市生まれ。1974年に関西学院大学法学部卒業。妻は、弟子のくまざわあかね。

来歴

中学生の頃に、桂米朝やSF作家の小松左京が出演する番組「題名のない番組」(ラジオ大阪)を聴いて落語に興味を持つ。関西学院大学法学部では古典芸能研究部に没頭。

卒業後火災保険会社のサラリーマンをしながら落語会通いをする。1977年に桂枝雀に宛てて新作落語「幽霊の辻」を郵送したことで認められ、落語作家デビュー。1987年まで2足のわらじでサラリーマンを続けていたが退社し本格的に落語作家に転進。以後上方の新作や滅びた古典落語などの復活、改作や江戸落語の上方化などを手掛ける。

現在は狂言などの研究や大学での講師としても活躍している。弟子には同じく作家のくまざわあかね(現・夫人)がいる。

1988年に上方お笑い大賞秋田実賞。1989年度咲くやこの花賞文芸その他部門受賞。1995年に第1回大阪舞台芸術賞奨励賞受賞。2021年第42回松尾芸能賞優秀賞。

2006年、大銀座落語祭2006にて「小佐田定雄の世界 新作落語」のつくり方というイベントを開催。自身作の落語の公開と、桂小春團治との対談を行った。

2016年8月、東京・歌舞伎座で上演された新作歌舞伎『廓噺山名屋浦里』の脚本を手掛けている。この物語の原案は笑福亭鶴瓶の新作落語『山名屋浦里』で、その噺のもとは、ブラタモリでタモリが吉原を訪れた際に聞いた話を「落語にできないか」と鶴瓶にもちかけたものである。原作はくまざわあかね)。

主な作品

  • 幽霊の辻
  • 雨乞い源兵衛
  • 貧乏神 (落語)
  • 遺言 (落語)
  • 茶漬えんま
  • まじたつ
  • 帰り俥
  • わいの悲劇

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。