CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 武田真治

武田真治

武田真治



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

武田 真治(たけだ しんじ、1972年12月18日 - )は、日本の俳優、タレント、サックスプレイヤー。ホリプロ所属。

愛称は「シンディ」。「めちゃ×2イケてるッ!」共演者の1人である加藤浩次からは「筋肉太郎」と呼ばれている。身長165cm、血液型はAB型。

北海道札幌市北区篠路出身。北海道札幌北陵高等学校から都立高校に転校して卒業。妻はモデルで歯科衛生士でもある静まなみ。親戚に元北海道美瑛町長の浜田哲(父の従兄弟)、洋画家の武田範芳、俳優の武田光太郎がいる。

略歴

  • 1989年、高校在学時に「第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞。中性的な美貌を売りに、いしだ壱成とともに「フェミ男」と呼ばれ、アイドル的存在となる。1990年(平成2年)にドラマ『なかよし』で俳優デビューし、1992年(平成4年)には映画『七人のおたく』にて、映画初出演を果たす。
  • 1992年10月から、フジテレビ系木曜深夜ドラマ『NIGHT HEAD』に出演。超能力をもつ兄弟、霧原直人・直也の運命を描いた同作で、弟の直也を演じた。同作は、カルト的な人気を得て、1994年には劇場版も公開された。
  • 1995年(平成7年)4月、シングル『Blow up』でミュージシャンデビュー。
  • 1997年(平成9年)から2001年(平成13年)までテレビ朝日系列のスペシャルドラマ『君の手がささやいている』にて、5年連続で主演を務める。
  • 1999年(平成11年)、大島渚の最後の映画作品『御法度』にて沖田総司を演じる。男衆に狂う新撰組の中で唯一流されることなく、近所に住む子供達と川で遊ぶなど関わりを持たず、自らの寿命も悟っているそぶりを見せるも飄々とした役柄であり、出演時間は短いものの、重要な人物として描かれた。錚々たる役者が出演する中で第42回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞。
  • 2003年(平成15年)4月より、NHKの番組『新・トップランナー』にて司会を務める。
  • 2006年(平成18年)、5月3日に初日を迎えた『エリザベート』(トート役)で、初のミュージカルに挑戦。
  • 2007年(平成19年)1月から、2本目のミュージカル『スウィーニー・トッド』にトバイアス役で出演。また主演映画『LOVE DEATH』ではアクションシーンに挑戦し鍛え上げた肉体美を披露した。
  • 2011年(平成23年)、パンクオペラ『時計じかけのオレンジ』に出演。7役を演じ分けた。またNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』にて、大河に初出演した。
  • 2013年(平成25年)、DJドラゴン、ザ・フラットヘッド代表の小林昌良とコラボで「HARD BIRD」というファッションブランドを立ち上げた。
  • 2014年8月、初のエッセイ『優雅な肉体が最高の復讐である。』を幻冬舎より出版。美しい肉体を捉えた写真と共に、率直な語り口で自身の経験を踏まえた独自のトレーニング観を紹介した。
  • 2018年(平成30年)8月に放送されたNHK「みんなで筋肉体操」に出演。大きな話題となった。
  • 2018年(平成30年)12月31日、NHK「紅白歌合戦」に紅組で出演し、紅白の舞台で初めてサックス演奏を披露。天童よしみが歌うステージ上で、赤いタンクトップ&短パン姿で腕立て伏せなどの筋トレをしながら演奏し話題を呼んだ。翌2019年(令和元年)には白組 五木ひろしのステージに登場。2年連続での出演となった。
  • 2019年(平成31年)4月1日から、NHKのニュース番組「ニュースきょう一日」のテーマ曲でサックス演奏を担当する。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。