お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

若井おさむ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

若井 おさむ(わかい おさむ、1973年1月9日 - )は、日本のお笑い芸人である。

京都府京都市出身。吉本興業所属。舞鶴工業高等専門学校中退後、京都府立山城高等学校卒業。NSC大阪24期生。元漫才コンビはちみつメロンのボケ役。2003年3月、ピン芸人としてデビュー。

人物

『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイのモノマネを得意とし、ガンダムの有名なセリフを使いコントを進めていく。星飛雄馬やペガサス星矢といったアムロ・レイの声優古谷徹が演じる他のキャラクターのモノマネもする。地声自体が古谷に似ているとよくトークでは言っているが、古谷本人は「僕の声に似ているとは思いません」「話し方は似ている」と公式サイトの掲示板でコメントし、後に対談で彼のことを認めている発言もしている。一方、ララァ役の潘恵子には「若井くんの方がアムロを誇張してやっているからアムロっぽい。古谷くんに何かあったらその時はお願いね」と太鼓判を押されている。

コンビ時代の若井を知るブラックマヨネーズは、当時の印象を若井のほうが年上であるにも関わらず「華がなくて礼儀正しい子だった」と語っている。

吉本興業所属のアニメキャラ芸人たちによるコメディーショー「劇団アニメ座」の座長を務めている。

なお、「若井」は本名であり、若井はんじ・けんじの一門ではない。

2008年6月11日、所属事務所を通じ百貨店勤務の女性と結婚することが発表された。若井曰く、機動戦士ガンダムのヒロインである「セイラ・マス」似のスレンダーな女性とのこと。婚姻届はガンダムの形式番号RX-78にちなみ2008年7月8日に提出した。挙式はしていなかったが2008年8月31日放送の24時間テレビの深夜コーナーで、若井に内緒で連邦軍&ジオン軍の軍服を着た客(若井と妻の友人)やザビ家、ランバ・ラルのコスプレの人たちに祝福された。妻は最初口元だけ出したセイラのお面をつけていたが途中で素顔を見せた。後日、若井はこの時にもらったシャア・アズナブルの服を着てヨシモト∞に出演している。2008年10月7日放送の『一攫千金ヤマワケQ! "責任者はお前だ!"』ではセイラの服装をした妻とともに出演した。その後、2014年9月に離婚していたことを同年12月に公表した。2021年8月に5年間交際した会社員の女性・A美さん(32)と結婚し、翌年に父親となることを発表した。

若井の両腕の上腕部にはタトゥーが彫られている。右腕には横書きで「036」(おさむ)と自身の名前が彫られており、左腕には縦書きで「LOVE PEACE」と彫られている。そのタトゥーを彫った時に掛かった費用は500円だった。これは、東南アジア放浪時にタイで「愛」と「平和」、そして「自分自身」が大切だという事を悟り、その想いを忘れないために彫ったものである。

経歴

20代前半の頃、幼い頃から続く母親と兄からの家庭内暴力による虐待に耐えかね、自宅を離れて居酒屋の経営 を始める。

数年の後、若井が生家を離れたことで虐待の対象が父親へ飛び火し、父親は理不尽な暴力を受けていた。その状況を聞いた若井は父親へ何度も離婚を勧めたが、父親は決断しかねていた。悩み続けた末、父親はついに離婚を決意したことを若井へ報告に来たが、その3日後に自殺してしまった。若井は堪えきれず、父の葬儀で「お父さん殺したんはお前や!」と母親を責めたが、母方の親族にも取り合ってもらえずに絶望したという。遺産のことで家族ともめたくなかった若井は、自ら父の遺産相続はすべて放棄する旨の念書を書いて母親へ渡したが、皮肉なことに父親の出資で始めた居酒屋 は父親名義のままであったため、すべて母と兄側へ渡ってしまった。

途方に暮れた若井は、死に場所を探すために東南アジアへ旅に出た。数ヶ月の後、たまたま知り合った日本人観光客から「ダウンタウンの松本がドラマ(『伝説の教師』)をやっている」ということを聞かされる。ダウンタウンの大ファンであり書籍もすべて読んでいた若井は、笑い一辺倒だった松本がドラマをやるはずがないと驚愕し、自分の目で確認するため1週間ほど帰国。そしてたまたま見た回(第8回)が、自殺をするな、というメッセージ の回であった。これを見た若井は号泣し、自殺を思いとどまった。そして今度は楽しい旅をするため、再び東南アジアを旅して回った。その途中、インド滞在中の若井の連絡先を突き止めた元彼女の誘いでバンコクの空港で落ち合い、帰国を促されて日本へ戻った。その後、お笑いの道を志し、NSCへと進んだ。

2006年10月1日にABC制作テレビ朝日系で放映された『笑いの金メダル』内のコーナー「勝ち抜きワンミニッツショー!」で初の5週勝ち抜き芸人となり、サプライズプレゼンターとして登場した古谷徹と初対面した。また、『ガンダムエース』のVol.51(2006年10月発売号)では特別企画として古谷徹との対談企画が実現している。『機動戦士ガンダム』の名ゼリフを集めた本を出したが、その中の企画で、シャア・アズナブル役の池田秀一と対談している。

2006年末には、『機動戦士ガンダム』シリーズを制作したサンライズの忘年会の余興に出演、その際にガンダムの原作者たる富野由悠季との対面も果たし「ガンダムだけに頼ってちゃダメだよ」と助言された。

『R-1ぐらんぷり』では、第2回から2007まで、準決勝に進む。

ヨシモトファンダンゴTVで放送していた番組『ワイ!ワイ!ワイ!』のコーナー「今日は誰? 有名人携帯電話の旅」にチュートリアルがMCの月曜日に出演し、経営していた居酒屋が徳井の実家の近所(京都の千本今出川)だったことや、芸人になるきっかけについて話した。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。