お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

香坂千晶



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

香坂 千晶(こうさか ちあき、本名横井 奈津子<よこい・なつこ>、1965年9月16日 - )は愛知県名古屋市出身の元・宝塚歌劇団花組娘役スターで現在は、女優として活躍している(所属事務所:ジャンクション)。

血液型はA型。公称身長162センチ。出身校椙山女学園高等学校。宝塚歌劇団時代の愛称ナツコ、ナッちゃん

略歴

  • 椙山女学園中学校入学、椙山女学園高等学校中退。
  • 1983年高校卒業を待たず宝塚音楽学校入学、71期生として1985年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は46人中23番。『愛あれば命は永遠に』で初舞台。
  • 同期の著名メンバーには専科の轟悠、OGに女優の愛華みれ、真琴つばさ、鮎ゆうき(俳優・神保悟志夫人)、稔幸、タレントの華陽子、元月組組長の夏河ゆららがいる。同年5月7日に愛華・真琴・華らとともに花組に配属。
    • 1987年、『遥かなる旅路の果てに』で新人公演初ヒロインに抜擢される。以降、2度新人公演のヒロインを務めている。
    • 1991年11月29日、『ヴェネチアの紋章』/『ジャンクション24』の東京公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団。
    • 退団後は主に舞台を中心に活動。中島みゆきの『夜会』には1994年公演で初出演したのを皮切りに1997年公演以降ほとんどの公演に参加している。

    宝塚歌劇団時代の主な舞台出演

    • 1986年5月、『散る花よ、風の囁きを聞け』(バウ)礼子
    • 1986年8月、『グッバイ・ペパーミントナイト!』(バウ)カーリー
    • 1987年2月、『遥かなる旅路の果てに』イリーナ、新人公演:エレーナ・プローゾロワ(本役:秋篠美帆)*新人公演初ヒロイン/『ショー・アップ・ショー』
    • 1987年8月、『あの日薔薇一輪』ヴァージニア、新人公演:ダイアナ(本役:水原環)/『ザ・レビュースコープ』
    • 1988年2月、『ベルベット・カラー』(バウ)アイボニー
    • 1988年3月、『キス・ミー・ケイト』新人公演:リリー・ヴァネシー/ケイト(本役:ひびき美都) *新人公演ヒロイン
    • 1989年1月、『会議は踊る』エレーナ、新人公演:エリザベート王女(本役:梢真奈美)/『ザ・ゲーム』
    • 1989年2月、『硬派・坂本竜馬!』(バウ)千葉さな子
    • 1989年6月、『ロマノフの宝石』新人公演:ハンナ(本役:梢真奈美)/『ジタン・デ・ジタン』
    • 1989年9月、『春ふたたび』きの/『ザ・レビュースコープ'89』(全国ツアー)
    • 1990年3月、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』新人公演:マリー・アントワネット(本役:ひびき美都) *新人公演ヒロイン

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。