お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

寺山修司



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

寺山 修司(てらやま しゅうじ、1935年(昭和10年)12月10日 - 1983年(昭和58年)5月4日)は日本の歌人、劇作家。演劇実験室「天井桟敷」主宰。

「言葉の錬金術師」「アングラ演劇四天王のひとり」「昭和の啄木」などの異名をとり、上記の他にもマルチに活動、膨大な量の文芸作品を発表した。競馬への造詣も深く、競走馬の馬主になるほどであった。

人物

少年時代

1935年(昭和10年)12月10日、父・八郎、母・ハツの長男として生を受ける。八郎は東奥義塾弁論部OBで当時弘前警察署勤務。父の転勤のため、県内各所を転々とする。本人は出生について「走っている列車の中で生まれ、ゆえに故郷はない」などと記していたが、ハツと元妻の九條今日子は青森県弘前市紺屋町生まれとしており、寺山のこうした記述には多分に創作が混じっているといわれる。戸籍上は1936年(昭和11年)1月10日が出生日となっている。これもハツによれば、「父の仕事が忙しく、産後保養していたため」という。ただし、戸籍の出生が正しいとの説もある。本籍地は青森県上北郡六戸村(現三沢市)。

1941年(昭和16年)、青森県八戸市へ転居。八郎出征のため、ハツと三沢市へ疎開。彼女はその後九州で働くために青森市の親類に修司を預ける。青森市マリア幼稚園入園。

1945年(昭和20年)、青森大空襲によりハツとともに焼け出される。9月に八郎がセレベス島で戦病死したとの公報を受け取る。終戦後はハツの兄を頼り六戸村古間木(現三沢市)の古間木駅前(現三沢駅)に転居。古間木小学校に転校。中学1年秋までを過ごす。ハツは進駐軍の米軍キャンプで働き、米軍差し押さえの民家に移る。

1948年(昭和23年)、三沢市立古間木中学校入学。ハツが福岡県の米軍ベースキャンプへ移ったため、青森市内の母方の大叔父・坂本勇三の映画館「歌舞伎座」に引き取られる(青森市青柳2丁目1?15、跡地は結婚式場となっていて、寺山の旧居地である旨が書かれている石柱がある)。青森市立野脇中学校(統合されて廃止、跡地は青森市文化会館)に転校。

1949年(昭和24年)、青森市の母方の映画館歌舞伎座を経営していた叔父夫婦宅に引き取られる。中学2年生で京武久美と友人になる。句作をしていた京武の影響から俳句へのめり込んでいく。文芸部に入り、俳句や詩や童話を学校新聞に書き続ける。

1950年(昭和25年)、青森市営球場で藤本英雄が達成した日本プロ野球史上初の完全試合を現地で観戦する。

1951年(昭和26年)、青森県立青森高等学校入学。新聞部、文芸部に所属。「山彦俳句会」を結成し、高校1年生の終わり頃「校内俳句大会」を主催。全国学生俳句会議結成。俳句改革運動を全国に呼びかける。京武と俳句雑誌『牧羊神』創刊、1954年(昭和29年)の第7号(1,5,6,7号)まで編集・発行を続ける。同期生に沢田教一がいたが、たまに学校をサボって共に映画を鑑賞する程度で、特別親しい間柄ではなかったとされる。高校時代の寺山は坂本が新築した青森市松原の家に下宿し、堤川の堤防を通り青森高校に通学していた。

歌人からシナリオ作家へ

文壇デビュー

1954年(昭和29年)、早稲田大学教育学部国文学科(現・国語国文学科)に入学した。寺山は12歳から13歳頃から短歌を詠み始めたというが、熱を入れて短歌を詠み始めるきっかけとなったのが短歌研究1954年4月号に掲載された、一般からの公募から選ばれ第一回五十首詠で特選となった中城ふみ子の「乳房喪失」であった。中城の作品は歌壇で大きな反響を生み、第二回の五十首詠の公募には第一回の約2倍の約800名からの応募があった。中城の短歌は歌壇の主に若手から強い支持を受けたが、寺山もまた中城の短歌に感動し、短歌を詠む意欲を高めた。

寺山は短歌研究の第二回五十首詠に「父還せ」と題して応募した。短歌研究編集長の中井英夫は寺山の作品を特選とした。後に中井英夫は自らのことを「いいものをいち早く見てとる眼を持っていてほとんど誤らない」と、自負を述べている。中央歌壇では無名であった中城ふみ子、寺山修司という稀有な才能を見い出したのは、名編集者中井英夫の慧眼あったればこそであった。

中井英夫は特選とした寺山修司の「父還せ」の発表に際して、多くの配慮をした。まず題名を「チェホフ祭」とし、既存歌壇からの反発などを考慮して17首を削り、短歌研究1954年11月号に第二回五十首詠特選として発表した。寺山は短歌研究1954年12月号に「火の継走」と題した入選者の抱負を発表している。その中で、


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
一般:5,500円
シニア(65歳以上):4,500円
U22(22歳以下):3,500円
(全席指定・税込)

[平日マチネ割]※3月19日(火)、20日(水)14時の回
一般:5,000円
シニア(65歳以上):4,000円
U22(22歳以下):3,000円
(全席指定・税込)

※公演日時によって、内容が異なります。ご購入の際はご注意下さい。
2019年3月14日 (木) 〜
2019年3月21日 (木)
東京芸術劇場
シアターウエスト

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
20名限定!一般5,500円 → 4,750円 さらに200Pゲット!
2019年3月14日 (木) 〜
2019年3月21日 (木)
東京芸術劇場
シアターウエスト

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:10,500円+さらに300Pゲット!
(全席指定・税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。3/23(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2019年4月2日 (火) 〜
2019年4月21日 (日)
新国立劇場
中劇場