お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

中島かずき



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中島 かずき(なかしま かずき、1959年8月19日 - )は、日本の脚本家、劇作家、小説家、編集者。劇団☆新感線の座付作家。福岡県田川市出身。1978年、福岡県立田川高等学校卒業。1982年、立教大学文学部心理学科卒業。初期のペンネームはかずき 悠大

来歴・人物

編集者

立教大学在学中は漫画研究会に所属した。

2010年8月20日付で退社するまでは双葉社の会社員で、脚本家・作家業はその傍らに行っていた。双葉社在籍中は『漫画アクション』『ルパン三世officialマガジン』などの編集者を務めた。漫画家の臼井儀人とは初期作品の編集を担当した縁で交流を深めるようになり、2002年には『クレヨンしんちゃん』劇場映画10作目を記念して『クレヨンしんちゃん映画大全』を企画・出版した。

他に編集を担当していた作品に『ゲッターロボサーガ』などがあり、本人曰く「今のところ、日本で一番石川先生(石川賢)の単行本を作った編集者」とのこと。石川と同作品の大ファンであることから、自らのことを「ゲッター者」と自負した。中島一基名義で、双葉社側のチーフプロデューサーや製作代表としてアニメや映画に関わることもあった。山田満郎『8時だョ!全員集合の作り方』(双葉社、2001年)の後書きにも、佐藤景一とともに担当編集者として言及されている。

脚本家

高校時代からの知人・いのうえひでのりの誘いで『炎のハイパーステップ』から劇団☆新感線公演作品に参加、以降、座付き作家となる。『髑髏城の七人』『スサノオ』『阿修羅城の瞳』など根強いファンを持つ作品を書き上げており、いわゆる「いのうえ歌舞伎」の世界観を作り上げる上において、欠かす事の出来ない役割を果たした。また独特でありながら爽快かつ熱い物語を手がけるのも特徴である。

2007年春には、初のアニメ作品のシリーズ構成を務めた『天元突破グレンラガン』と、新感線での戯曲が原作となり第23話の脚本を担当した『大江戸ロケット』の2本のTVアニメが放映されている。

特撮ファンを公言しており、初期の新感線作品では、古田新太の登場シーンで『突撃!ヒューマン』のパロディをやったこともあったという。実現は果たせなかったが『特捜戦隊デカレンジャー』の脚本を構想したこともあった。2006年に『ウルトラマンマックス』で念願の特撮脚本デビューを果たし、その後も2007年に『獣拳戦隊ゲキレンジャー』、2010年には『仮面ライダーW』と特撮脚本を担当する機会が増え、2011年9月から放送された『仮面ライダーフォーゼ』にて初のメイン脚本を担当した。

略歴

  • 1985年:劇団☆新感線に座付作家として参加。
  • 2003年:『アテルイ』で第2回朝日舞台芸術賞・秋元松代賞、第47回岸田國士戯曲賞を受賞。
  • 2004年:『髑髏城の七人』で小説家デビュー。
  • 2009年:九州戯曲賞の最終審査員を務める。

演劇脚本

舞台脚本


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。