お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

土田英生



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

土田 英生(つちだ ひでお、1967年3月26日 - )は、日本の劇作家、演出家、俳優。

愛知県大府市生まれ。京都府京都市在住。劇団MONO代表。所属事務所は有限会社キューカンバー。(業務提携はキューブ。)身長169cm。靴25.5cm。

略歴

立命館大学産業社会学部入学後、「立命芸術劇場」に入り演劇の世界へ。1989年、「MONO」の前身となる「B級プラクティス」を結成。作・演出の多くを手掛けた。その後、1998年より3年連続で岸田國士戯曲賞最終候補となるが、受賞は逸している。1991年、コント作家の故林広志らとコントユニット「GOVERNMENT OF DOGS」を結成。1999年、『その鉄塔に男たちはいるという』で第6回OMS戯曲賞大賞を受賞。2001年、文学座に提供した『崩れた石垣、のぼる鮭たち』により第56回芸術祭賞演劇部門にて優秀賞を受賞している。2003年、文化庁新進芸術家派遣研究員としてロンドンに留学。2010年から2013年まで、「日本の劇」戯曲賞の最終選考委員を務めた。現在は、北海道戯曲賞の最終選考委員を務める。

主な受賞歴

  • 第6回OMS戯曲賞大賞(1999年)
  • 咲くやこの花賞(2000年)
  • 大阪府舞台芸術奨励賞(2000年)
  • 京都市芸術新人賞(2000年)
  • 第56回文化庁芸術祭優秀賞(2001年)
  • 京都府文化賞奨励賞(2003年)

作品

主な舞台(劇作・演出)

  • 1998年・劇団M.O.P.「遠州の葬儀屋」(作)
  • 2000年・パルコ・プロデュース「ボーイズ・タイム」(脚本)
  • 2001年・文学座「崩れた石垣、のぼる鮭たち」(作)
  • 2001年・劇団青年座「悔しい女」(作)
  • 2002年・Reading「椿姫」with 草?剛(作・演出)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。