お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

若井おさむ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

若井 おさむ(わかい おさむ、1973年1月9日 - )は、日本のお笑い芸人である。

京都府京都市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。京都府立山城高等学校卒業。NSC大阪24期生。元漫才コンビはちみつメロンのボケ役。2003年3月、ピン芸人としてデビュー。

プロフィール

人物

『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイのモノマネを得意とし、ガンダムの有名なセリフを使いコントを進めていく。アムロ・レイの声優古谷徹が演じる他のキャラクター(星飛雄馬やペガサス星矢)のモノマネもする。地声自体が古谷に似ているとよくトークでは言っているが、古谷本人は「僕の声に似ているとは思いません」「話し方は似ている」と公式サイトの掲示板でコメントしている(後に対談で彼のことを認めている発言もしている)。一方、ララァ役の潘恵子には「若井くんの方がアムロを誇張してやっているからアムロっぽい。古谷くんに何かあったらその時はお願いね」と太鼓判を押されている。

コンビ時代の若井を知るブラックマヨネーズは当時の印象を「華がなくて礼儀正しい子だった」と語っている。

吉本興業所属のアニメキャラ芸人たちによるコメディーショー「劇団アニメ座」の座長を務めている。

なお、「若井」は本名であり、若井はんじ・けんじの一門ではない。

経歴

2006年10月1日にABC制作テレビ朝日系で放映された『笑いの金メダル』内のコーナー「勝ち抜きワンミニッツショー!」で初の5週勝ち抜き芸人となり、サプライズプレゼンターとして登場した古谷徹と初対面した。また、『ガンダムエース』のVol.51(2006年10月発売号)では特別企画として古谷徹との対談企画が実現している。『機動戦士ガンダム』の名ゼリフを集めた本を出したが、その中の企画で、シャア・アズナブル役の池田秀一と対談している。

2006年末には、『機動戦士ガンダム』シリーズを制作したサンライズの忘年会の余興に出演、その際にガンダムの原作者たる富野由悠季との対面も果たし「ガンダムだけに頼ってちゃダメだよ」と助言された。

『R-1ぐらんぷり』では、第2回から2007まで、準決勝に進む。

ヨシモトファンダンゴTVで放送していた番組『ワイ!ワイ!ワイ!』のコーナー「今日は誰? 有名人携帯電話の旅」にチュートリアルがMCの月曜日に出演し、経営していた居酒屋が徳井の実家の近所(京都の千本今出川)だったことや、芸人になるきっかけについて話した。

2007年3月、オーディションライブでの合格がならなかったbaseよしもとへの挑戦を断念し、東京に進出。その結果、仕事の量は5倍になった。たむらけんじと非常に仲が良く、東京進出を勧めたのもたむらである。

2008年、最近一番親しくしている芸人が先輩であるFUJIWARAの原西孝幸であるという事で、原西がMCをしている番組にお抱え芸人として出演するが、最近引っ越した事を原西に伝えておらず、それにより原西の自宅から家が遠くなった事が発覚し、原西を愕然とさせた。

2008年6月11日、所属事務所を通じ百貨店勤務の女性と結婚することが発表された。若井曰く、機動戦士ガンダムのヒロインである「セイラ・マス」似のスレンダーな女性とのこと。婚姻届はガンダムの形式番号RX-78にちなみ2008年7月8日に提出した。挙式はしていなかったが2008年8月31日放送の24時間テレビの深夜コーナーで、若井に内緒で連邦軍&ジオン軍の軍服を着た客(若井と妻の友人)やザビ家、ランバ・ラルのコスプレの人たちに祝福された。妻は最初口元だけ出したセイラのお面をつけていたが途中で素顔を見せた。後日、若井はこの時にもらったシャア・アズナブルの服を着てヨシモト∞に出演している。2008年10月7日放送の『一攫千金ヤマワケQ! "責任者はお前だ!"』ではセイラの服装をした妻とともに出演した。その後、2014年9月に離婚していたことを同年12月に公表した。

2013年4月21日放送の『HUNTER×HUNTER』第76話「サイカイ×ト×リカイ」にて男A役として声優としての初参加を果たした。同作品は主人公ゴン=フリークス役が潘恵子の娘潘めぐみ、主人公の乳母ミト役が潘恵子、主人公の父親ジン=フリークスの弟子カイト役が池田秀一の中での参加である。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。